3月11日。

忘れられない出来事とは、忘れられないようにできているのかと思う。

3,11  1,17  9,11 …

1がふたつ付く日。
たまたまかもしれないけど、この3つだけかもしれないけど、偶然にしておけない感じがする。

3月11日は、義理の姉の命日でもある。
ちょうど東日本大震災の前の年、長い入院の間、身内の揉め事でろくに見舞いに行けなかった旦那をはじめとした兄妹達。
心残りだらけで向かった葬式でも冷たくあしらわれ、一般客と同じ席で見送った悔しさは忘れられない。

2月11日は、私の母の誕生日。
建国記念の日だけど、「昔は紀元節と言ってね、学校で記念式典みたいなのがあったんよ」と教えてくれた母。
これはちょっと違うけど、私にとっては大事な日。

1月17日で辛い思いをした私たちが、3月11日で辛い思いをしている人たちに何ができるかわからないけど、唯一わかるのはその苦しさ、悲しさ、悔しさ。
度合いは違っても、経験した者でないとわからない心境がある。

今朝、テレビで誰かが言ってた。
復興を手助けするなら、現地へ観光に行き温泉にでも入って大いに楽しんで美味しい物をたくさん食べて、お土産もたくさん買って帰り、他の人によかったよとふれまわることだ、と。


                                    by 蜩
スポンサーサイト

チロルチョコ通信 花畑牧場 生キャラメル

あの、大ヒット商品
北海道十勝 花畑牧場 生キャラメル
を再現した本格生チョコレートです。 

のチロルです。長いなぁ~

14869731260.jpg

口に入れると、トロっと溶けてしまいそう…
キャラメル味の生チョコです。

花畑牧場の生キャラメルが売れて、“生○○”が大流行しましたが、やっぱり元祖は違いますね。
と言っても、一度しか食べていないのでどんな味だったかは定かではないのですが…
美味しいモノは美味しいので良いとしますか。

この商品は、ローソン限定ですのであしからず。


                                  by 蜩

地元の掲示板、ジモティー♪

黒猫は、年に1回ほど急に部屋の模様替えをするため、片付け始める。
元々衝動買いをする奴なので、しばらくすると「やっぱり、いらない」というものが結構出てくる。
折しも就職が決まって、仕事の為の勉強をしないといけなくなったので、机周りをスッキリさせたいのが狙いなのだ。

奴の部屋にはロフトベッドがある。
中学に入る頃に買ってやったモノなのだが、まさかの身長がどんどん伸びてしまい、起きた時に天井に頭が当たるまでになってしまったものだから、大学に行く頃にはロフト物置状態になっていた。
そうなると狭い部屋の約半分を占領している大きな骨組みは邪魔でしかない。
ずーっと文句を言っていたのに、スルーしてきた私もそろそろなんとかしないといけないなぁ~という気になってきた。

古いけど、スチール製なので傷もそんなにないし、見た目はまだ使えるようなんだけど…
捨てるとなると、解体して有料粗大ゴミで出すしかないんだけど…

そこで思いついたのが、“ジモティー”
テレビCMで、「あれもタダ、これもタダ、それもこれもぜ~んぶタダ! 地元の掲示板 ジモティ~♪」でおなじみ、地域を絞って不用品の売買(または無料で)や仕事の募集、その他いろんな掲示板として人気(?)のサイト。
一度、やってみたいなぁ~と思っていたけど、なかなか腰が上がらなかった。
今回はダメ元で挑戦してみた。

捨てるつもりだったので価格は無料で、条件として「解体して取りに来てもらえる方」
同じジャンルで見てみると、結構上がっているのね。
初めてなので、何を掲載するか、写真はどんなのがいいか、等々何度も推敲しながら文章を考えなんとか投稿!

すると、数分後にメールの音が…!
早っ!
どうやら無料にしたから早かったようで、しかも相手は業者さんのよう。
メールでいろいろ話し合いながら、商談成立!
へぇ~ 意外と見てる人がいるんだ。

この時期、転勤や進学、就職で独り暮らしを始める人が多いせいもあるかな?
年度替りで、家の中を模様替えしようと思っている人がいるのかな?

そんなこんな考えている内に二人は、「それならあれも出そうか、これも出そうか」と、どんどん出品するモノを出して来て、投稿を繰り返した。
結局、土日だけで6点ほど掲載して、3点は商談成立。
1点は、早速昨日のうちに手渡しできた。

ただ、あとでクレームやら返品やらあっては嫌なので、「買い取り証」なるものを作り、相手にサインしてもらうことにし、受け渡しはなるべく手渡しで、こちらも二人以上で対応することにした。
買い手が付かなければ値段を下げて、それでもダメなら仕方ないので処分することにした。

捨てるにはもったいないけど、使わないモノって結構あると思う。
最近、ポストによく入っている、「不用品回収します」「衣類ゴミ袋1個、1,000円で買い取ります」などのチラシ。
1回利用したんだけど、衣類の他に貴金属や洋酒なんかも買い取ってくれた。
その業者さんが言われてたのが、「着物」を探していると。
観光客相手のお店や時代劇の衣装で使うモノを探しているそうだ。なるほどね、時代劇なら少々古くて汚れていてもOKなんだ。
実家にたくさんあったんだけど、母が亡くなった時に全部処分してしまったのよね。残念。

とにかく、いろいろ売ってみて、要らないモノを処分できたら、黒猫の部屋はスッキリするのでしょうか?
また次の何かを買い込んで、狭くなるような気がする。
あと、マンガ本をなんとかしないとね。
まっ、無理かこれだけは。(^_^;)


                                   by 蜩

『ママたちが非常事態!? 最新科学で読み解くニッポンの子育て』

             ママたちが非常事態!?
「夫へのイライラが止まらない」 「母親であることに自信を持てない」 「なんの地獄かと思った」
ニッポンの子育ては、なんでこんなにツラいのか?
育児の「なぜ?」を最新科学で解き明かす!
育児にマイナスの感情を抱いたことのある母親は、実に9割(※NHKネットクラブアンケートより)。
ニッポンのママたちに一体、何が起こっているのか? 最新科学で迫ってみたら、人類700万年の進化の中に答えが見えてきた──。
ママたちを追いつめる日本特有の社会環境にも触れながら、育児の喜びを取り戻すためのヒントを「科学の目線」から示します。
最終章では「パパ」に光をあて、夫婦間の小さなトラブルやストレスを回避する智恵も紹介。(ポプラ社HPより)


ちょうど1年前に放送されたNHKスペシャルを見ていて、あわててメモを取ったくらい衝撃的だった。

子育てが辛いと思っていたのは私だけじゃなかった…
そんなこと思うのは母親失格だと思っていた…
言うことをきかない子どもにイライラする毎日。
子どもと一緒に泣き続けた日もあった。

それらを科学的に解明してみると、それぞれに理由があったのだ。
人類が進化していく過程で備わった、子育てに必要な社会環境や女性の体の仕組み。
それが最近の急速な社会変化に付いていけなくなったのだ。
もともと育児は集団でおこなわれてきた、それが人間関係の希薄化によって独りで背負うことになった母親。
共同養育を求める母の体の本能と、現代の孤独な育児環境、そのギャップに母たちは苦しむ。

また、母性も子どもを産んだからすぐに芽生えるものではない。
赤ちゃんに実際に触れ、育児を経験する中でそのスイッチが入り、どんどん育まれていく。

夜泣きは、本来お腹の中にいる赤ちゃんがお母さんを助けるための習慣が裏目にでたこと。
人見知りは、他人への興味が芽生えたことで、とても大事な発達の段階。
イヤイヤ期は、まだ未熟な脳の前頭前野のせい。
この前頭前野にある抑制機能が発達することで、欲求を理性で抑えることができるようになる。
恐怖やモノで釣る我慢のやり方をするのはあまり良くない。
抑制機能を育てるために、自分で理解させ行動させる。
それがその子の将来にかかってくる、らしい。

女性は子どもを産み育てることで、身体の機能がどんどん変わってくるのに対し、男性はなかなか変わらない。
それにイライラするのもホルモンの仕業。
自分はイクメンだと思っている多くのお父さんも、奥さんから見れば不満ばかり。
そんな時は奥さんの気持ちに寄り添ってあげることが良いのだそうだ。
精神的にカバーしてもらえるだけでも、女性は落ち着くらしい。

自分の子育てを振りかえってみて、確かに思い当たる点がいくつもあった。
あの時の旦那の酷い言葉は今でも忘れられないからなぁ

子どもの声が騒音となる現在、おかしいんじゃないのか?
自分だって大声あげて遊んでた時期があったのではないか?
子どもの声が元気な国は幸せな国なんだ。
と、佐藤愛子さんも言っていたっけ。


                                      by 蜩

『九十歳。何がめでたい』 佐藤愛子

         九十歳。何がめでたい

『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。
自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、人生をたくましく生きるための箴言も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。
 ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(小学館HPより)


この正月に実家に行き、父に「今年で90歳やね。めでたいなぁ~」と言うと、「あちこち具合が悪いし、何もめでたい事なんかないわ!」と一喝されました。
「めでたい」というものは客観的なもので、当の本人はそんなこと気にしていないということか。

佐藤愛子さんのエッセイ。
2年前に小説『晩鐘』を書き終えた時、もう作家はやめるとおっしゃったてたのに、長年物書き業をしている性なのか、ゆっくりのんびりが辛く(?)なられたようだ。
その「のんびり」のおかげで、うつ病になりかけているんじゃないか、という思いが頭の隅っこにパッパパと明滅したのでした。
そんなことで、この仕事を引き受けられたようだ。

内容はというと、もう、気持ちいいくらい斬りまくる!
共感することがいっぱいで、ご本人にお会いして硬く握手をしたいほど。
「子どもの声が騒音になる」「心配しない親」「便利すぎる世の中」等々、おかしいと思っているのは私だけじゃなかったことに、ホッとする。
「平和は有難いが、何も不足のない生活からは強さ、自立心が生まれない。生まれるのは依存心だけ。」
なるほどね… 

他にも、新聞の人生相談についても書かれてあって、大笑い。
私も好きでよく読んでいるのだけど、「こんな相談アリ?」と思うものがある。
そのような相談に回答される識者の方々には頭が下がる。

ただ怒ってばかりでなく、本当に心配しているからこその思いやりが溢れている。
物質的な豊かさに慣れれば慣れるほど、心の豊かさが衰退しているように思う。

笑って、怒って、泣いて、また笑って。
1年の始まりに相応しい本だったなぁ~と思う。


                                 by 蜩
蜩の最近読んだ本