スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝胆亭 ~ 神戸三宮のフレンチ

またもやスポンサーサイトが付いてしまった…(^_^;)
不器用な私を許してね。

気が付けば、今年も半分を過ぎてしまっているではないですか!

先月の話になるのですが、例の親戚の娘Mちゃんがまたまた泊まりに来ていて、今回は2泊するとのこと。
なんでも、1日目は伊勢神宮にお参りに行って、ウチに泊まり、2日目に毎月恒例の神戸で研修、でまたウチに泊まり、3日目は大阪の某有名なホテルでのお茶会を開催すると、超過激なスケジュールなのです。
それでも帰って次の日はふつうに仕事をこなす。スゴイとしか言えないなぁ~

そのMちゃんが、神戸の研修のときに食べたランチが不思議だったと言うもんだから、気になって次の日黒猫と神戸に出掛けるついでに寄ってみることにした。

阪急神戸三宮駅を降りて、山側を東にちょっといくと目的のお店が入っているビルを発見!
周りは中華料理屋さんなど中国的な雰囲気が漂う一角。
ビルの地下にあるその店の入り口を探していると、そこから大勢のおばさまたちがニョキニョキ出てきた。
6~8人くらいだったかな?
人ひとりしか通れない狭い階段だったから、やっと降りることができた。
ちょっと薄暗い店内。名前からして『肝胆亭』(かんたんてい)ですからね~何が出てくるのかちょっと心配ワクワク

テーブル席もあったけど、カウンターにしてみた。
周りを見回すと、お酒を楽しむところって感じ。
確か、フレンチって聞いてきたけど、それらしさを感じるものはあまりない。

メニューは休日コース(1,600円)にしてみた。
Mちゃんが食べたランチセット1,000円は平日のみだったので残念。
コースで選べるのがサラダとデザート、飲み物だけというなんとも不思議なメニュー。

さて、はじめるとしますか

肝胆亭1

(画像がボケててすみません)
コンソメジェルとじゃがいもの冷製スープ。
この日はとっても暑かったので、冷たいスープは有難いです。

肝胆亭5

サラダ。
私は鱈とわかめのサラダ。
ドレッシングが不思議な味で、とっても美味しいのですが、コクがあってもっと食べたかった。

肝胆亭3

お魚料理。
海老フライなのですが、付け合わせのカボチャのマッシュとシイタケのトマト煮がすんごく美味しい!
もちろん海老フライも美味しいのですが、ソースが絶品!

肝胆亭2

肉料理。
蒸し豚のパスタ添え。ここでも付け合わせがサツマイモの素揚げ。
そして、この豚さんが柔らかくて旨味がぎゅっと詰まっていて美味しい~!!
またまたソースがいい仕事してます。

肝胆亭4

デザート。
豆乳プリンと抹茶アイス。
プリンにかかっている赤いソースは、何とかの茎を甘く煮詰めたものらしいのですが、不思議な味がするのです。爽やかな甘さで癖になりそう。
抹茶アイスにかかっているのは、レンズ豆のソース。アイスの中にも何か入ってて、(何なのかわかんない)食感が楽しめます。

よく考えると、フレンチってちゃんと食べたことがない気がする。
イタリアンは結構あるのだけど、ビストロと言われる店は少ないからかな?
フレンチというと、ソースが決め手という感じがするので、ここで食べた料理が不思議だと思ったのは、食べたことのない味だったからかもしれない。
特にこの店は、薬膳料理のような材料を使っているから余計に不思議なんだと思う。
見た目は地味(すみません)だけど、味は申し分ない。
素材の味がしっかりしているのに、ソースがその美味しさを邪魔しない。
今度はアラカルトで食べてみたいなぁ~
お店のHP → 肝胆亭

                                by 蜩
スポンサーサイト

夏の靴。

職場で履く靴にいつも悩まされております。
履きやすくて、走っても脱げない。 ( 専ら走りまわっておりますので…(^_^;) )
特に夏場は足が蒸れるので、通気性の良い物がイイ。

ここ数年前から愛用しているのが、クロックス。
おなじみワニのマークのあれです。
でも、定番のものはどうも苦手で、お店で見かけたサンダルに一目ぼれしてからは、ずーっとヒールのサンダルを履いてました。
( 履いてたのがこれ )
201301_0T5_ALT140.jpg
(クロックスHPより)
が、腰を悪くしてから、お医者様からヒールの高い靴はダメと言われ、泣く泣く諦めました。
これ履いて走り回ってたんだから、恐ろしいわ~

で、他の靴をいろいろ試してみたんだけれど、どうもしっくりくるのがなくて、違うメーカーのぺったんこサンダルを履いていました。
すると先週、同僚のK氏が、「これ良いやろ~」と見せられた靴にまたもや一目ぼれ!
彼もクロックス定番の愛用者だったんだけど、あのカパカパ感が苦手だったようで、新しいのを買って見せびらかしてたのだ。

それ、欲しい!!

と、帰ってからネットで購入。
で、さっき届いたのがこれ。

20170605113740d20.jpg

すごく足にフィットするし、履き心地も悪くない。
通気性もよく、ナースシューズみたいで動きやすい。
早速、明日職場に持っていこう!ヽ(^o^)丿


おまけの映像。

先週、職場のプールサイドにお客様がいらしてました。

20170605113800ee7.jpg

鴨さんです。
この他にも、セグロセキレイがよく水浴びに来ます。
今月はプール開きがあるので、お客さまもやって来にくくなりますね。

 
                                    by 蜩

ちょっと京都まで。

親戚の子、と言ってもすでに30歳を越えているのだけど、彼女と母親が泊まりに来ると言う。
彼女Mちゃんは、整体?マッサージ?みたいな(本当はもっと難しい名前のものなんだけど)の仕事を島根県出雲市の自宅で営業している。
詳しくはこちら  http://ameblo.jp/shizuku-0506/page-2.html
月一、神戸で研修を受けるために来るのだけど、たまに我が家に泊まりにくる。

今回は27日(土)に京都のみやこメッセで開催される『ルピシア グラン・マルシェ』に母親も一緒に行きたいとのことで、二人で泊まりに来た。
せっかく京都に行くのなら、行きたいところに連れて行ってあげようと、黒猫がリクエストをもとにルートプランを作りだした。
こういうことは、ホントにスゴイなぁと親ながら感心する。

さて、当日。
朝の9時前に家を出て、10時半に京都河原町に到着。
てくてく歩いて寺町通りへ。
まずはMちゃん母の行きたかった、ビーズのお店。
Mちゃんの両親はどちらも手先が器用で、アクセサリーを作って自宅で売ったり展示会で販売したりしている。
だから、どこに行っても手芸屋さんは必ずチェックするようだ。
実は前の日に、神戸と大阪でもかなりのものを購入しているのに、私がメガネチェーンをリクエストしたもんだから、またまたビーズを買うために寄ってもらったのだ。

11時も過ぎたので、土曜日で観光客も多いだろうから、お昼ご飯を早めにすることに。
お目当ては、京都三条にある 『とうふ処 豆雅傳(とうがでん)』  
HPはこちら 豆雅傳

1階ではお豆腐や関連商品を販売されていて、2階でお食事ができます。

豆雅傳

私が注文したのは、とうふ丼セット
鳥そぼろの上につるっつるのお豆腐が乗ってて、崩しながら食べるとおろし生姜の塊に遭遇!
生姜好きにはたまらない美味しさ!!
小鉢は左上から、厚揚げの煮びたし、うのはな、おぼろ豆腐、しば漬け、豆腐の味噌汁。
黒猫が、生ゆば天ぷらセットを頼んでいたので1つもらったんだけど、モチモチしたゆばがとても美味しかった。

お腹もいっぱいになったことだし、またまた歩いて古川町商店街へ
次は、Mちゃんのお目当て、綿菓子のお店、
『JEREMY & JEMIMAH』 
2号店が最近オープンしたそうで、そちらに向かいます。
昔ながらののどかな商店街の一角にありました!

ジェレミー&ジョマイマ1

ボケてしまってすみません。

ジェレミー&ジョマイマ2

黒猫が、“桜餅”を待っています。
待ち札もカワイイでしょ
いろんな種類があって、私は“ゆず”を注文。あと、この店限定の“薔薇”、定番の“抹茶”などなど
綿菓子の上にドライフルーツや不思議な粉をトッピングしてくれます。
花束みたいなラッピングで持ち歩きに便利。
ここの2階にはカフェもあって、箱型の綿菓子をそこでいただくことができます。
4人が違うものを注文したので、歩きながらそれぞれのを食べ比べて次の目的地へ。
途中、女子高校生のグループとすれ違ったときに「あっ、美味しそう~」って聞こえたもんだから、「食べる?」とその娘に向けたら、「いいんですか~?」とJK二人がつまんで食べてった。

さて、今回の本来の目的、
『ルピシア グラン・マルシェ』 
詳しくはこちら  ルピシア グラン・マルシェ

ルピシア グラン・マルシェ

ルピシア会員限定の無料試飲会。
紅茶はもちろん、日本茶、中国茶など、ほとんどの商品が試飲できるのでこんなチャンスはめったにない!
黒猫が会員なので、同伴OKということで一緒に行くことに。

広い会場内は、お茶はもちろん、フードやグッズも販売されています。
人が多いので、親子2組で別行動となった。
小さなカップで試飲していくのだけど、数が多いのでお腹がいっぱいになってしまう。
そこで、二人でひとつのカップをはんぶんこすることに。
どれも、それぞれ美味しいので悩んでしまう。

私たちの目的はルイボスティーとほうじ茶。お目当てのものを見つけてはバッグの中へ。
そこに、チャイの実演があると聞いて急いで向かう。
二人ともチャイが大好きなのだけど、正式な入れ方を知らない。
実演を見て、なるほどと感心してしまった。今まで自分が作ってきたのはなんだったのか…
大事な3つの約束。①茶葉は沸騰したお湯に入れてグツグツ煮出す ②牛乳は沸騰させない ③空気を入れる
③の空気を入れるとは、『相棒』の右京さんが紅茶をポットを高く持ち上げて入れる、あれを5回ほど繰り返すと良いらしい。
早速家に帰って試してみたが、ホントに美味しくなっていた。

そして、忘れてはいけない、スコーンを購入。クロテッドクリームも忘れなく。
グッズ売り場では、ガラス製のポットも購入。
ああー、なんだかんだとたくさん買ってしまった…
企業側の思うつぼだわ。

約1時間ほど堪能して、待ち合わせの場所へ。
飲んでばっかりなので、さすがにトイレに行こうとしたら長蛇の列。みんないっしょなのね。
そこで私は違うフロアのトイレに行った。そこも混んではいたけど、まだましだった。

Mちゃんたちは新幹線で帰るので、とりあえず京都駅に行くことに。
バスを待っていると、やってきたバスが超満員で全員乗れずに行ってしまった。
次のバスを待とうかと思っていたんだけど、4人ともかなり疲労が溜まってきたので、タクシーに乗ることに。
ご存知、京都のタクシー運転手さんは観光案内はおてのもの。
連れが島根から来たと言うと、おじさんは頼みもしないのにいろいろ教えてくれた。
この時期は中学校の修学旅行が多いから大変だと。でも、高校生よりはましかな~とも言ってた。

京都駅に着いてから、お弁当とお土産を買うのに付き合って、改札まで見送った。
新幹線で岡山まで行って、そこから“やくも”に乗り替えて出雲まで帰るそうだ。

3時半なので、まだ帰るのには早いからと、二人で四条河原町まで戻ることに。
バスに乗るのかと思ったら、黒猫がタクシーで行こうと。かなり疲れているようだった。
二人じゃないから、やっぱり気も使ったし、歩く速度もゆっくりにしてたからかなり疲れたと。
私はあまり感じないのだけど、黒猫はそういう気配りをさらっとするので、後でこたえるようだ。
駅の近くでお茶をしようと店を探していたのだけど、行きたいお店が最近雑誌でよく取り上げられるから行列ができて入れない。
違う店に行くとすぐ入れたのだが、店員のマナーがなって無いと黒猫がご機嫌斜めになり早々に引き揚げた。
ここはもう来ることがないな。
彼女は飲食業に就いていたことがあったので、そういうことにはめっぽう厳しい。

あと、本屋によってこちらも帰路につくことに。
帰りの電車では爆睡してたなぁ
私は横に立ってた高校生らしき集団の声がうるさくて寝れなかった。カバンが何度も当たってきたしね。

Mちゃん母から、9時ごろ着いたと連絡があった。
そちらも遠いところからお疲れ様でした。
来月もよろしくねとMちゃん。今度は一人だよ。
はぁ~い 了解です!


                             by 蜩

ゴールデンなウィーク その3 『春狂言』

先週の土曜日、ゴールデンウィークの最後は黒猫と一緒に狂言を観に行った。
(ていうか、ほとんどあいつと一緒だが…)
茂山一門 『春狂言』 

20170506harukyogen_omote.jpg

この日は2部公演だったのだけど、私たちは13時開演の方を観た。
上のポスターの右側 『新作 さくらんぼ』 『飛越』 『茶壷』 の3作品。

20170510111512947.jpg

場所は、大阪中央区にある 大槻能楽堂
能楽堂での鑑賞は初めてなので、ちょっと緊張・・・でもなかったかな?
能楽堂の客席は独特で、正面と右側面にのみある。 (下の図参照)

seatmap.jpg

私たちは右側面席の前から2列目。かなり良い席。
正面から見れないけど、役者さんが目の前にいらっしゃるので、顔の表情がよくわかる。
私が大好きな 茂山逸平くんも間近に見れた~(*^^)v

狂言に詳しい訳ではないのだけど、落語と似ていて笑えるところが好き。
元々、逸平くんがドラマに出てた時にファンになって、そこから興味がわいてきた次第。
年に1~2公演観るくらいなので、そんな熱狂的なファンでもないのだけど、なんか観ているとホッとする。
まぁ、黒猫も私につられて観るようになったくらいだしね。

この日の特典で、夏に催される『納涼 茂山狂言祭 2017』 の先行予約ができると言うことで、ちょうど黒猫の誕生日にあたる8月6日(日)公演を予約しちゃいました。ヽ(^o^)丿
今から楽しみだ~


                                        by 蜩

ゴールデンなウィーク その2 明石で散歩。

昨日、黒猫がお友達のAちゃんに会いに行くというので、明石行きに便乗させてもらうことになった。

毎回、向こうでおいしい明石焼きを食べていると聞いていたので、羨ましいなぁ~と思ってたら、
「一緒に行く?」って聞くもんだから、
「うん!」と返事をした。
しかも、Aちゃんママさんもご同行してくれると言うので、これは行かない訳にはいかない!

明石に行くのは自動車免許を取って以来だから(兵庫県民は明石が試験場なのです)、かれこれ30年ぶり。
駅前もすっかり都会的なショッピングセンターができていて、おしゃれな街になっていた。
GW真っただ中なので、さすがに人は多い。

お目当ての“明石焼き”を食べに、“魚の棚”へ~  明石・魚の棚商店街
連れて行ってもらったのは、商店街に入って数件目の“よし川”さん。
一番の老舗で美味しいと評判の店らしい。
ここでは明石焼きをのことを『玉子焼き』って言うんだね。

明石焼き2

観光客が多くて、すでに長い行列ができていたけど、回転が早いから大丈夫だよ~とAちゃん。
お店ののれんには「本日 たこ飯と明石焼きのみ」と書かれた紙が貼ってあった。
テイクアウトもあったんだけど、やっぱり焼きたてを食べたいよね~ということで待つこと10分くらいかな?
たこ飯と明石焼きを注文した。

明石焼き

もうね、美味しい~を通りり越して 「うまい!」 としか言えない。
玉子焼きというくらい、黄色いたこ焼きは大きくてふわっふわのとろっとろ!!
しかも中に入っているタコは歯ごたえ十分!
お出汁がまた美味しいのよね~ あっさりしているから、いくつでも食べられる。
これをのせてある器?がおもしろい形をしているの。足のあるまな板みたいな形なのに、足が片方しかない。つまり、テーブルに置くと傾くわけ。
さて、たこ飯ですが、こっちはしっかり醤油味がしみていて、タコはとても小さく柔らかい。たぶん、干したタコだと思う。
でも、いいダシが出ていてとっても美味しい。
明石焼きが600円、たこ飯300円 二つ食べても900円!
お腹いっぱいになったのでこれはお得かも。

その後は、商店街をぶらぶらし、近くにある明石公園のイベントを見て楽しい時間を過ごしました。
AちゃんとAちゃんママさん、お世話になりました。m(__)m

ただ、暑くてねぇ~ちょっとバテ気味。
そのせいで、お土産買うの忘れてたわ。(笑)
(少しだけ買ったけどね)


                                by 蜩
蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。