スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行に乗る。

気が付けば、1月も後半。
遅くなりましたが、
今年もよろしくお願いします。m(__)m

タイトル通り、今流行に乗っています。
はい。
インフルエンザAに感染いたしました。(^_^;)
しかも、親子そろって。
職場でも、次々休み出して6クラスが学級閉鎖に追い込まれました。
感染しない方が難しい環境で、毎年のがれてきたのに…
さすがに今年は年明けから物凄い勢いで増えて行ってるとニュースになるほどなので、覚悟はしていたけれど…

初めは黒猫の風邪が長引いてて、二人でお出かけした時に熱が出だしたなぁ~と思っていたら、あっという間に39.4度!
どっかでもらってきたんだろうな。
それを大事に私にまでくれちゃうんだから、困ったものだ。
2日ほどのタイムラグがあるので、先に熱が引いた彼女が家のことしてくれて、大変助かった。
だけど、今日から仕事なので、しんどいだろうな。

私も熱は下がったけれど、23日まで外出許可が出てないからいい加減退屈し始めています。
久しぶりに熱出して、全身症状が出て、眠れない夜があって、ホント疲れた。
食事はポカリを薄めたモノを飲むだけだったから、胃が小さくなり食べられなくなった。
食べても、量が食べられないのですぐお腹を壊すし…

皆さま、インフルエンザにはくれぐれもご注意ください。
出掛ける時は、人ごみを避けて、マスクを着用!
帰ってきたら、必ずしっかり手洗い・うがい!
お願いします!!(*^^)v


                                   by 蜩
スポンサーサイト

様変わりする地域

昨日は友人Mさんとランチへ。
いつも車で送り迎えをしてくれる彼女にすっかり甘えてばかりの私ですが、ついでにUNIQLOへお買いものに行きたいと言うと、(どこまで甘えているのやら)
Mさん「じゃあ、OタウンのUNIQLOに行く?」
    ????
私「Oタウンってなに?」
Mさん「最近できたショッピングモールだよ」
私「知らなかった…」
そうやらそこのUQさんは県一番の大きさだとか(現時点で)。

てなことで、Oタウンに行ってきました。

行ってびっくり!
すごく広くて、店舗がたくさん入ってる!(当たり前か)
開店直後に行ったので比較的人は少ない方だったけど、あまりの広さに迷子になりながらもお目当ての物をゲットしました。

そこからランチを予約しているところまで移動していると、昔、私が仕事をしていた地域を通り過ぎて行きます。
あれ?
あんなところに“○○珈琲”ってお店ができてる!
こっちはかの有名チェーン店が!
昔の面影はほとんどなく、以前大きな工場があった場所には大型のチェーン店が数店ドンドンと建っています。
コンビニだったところには、そのまま居抜きでマッサージ店になってたり、外観に似つかわしくないお店になっていたりと、かなり様変わりしてしまってました。

時の流れなのかな~

小さな町工場やガソリンスタンドはほとんど残ってなくて、大手のファストフード店やどこでも見かけるお店になってしまってる。
大きなショッピングモールばかりが乱立すると、最初にできた時より嬉しさやワクワク感はだんだんなくなってきて、変わり映えのない無機質な物体に思われてしまう。
どこでも同じような店舗。
同じような商品。
同じようなサービス。

自分が歳を重ねると、ついていけなくなる新しい情報。
若い人達はこぞってそれを習得し、広げていく。
だけど、私のように人生後半戦の人間は、新しさより安心に重点を置くようになった。
便利より安心。
速さより安心。
自分にとって何が大事なのか、自分で見極めないといけに時代になってしまったなぁ。

ランチをしっかり食べて、5時間しゃべって、帰りに新しいパン屋さんができたからとまたそこでお茶をして…
女二人のお出かけは、いつもそうだけど、笑って怒って美味しいモノ食べて、こんな平和な時間も大切なのだと、誰にともなく言い訳している。


                                 by 蜩



何もかもが、億劫。

随分とご無沙汰してしまいました。

私は相変わらず、毎日バタバタ過ごしています。
ただ、最近特に感じるのが、何をするのにも億劫になったってこと。
大好きだった読書も、マンガや実用書は読むけど小説などはなかなか先に進まなくって、途中で投げ出したものがほとんど。
今も知人から借りている、恩田陸さんの『蜂蜜と遠雷』がいつ読み終わるか心配。
あの本って、とっても分厚くて、しかも中は2段なのよ。
専門用語もたくさん出そうだし… と、もう今から怖気づいてしまってます。
図書館の本じゃないから、貸し出し期限が無い分、気は楽なんだけど、それに甘えてずるずる借りっぱなしになる可能性が大いにある。

それと、食事のメニューを考えるのがとても辛くなってきました。
一汁三菜が理想なのですが、一汁二菜になったり、汁さえ無くなって、どーんと一品だけとか…
かなり大胆になってしまってます。
私は普段、買い物しながらメニューを考えるのですが、それができなくなって、買ってきたものを見ると、何ができるのかな?ってことが増えてきました。

これからクリスマス、年末、お正月といろいろ用意しなくてはいけないのに、ちっともやる気が出てきません。
最近は黒猫にも随分助けられていますが、あの子も仕事が大変なのに申し訳ないなぁ~と思っています。

そこで、リハビリじゃないけど、ブログを書くことで頭のサビを落とそうかな?と考えています。
そんなのする間があったら、片付けでもしなさいよ!って言われそうだけどね。(笑)


                                 by 蜩

ゴールデンなウィーク その2 明石で散歩。

昨日、黒猫がお友達のAちゃんに会いに行くというので、明石行きに便乗させてもらうことになった。

毎回、向こうでおいしい明石焼きを食べていると聞いていたので、羨ましいなぁ~と思ってたら、
「一緒に行く?」って聞くもんだから、
「うん!」と返事をした。
しかも、Aちゃんママさんもご同行してくれると言うので、これは行かない訳にはいかない!

明石に行くのは自動車免許を取って以来だから(兵庫県民は明石が試験場なのです)、かれこれ30年ぶり。
駅前もすっかり都会的なショッピングセンターができていて、おしゃれな街になっていた。
GW真っただ中なので、さすがに人は多い。

お目当ての“明石焼き”を食べに、“魚の棚”へ~  明石・魚の棚商店街
連れて行ってもらったのは、商店街に入って数件目の“よし川”さん。
一番の老舗で美味しいと評判の店らしい。
ここでは明石焼きをのことを『玉子焼き』って言うんだね。

明石焼き2

観光客が多くて、すでに長い行列ができていたけど、回転が早いから大丈夫だよ~とAちゃん。
お店ののれんには「本日 たこ飯と明石焼きのみ」と書かれた紙が貼ってあった。
テイクアウトもあったんだけど、やっぱり焼きたてを食べたいよね~ということで待つこと10分くらいかな?
たこ飯と明石焼きを注文した。

明石焼き

もうね、美味しい~を通りり越して 「うまい!」 としか言えない。
玉子焼きというくらい、黄色いたこ焼きは大きくてふわっふわのとろっとろ!!
しかも中に入っているタコは歯ごたえ十分!
お出汁がまた美味しいのよね~ あっさりしているから、いくつでも食べられる。
これをのせてある器?がおもしろい形をしているの。足のあるまな板みたいな形なのに、足が片方しかない。つまり、テーブルに置くと傾くわけ。
さて、たこ飯ですが、こっちはしっかり醤油味がしみていて、タコはとても小さく柔らかい。たぶん、干したタコだと思う。
でも、いいダシが出ていてとっても美味しい。
明石焼きが600円、たこ飯300円 二つ食べても900円!
お腹いっぱいになったのでこれはお得かも。

その後は、商店街をぶらぶらし、近くにある明石公園のイベントを見て楽しい時間を過ごしました。
AちゃんとAちゃんママさん、お世話になりました。m(__)m

ただ、暑くてねぇ~ちょっとバテ気味。
そのせいで、お土産買うの忘れてたわ。(笑)
(少しだけ買ったけどね)


                                by 蜩

ゴールデンなウィーク その1 『京都国際写真祭』

皆さまはゴールデンウィークをどのようにお過ごしですか?
今年は黒猫の休日がカレンダー通りになったこともあり、フツーのGWを過ごしております。

で、第一弾!
毎年恒例の  京都国際写真祭 KYOTOGRAPHIE  に行ってまいりました。 
 HPはこちら→ KYOTOGRAPHIE

2017050312130694a.jpg
やば… 「祭」ぬけちゃった…(^_^;)  (写真はクリックすると大きくなります)

今年のテーマは 「LOVE」 
201705031213201f2.jpg

今回のイベントの一つに、黒猫の知っているギャラリーのオーナーさんのトークショーがあると言うことで、それに合わせて行くことに。
いつもKG(KYOTOGRAPHIE)の時はお昼ご飯を食べ損ねるので、先に済ますことにした。
どこがいいかなぁ~ と歩いていますと、ほんのすぐそこに見つけたカフェ。
メニューはテッパンモノばかりだけど、そこに思考を費やすつもりは毛頭なかったので、フツーにランチを注文した。
201705031213431f3.jpg
鶏南蛮定食~!
美味しかったわぁ~ヽ(^o^)丿
黒猫はハンバーグ定食を注文しておりました。

13:30のトークショーにあわせて“元・新風館”に戻り、約1時間、『写真を買うということ』についてのお話を興味深く聞いていた。
日本では、カメラの性能が良くて誰でもそれなりに“キレイな写真”を撮る事ができる。
だからか、“写真を購入する”ということがあまり日常化していない。
写真集を買うことはあっても、それは被写体に興味があるからだったり、有名な写真家さんが撮ったものだからとかいうものが多い。書店だって、売れるモノを置きたがるので無理はない。
ギャラリーで写真(プリント)を買うことに慣れていない。そもそも、ギャラリーに入ることにも躊躇してしまう。
ここで言う写真とは、アートとしての作品である。
写真家さん達にとって、作品が売れないと意味が無い。その仲介をするのがギャラリーなのだと思う。

KG開催中には、“KG+” という写真展も同時開催されています。
KG+は、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的に、2013年よりスタートしたアートフェスティバルです。KG+は、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭と連携し、同時期に開催することで国際的に活躍する写真家やアーティスト、国内外のキュレーター、ギャラリストとの出会いの場と国際的な情報発信の機会を提供します。(KG+ HPより抜粋)
詳しくはこちら → KG+

難しい話はさておいて、
今年はプチパスポートがあったので、それを購入しあとは無料のところを探して、時間もあまりないので近くばかりを狙います。

201705031214100ba.jpg
パンフレットの写真で気になった作品。おじさんたちが一緒にお風呂?に入ってるのが気になって…
展示の仕方が凝っていて、作品もステキだった。
ハンネ・ファン・デル・ワウデ Emmy’s World

20170503121421475.jpg
ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。有名なポートレート写真家さん。
歴史上の人物が写っていて、ビックリ。
展示場所はなんと、二条城の中です!
アーノルド・ニューマン マスタークラス -ポートレートの巨匠-

20170503121438c93.jpg
見たかった写真家さんの1人、メープルソープ。
MEMENTO MORI ロバートメイプルソープ 写真展 ピーターマリーノコレクション

午後からだったので、あまり時間が無いこともあって、この日に回れたのは7ヶ所。
全部歩いて回ったもんだから、足と頭が疲労困憊。
糖分接種を兼ねて、お茶をしようと“ソワレ”に向かった。
目当てのゼリーが売り切れだったのは残念だったけど、ケーキセットがあったから良としますか。

20170503121452aca.jpg

今回、一番心に残った作品が最初に行った“元・新風館”で見たもの。
吉田亮人 Falling Leaves
おばあちゃんと孫の写真なのだけど、二人の間にある踏み込めない絆が微笑ましく思えたのに、彼の結末の付け方に疑問が湧いてしまい、最後にあったボックスに入ると涙があふれてきたのはいったい何だったのか、自分でもわからなかった。
写真とその向こうにある現実に心がこんなに揺さぶられたのは久しぶりだった。
改めて、写真の力、アートとしても感動できる凄さに驚いた。

あと、メインスポンサーであるBMWが派手なプリントされたKGのオフィシャルカーi 3 をレンタルしてくれるのです~!
シャトルカーとしても運行しているし、自転車もレンタルできるのです!
自転車くらいなら乗りたかったけど、黒猫が自転車に乗れないので諦めましたよ。

                                     by 蜩
蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。