スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安泰。

怒涛の年度替りを迎えております。
毎日残業というありさま。
基本、週3日勤務なのですがこの時期は毎日行かないと仕事がおっつかない。
それに加えて、規模がじわじわ拡張してきている職場は、今や大型校(全校生千人以上)に仲間入りしそうになってきている。
来年度には800人いくかな?
それなのに、事務員はKさんと私だけ。
やる事てんこ盛り。

23日に県の人事異動の内示が、昨日(25日)は市の職員の内示が発表されました。
正規→嘱託→臨時採用→アルバイト
と、決まっていくので、私は一番ビリ。
この時期とてもドキドキしております。
私も今の職場に6年おりまして、そろそろ異動かな?
でも、アルバイトの事務は変わらないよ、という噂も気にしつつ、そんなこと言って変わったらどうすんねん!と思ってみたり…
大ボスに聞こうと思いながらも隣の部屋(校長室)は会議中の札がかかったまま。
結局帰るまで札は外されず、一喜一憂する職員さんを横目に帰宅しました。

そんなこと、すっかり忘れてた夜の9時。
いきなり携帯が鳴った。
相手先は職場。
何かあったのか!と思って出てみると大ボス。
「蜩さん、来年度も引き続き勤務をお願いしますと職員課から先ほど電話がありました。来年度もお世話になります」

やったぁ~ \(^o^)/

これで首の皮が繋がった…

今の職場に6年。
今年の卒業生は、私が勤務を始めた年に入学してきた生徒たちでした。
大きくなったものだと、ちょっと感激してました。
それより、6年前にいた職員のほとんどがいない。
去年、一昨年あたりで大量退職があったから、平均年齢がかなり若くなってきています。
ウチの娘の年代がごろごろいてて、ベテランや中堅と言われる年代がぐっと減りました。

まぁ、良いように動いてくれたらいいのですが…

とにかく、来年度もがんばります!(*^^)v


                                    by 蜩
スポンサーサイト

男性というものは…?

気が付くと、もうすぐ11月も10日を過ぎてしまいました。
最近、個人的にはそうでもないのに、周りがなんだか忙しくて振りまわされている感じです。

職場でも異変がありました。
用務員のFさん(女性)が持病の悪化により、急きょ入院となりました。
皆さんの想像する、あるいは知っている用務員さんとはほとんどは男性で、いろんな修理をしたりお花を植えたりと学校の裏方的な存在だと思います。確かにそのような方もいらっしゃいますが、クラス数がある程度増えると用務員も2人体制になるのです。
私の職場でも男性と女性の二人の用務員さんがいらっしゃいます。

Fさんの主な仕事は校長室・職員室・玄関・廊下などの掃除、インターホン応対、配布物、等々
たまのお休みの時は私が代わりにしたりするのですが、今回は1ヶ月の入院なので代わりの方に来てもらうことになりました。
たった1ヵ月(厳密には3週間弱)の間だけの勤務なんて、誰かいるのかな?と思っていたのですが、伝手をたどってなんとか確保できたとの連絡が入りました。

やってきたのは、26歳で独身、容姿端麗のお嬢さんではないですか!
性格も良さそうで、仕事も丁寧で早い!
今年3月まで幼稚園で働いていたそうで、子どもは好きなようでした。

こんなかわいい子、職場の男性がほっておきません。
特に若い独身男性は、用もないのに事務室にやってくる始末。
その前に、私の同僚のKさんが一番嬉しがっている様子。
「最近、Kさんの機嫌がいいのでなにかお願しようかな~」と誰かが言ってたし…

もう、男性ってほんとに若くてかわいい女の子には目が無いですね。
出入りの業者さんなんかも、事務室の入り口で一瞬止まりますもの。
言葉もしどろもどろだし…

しかし、Kさん曰く、
「若いお嬢さんがいるのは良いけど、気を使うから疲れる」と。
確かに、いつもだったらのんびりしている時間があまりないし、緊張しているのがなんとなくわかる。
つまり、私にはそんな気遣いは無いということか… いいけどね。

それに、お嬢さん目当てにやってくる人のおしゃべりの声がうるさくて迷惑なのもある。
さすがに日が経つにつれ、訪問者は減ってきましたがね。

Fさんの復帰は再来週の連休明け24日から。
いくら若くて可愛くても、やっぱり慣れた人の方がいいなぁ~
と、しみじみ思う今日この頃です。(ノω-)゜。


                                    by 蜩

騒音

職場では、10月3日の運動会に向けて連日練習に力が入っています。
最近、春に運動会を行う学校が増えていると聞きますが、ウチの地域では相変わらず秋の風物詩となっております。

今年は9月の新学期から雨にたたられ、運動場での練習がなかなかできませんでした。
気温は低くてちょうどいいのですがねぇ

連休明けも、24日(木)が雨で運動場は使えず、きのうの金曜日も曇り空でしたが何とか初めての全校生練習ができました。
1時間目から運動場で熱の入った練習が繰り広げられています。
マイクを通して、先生の気迫が感じられます。
よく見てると、注意する(叱る?)時はマイクをはずして怒鳴っているのは笑えます。

そんな時、1本の電話が鳴りました。
出るや否や、
「今年は音が大きすぎない?うるさくて窓を閉めても家の中に響くのよ!今すぐ音を小さくしてちょうだい!」
お叱りの電話です。
平身低頭で謝りましたが、むこうの方はなかなか収まるようすではありません。
電話を切った時に、ちょうど音響担当の先生が前を通られたので、理由を言って音量を下げてもらうようお願いしました。

学校側では運動会の練習が始まる頃に、近隣のお宅にお詫びのお手紙を配っています。
それでもこのような苦情を言ってくる方はいらっしゃいます。
ある者は、「(学校が建った)後から来たんだから、それくらい覚悟してほしい」と。

ニュースでも取り上げられていますが、音楽を流さないで運動会をするところや、イヤホンをしての盆踊りなど、音に対する苦情意識が高くなっているような気がします。
ちょっと前までは、赦されたであろう運動会や盆踊りの音も、一人でも苦情を訴えればそれはもう騒音になるんですね。

世知辛い世の中になってしまいました。


                                      by 蜩

あやしい物音 と 鬼蜻蜓

お山の学校である職場には、いろんなモノが訪問してくれる。
いや、訪問して欲しくないものがほとんどなんだけどなぁ

昆虫をはじめ、蜘蛛、百足、蛇、蜥蜴、等々…
(漢字で書くと実感が湧かないなぁと思い…)
ここ最近では、あの背赤後家蜘蛛(セアカゴケグモ)も大量に捕獲しました。

休み時間ともなりますと、
「せんせー!○○がでた!」
と、カワイイ生徒たちが救いを求めてやってきます。
中には血相を変えてやってくる女性の先生も。
蜂やゴキブリ、百足なんかは日常茶飯事で、事務室にはいろんな殺虫剤が常備してあります。
用務員のSさんがいない時は私も駆除に向います。

この前、百足の駆除をしていたら
「殺すのかわいそう…」
と洩らす生徒がいて、
「だったら生かしておこうか?百足に噛まれたら痛いよ~パンパンに腫れるよ~」
と私が言うと
「やっぱり、いい」
と諦める。
自分の見えないところで駆除されるのは良いんだけど、目の前で殺すのを見るのはイヤなんでしょうね。
これもある意味、勉強。

断っておきますが、私は虫などが平気な訳ではありません。
やっぱり嫌いだし、怖いし、気持ち悪い。
基本、足の無いモノと6本以上あるモノは苦手。
ただ、生徒の手前、怖がっていられないっていうのもあって随分慣れましたが…
でも、蝶や蜻蛉、甲虫はOK

そして金曜日の放課後のこと。
用務員のSさんが
「蜩さん、隣の部屋で変な物音がする…」と。
隣の部屋とは校長室。
校長は自然学校の引率で木曜からいない。
その部屋からなにやら変な物音?
男のくせに(失礼!)何が怖いんだ?と私が行くと、確かに窓際でカサカサ音がする。
そこでっチラッとSさんを見ると、私がどんな態度を取るか興味深々の顔をしていた。
《なんだ、私が怖がるとでも思ってたのかこいつは
しばらくその音を聞いていると…
「あ、これトンボ。トンボが出られなくなってバタバタいってるだけ」
と、窓際に行ってカーテンを開けた。
すると、窓の桟に“犬神家の一族”のポスターみたいに両足を上にして暴れている虫がいた。
ヒョイっと手を伸ばして捕まえると、それは大きな鬼蜻蜓(オニヤンマ)でした。

おにやんま

鬼蜻蜓なんて久しぶりに見たので喜んでいると、他の先生たちから不思議そうに見られてしまいました。
つい、田舎モノの血が甦ったのでしょう。
こんなの生徒に見つかるとかわいそうだから即逃がしてやることに。
もがき疲れたのか、しばらく私の手にとまってじっとしていた鬼蜻蜓も、窓を開けるとフッと風にのって飛んでいきました。
「元気で生きろよ~ 子どもに見つかるなよ~」
と心の中でつぶやきながら…


                     by 蜩

お使い と いちご大福

年度変わりの忙しさも落ち着いて、やっと平常運転に戻ってきた今日この頃。

その日、私は銀行へお使いに行ってきました。
バス通勤の私が駅前にある銀行に行くには、もちろんバスで行きます。
しかし、このニュータウンを走るバスのダイヤは、朝夕の通勤時間を除くと1時間に3本しかありません。
1本逃せば、20分待ち。
ちょうどその日も行ったばかりで時間をもてあましていたのです。

「そうだ!いちご大福買って帰ろう!」
駅前にある和菓子屋さんのいちご大福が非常に美味しいのは有名で、餡子嫌いの私でも食べられるほど。
事務室のみんなと、いちご大福が大好物の黒猫に買って帰ろうっと。

その、いちご大福がこれ。

イチゴ大福

左のオレンジ包装のほうが“黄身餡”、右の赤い包装は“漉し餡”
そしてその中身がこれ。

イチゴ大福2

ほとんどいちごでしょ?
外のギュウヒと餡がうす~く着いているだけなので、餡子が苦手な私でもOK
いちごも甘くて、餡子の甘さに負けていません!

同僚のKさん(♂)もいちご大福がお好きなので、3時のお茶に一緒に食べました。
そこへ、帰ろうとしていた司書のRさんが通りがかったので一緒にお茶に誘いました。
彼女もいちご大福がお好きなようで、ちびちびとかみしめながら食べていました。

いちごって、人を幸せにするフルーツですよね。


                           by 蜩
蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。