祝 1000カウント!

先日から、しんみりとした話ばかりで申し訳ございません。m(__)m
今日はぱーっと気分転換しましょう!

そうです。
いつの間にかカウンターが

“1000” を超えたのです!    



そこで、記念に何をしようかと黒猫と相談した結果、

“私達のイメージってどんなのかな?”
と日頃気になってた思いを、皆さんにアンケートとして答えて頂きたいと思います。
題して、

『黒猫・蜩ってこんな感じ?』 アンケート!!!!

【応募内容】
①黒猫、蜩の両方のイメージを教えて下さい。具体的でも抽象的でもかまいません。
②体型(背が高い・低い、りっぱな体格とか…)はどうか。
③有名人で例えるなら。
④何か聞きたい事があればひとつ。  ←これってicchanさんのパクリですよね。すみません


みなさん、よろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

友の死。

しばらくぶりであります。
更新してないのに多数の訪問、ありがとうございました。m(__)m

実は、27日に親友が事故で他界しました。
それからなかなか立ち直れず、PCにも向かえず、現実を受け入れられませんでした。
昨日、お通夜の1時間半も早く行き、写真に向かってじっくり話をして来ました。
もちろん相手からは返事がありません。
「この会場にいるんやろ?出てきて、声かけてよ。幽霊でもいいから、出てきてよ!最期の言葉聞かせてよ。何で黙って、一人で逝ったん?」
少し老けたアイツの写真をじっと見つめてると、20年も逢ってなかったのがうそのように思えました。

アイツ(男)は高校時代の仲間で、男3人女3人で作った同好会のメンバーだった。
男たちと私は同級で女の子2人は一つ下の下級生。男女一緒なのに、色気ゼロ。
まぁそれが長続きの秘訣だったのかもしれません。高校卒業しても一緒に遊びに行ったりして結構付き合いは長く続いたのですが、そのうちみんなが仕事をするようになり合わせるのがだんだん難しくなっていき、手紙や電話でのやり取りだけになっていきました。
そして、次々と所帯を持つようになって行き、年賀状のやり取りだけの関係になりました。

今年の春に、メンバーの女の子Aさんから電話が入り、もう一人のBと食事にでも行かないかと誘われました。女同士とは、10年以上も会ってなかったのですがAさんもBさんもちっとも変わらず(私もだけど)黒猫も一緒に連れて行くことにも賛成してくれました。黒猫も違和感なく2人と仲良くなり、4人でわいわい話をするうちに、男3人はどうしてるかな?となりました。
2人は結婚して子どももいるまでは知ってるが、後一人のアイツの消息が3人とも知らないので探してミニ同窓会でもしようかという話に盛りあがったのです。
C君に葉書を出したのですが、彼もアイツの居所を知らなかったのです。残るD君なのですが、住所が分からず調べておくことになったまま数か月が経ちました。

10月27日土曜日。午後6時半ごろにBさんからメールが…
「ニュースの死亡事故の名前。Eさんと同じなんですけど、違いますよね」
あわててニュースを見た私は、その名前と年齢、顔写真を見て絶句した。
「アイツや!」
嫌な確信。
まさかこんな形で再会するとは夢にも思ってなかった。
それからの自分は壊れたロボットのように、あとの3人に連絡を取る手段を考え、葬式の日程・場所・時間をどこで聞こうか悩んでいた。いつもなら、テキパキと処理できる(?)はずなのに何も浮かばない、できない…パニックになった私を主人が「パニックになるな!」と怒鳴る。
その声に余計に苛立った感情が爆発した。久ぶりの夫婦喧嘩。まぁ相手が男だったのもいけなかったのかもしれないけど…

しばらく腑抜けの自分がいました。
通夜の日。行きたくなかった。認めたくなかった気持ちを押し込んで1時間の道程を電車に揺られながら、「今日は泣かないぞ!」と自分に言い聞かせてました。
式が始まって、焼香が回って来て親族にあいさつをすると、小さく見えたお母様。どんな気持ちでこの数日を過ごされたのかと思うと、自分の悲しみなんてこの人には比べられないだろうなと感じました。
終わってから、拝顔できるのですが、どうしても見る気になれずそのまま帰ろうとした時、黒猫からメールで
「ちゃんとお顔見た?」と。
なんでこいつは人の気持ちを揺さぶるんだ!
でも、ちゃんと見ておかないと後悔しそうで、そおっと覗いてみた。
アイツやん。寝てるんや。
間近でじーっと見た。でも動かない。死んでるんや。
不思議と悲しくなかった。
何て言えばいいのか、「ゆっくりお休み」といった感じになった。
やりたい事いっぱいして、好きな事してる時に亡くなったんだから、悔いないよね。
先に行くのは許せないけど、またみんなで会いに行くからネ。
バイバイ

何か吹っ切れた気持になったので帰ることにした。
告別式は行かない事にした。最期のお別れはしたくないから。
いつでも、会えるんだもん。ネ


長い話に付き合って頂いて本当にありがとうございます。
友の死がこれほど辛いものかと実感しました。
一番楽しい時期を過ごした相手は、一生の宝モノですから…


                          by 蜩

スペシャル♪(!?)

今日は今までの詩でコメ数が多かったものをQRコードにしてみました
よかったら読みとって持ち運びして見て下さい
(持ち運びしたい人なんているかなぁ…汗)

~北斗七星~
北斗七星
 


~休日の朝~
休日の朝



~帰り道~
帰り道


どうですかねぇ…ちょっと手抜きのブログですよね…
すんません(-_-;)

食品の安全性。

                    みかんとバナナ

このみかんとバナナを見て、気づいた事はありませんか?

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、色がまだ青いです。
みかんは青切りみかんというのがあるのでさほど気にならないかもしれません。でも、色にムラがあり、間近で見ると、黒い斑点が付いてます。
バナナもいたるところに傷があります。

見かけの悪いこの果物、実は無農薬・省農薬・有機肥料で栽培されたものです。
市販のほとんどのみかんにはワックスがかかっています。→見栄えが良い様に
バナナはほとんどが外国からの輸入品です。港で出荷待ちの為、消毒液に漬けられています。→長く保存するため
でも、これらの薬品は人体にとって良い物ではありません。
スーパーではそれ(薬品使用)を表示しているところはあまり見られないです。

私は、とある生協に10数年前から加入していて、食の安全についていろいろ学んでいます。
そこの生協では消費材のひとつひとつを丹念に調べ、安全であると確認できれば購入できるようにしてくれます。生産者の顔が見えて、製造工程も明らかな製品だから私達は安心して口にする事ができるのです。

しかし最近は食を巡る偽装事件が後を絶ちません。
消費者の信用を裏切る卑劣な行為です。
食べのもは、人間が生きて行く上で一番大切なものなのに…
利益だけを追い求めれば、どこかにしわ寄せがくる。でもそのしわ寄せを偽装で補うのはどうかと思います。一度そういう事をしてしまえば、以前の様に一生懸命するのがバカらしくなるのでは?楽して儲けたお金は汚れてますよ。

以前に前記の生協の生産者さんの講演会で聞いた言葉が印象的でした。
「世の中は、すべてがプラスとマイナスゼロでできている」
良い製品を作るのには、妥協しないでじっくりと手間をかける事が大事。
人も、楽してばかりいると、将来に大きなツケが回って来ます。地道にコツコツ真面目にしていけば、信用ができ信頼もされるのです。


不二家、雪印、ミートホープ、白い恋人、赤福餅、比内地鶏、etc ・・・・
どちらも創設者が長い間一生懸命築きあげたブランドです。それをたった1日で崩してしまった責任は図り知れませんが、従業員さんのこれからが心配でなりません。

ちょっと硬いお話になってしまいました。(>_<)
でも頭で取り上げたみかんとバナナはホントに美味しいんです!
みかんもバナナも味が濃いんです。

消費者はもっと賢くならなければいけませんね。見かけや世評で判断せず、自分の信念を持ちたいものです。


                         by 蜩

芋ケンピの作り方。

先日のブログで反響がありましたので、今日は

芋ケンピの作り方、教えま~す!\(^o^)/


【材料】4人分  ←とってもアバウトなので、作りやすい量と思って下さい。
   さつまいも・・・300g(中くらいのが1本)
   砂糖・・・・・・・1/2カップ
   揚げ油・・・・・・適量
   ごま油・・・・・・少々

【作り方】
①さつまいもは皮付きのまま7㎜~8㎜厚さの斜め切りにして、さらに7㎜~8㎜幅の細切り にする。(私は、もっと細く切ったのが好きです)

②たっぷりの揚げ油を170度(菜箸を入れてみて勢いよく泡が立つくらい)に熱し、①のさつまいもを入れて火を弱め、5~6分揚げる。
最初は勢いよく泡が立つが、だんだん泡が立たなくなって色づいてきたら強火にしてカラ リと
揚げる。揚がったら、ペーパータオルを敷いたバットにとり油をきる。

③中華鍋に砂糖、水大さじ1を入れて強火にかけ、砂糖が溶けて泡立ってきたら②のさつまいもを入れて木べらで手早く混ぜ合わせ、ごま油を塗ったバットに広げて冷ます。



私は結構、いい加減に作りますので、見本通りできた試しがありません。

ただ、いつも最後の絡めるところで、一旦溶けた砂糖が冷めるとまた結晶する(白くなる)のが困っています。
どなたか、結晶しない方法教えて下さい!

では、
皆さん、頑張って作って下さいネ。くれぐれも油には気をつけましょう!


                       by 蜩

芋ケンピ。

やって来ました、食べ物ネタ。\(^o^)/

秋になれば、巷で行われる行事と言えば、
体育会、遠足、お芋掘り。       …ほんとかな?

近所の方が、実家でお芋掘りをしたんだけど、食べきれないからとサツマイモのお裾分けを頂いた。
大きいのが3つと小さいのが1つ。全部で約1kgもありました。(*^_^*)

サツマイモ料理と言えば…
焼き芋、大学芋、スィートポテト、ふかしイモ・・・・・

でも、我が家では

芋ケンピ!   なんです。 

ご存じですか?
芋ケンピ
こんなのです。(ちょっとボケててすみません)

サツマイモを細く切って、油で揚げてから砂糖を熱く溶かした中に入れて絡めます。

なぜ、ウチではこれが流行りかと言いますと…
作るのが簡単、冷めても美味しい、保存がきく (^_^)v
…からなんです

この日(22日)も、1kgのサツマイモ全部が芋ケンピに変身しました。
(写真の芋ケンピは、ホンの一部です)
図書館でテスト勉強中の黒猫に
「何時に帰ってくる?芋ケンピ作ったんやけど」
とメールをすると、
「6時ごろかな?友達2人も行くって~」
との事。
それまでにも、味見と称してつまみ食いをしてた私ですが、
これが止められないんですよね (^_^;)
日本茶にもコーヒーにも良く合う。

黒猫と友達2人(女子)が帰って来て、食べるは食べるは…
半分以上無くなりました。 嬉しいやら、悲しいやら (T_T)
黒猫は残りをタッパーに入れて、明日学校に持って行くそうです。

後日談ですが、
例の芋ケンピは、友達3人(男子)の手によって、瞬時に無くなったそうです。

また作らねば…(-_-;)

誰か、サツマイモくれないかなぁ~


                         by 蜩

終わったぁーーーー\(^o^)/

皆さん、
あの期間がついに終わりました!!!

そう…

テスト期間、しゅーりょー\(゜ロ\)♪(/ロ゜)/

終わりましたよ
テスト…

今日さっそく友達の家でWiiをして来ました笑

テスト明けは嬉しい…(T_T♪

嫌いな私 でも 本当の私

去っていくと
追いかけて

追いつくと
追い抜いてしまう

私の恋はいつもそう

私を大切に思ってくれる人を
どん底に突き落とす

私と一緒にいると
不幸になるだけ

私を愛すと
悲しくなるだけ


私が一人でいれば
私が誰も愛さなければ
私が
本当の自分を出さなければ

少なからず私で
傷つく人は現れない


私に幸せがこなければ
私に涙がなければ
私に
記憶がなければ

いっそ記憶ごと
この性格も
消えてしまえばいいのに

いっそ
私ごと
消えてしまえばいいのに

誰か
私から居場所を奪ってください
誰か
私から言葉を奪ってください

誰か

こんな私を
助けて下さい
愛して下さい

きつい事を言うかもしれません
ひどい事を言うかもしれません
ひどい事をするかもしれません

でも、
素直な気持ちが表せないだけなんです
不器用なんです

ごめんなさい

分かりずらいかもしれません

もし分かってくれるなら
逢いに来て下さい
抱きしめて下さい

こんな私を認めてください

キュウリ犬?

ウチの愛犬は、野菜が大好物。
中でも、キュウリが大好き!
私が台所で、トントンとキュウリを切っていたなら、一目散にやって来る。
まぁ、他の野菜を切っていてもやって来ますが…
私が
「あっ!落ちた!」
と、言うものなら必死になって、落ちたものを探し、食べます。
その速さと言ったら。

食事の時は主人の横にぴったり寄り添って、
(主人は二人掛けの椅子に一人で座ってます)
その、手元をじーっと目で追っています。
何か落そうものなら瞬時に食べるので、おちおちしてられません。
でも、愛犬にとーっても甘い主人は、
こそっと、何かをやってます。

不思議と、愛犬Rは大きいものは食べません。
一口大にしてやったら食べるんです。
贅沢な奴め!


前置きはこれくらいにして(なげー!)
今日の出来事。

黒猫がテストを終えて帰って参りました。(3時間なので早く帰ってくる)
黒:お腹すいた~晩ごは…ちゃうちゃう、昼ごはんなにぃ~?
母:スパゲティだよん。たらこの
黒:おぅやったぁ!
サラダ用のキュウリを冷蔵庫から出すと、どこかからチャッチャカ音がする
Rが「あっキュウリだわ!」の顔をしている!
いつもなら、キュウリを見せてもクンクン匂うだけで
1本丸かじりなんか、はしたなくてできますか!
みたいなのに、

今日は、ガブっといっちゃいました。Σ(゜Д゜;)))))
あわてて引っ込めた私を、黒猫は笑っております。
仕方ないので、歯形がついたところを切ってRに投げました。
スカっ 外した~!
必死に落ちたキュウリを探すR。
黒猫がそれをひろって…
黒:R、ここだ…いでぇー!!

なんと、Rはキュウリではなく、黒猫の指を噛んだのです!
そして落ちたキュウリをすかさずパク。ハグハグ・・・・

哀れ黒猫の指は、
指

ちょっと見えづらいかな?
赤く腫れてしまいました (ノД`)

ウチのキュウリ犬は凶暴です。
食べ物を前にした時は・・・・・ネ


                       by 蜩



《心の棘》 ~蜩・言の葉~

 夜明け

解かっているのに
また傷つけてしまった

くだらない事を主張しても
君は無視するに決まってる
でも
ここで言っておかないと
自分が壊れそうで…
怖い

夕暮れより
朝陽が嫌いになった

真新しい空気が
澄み切った空が
荒んだ心には眩し過ぎる

誰かに縋るより
傷つける事を選んだ
そんな事をしても何も解決しないのに…

君は
朝の空がよく似合う
希望に瞳が輝いているから
そのまま飛んで行きそうで
自分は思わず手を伸ばす
でも
すでに君の影にさえ届かない

できれば自分も空を飛びたい
誰にも遠慮せず
思いきり高く高く
どこまでも上って行きたい

心が泣いている
心が叫んでいる
棘だらけの心の中で
自分の殻がひび割れる


絵本はいかが? Ⅰ 『世界で一番の贈りもの』

こんにちは!蜩です。

今朝は随分冷え込みました。
和歌山県の高野山では初霜が降りたそうです。
着実に冬に向かっていますね。。。当たり前か。

今日は、ちょっと早いんですが、クリスマスのお話しです。
しかも、この話しは実際にあった事だそうです。

『世界で一番の贈りもの』
世界で一番の贈りもの

マイケル・モーパーゴ/作 マイケル・フォアマン/絵 佐藤見果夢/訳 評論社

☆僕が偶然見つけた古い机の引き出しに入っていた、1通の手紙。
それは、第1次世界大戦中、最前線で戦う兵士が妻に宛てたもので、
信じられないような出来事が書かれてあった。

“いとしいコニーへ”
今とても幸せな気分でこの手紙を書いている
クリスマスの朝、ドイツ軍との戦いに備えていた私達は信じられない光景を見た。
ドイツ軍の塹壕から白旗が上がり、ドイツ兵が大声で、
「メリークリスマス、エゲレスさんよぉ!」と叫んでいる。
耳を疑ったが、その姿は丸腰で、酒びんをふって見せていた。
するとイギリス兵たちも次々に無人地帯になだれ込んだ。
両軍の兵士は互いに自分の話をし、酒を飲みソーセージやクリスマスケーキを食べた。
誰かがサッカーを始めた。ハンス(ドイツ兵)が言った
「この戦争を終わらせるいい方法が解ったよ。
サッカーの試合で勝負を決めたら、誰も死なずにすむ」
夢の様な時間は瞬く間に過ぎて行った。
その夜は、互いの塹壕からクリスマスキャロルが謳われていた。

手紙を読み終えた僕は、する事が決まった。
手紙を持ち主に返すのだ。
施設に入っていた彼女は虚ろな目をしていたが。
僕が手紙を差し出すと、彼女の顔は喜びにあふれ、輝き始めた。
そして僕のほほにそっとキスをした。


何年か前に、映画化されました。タイトルが思い出せないのですが、見に行きたいと思っていたのに、行けなかった記憶があります。
こんな素敵なサプライズ、あるんですね。
戦争は国と国との戦いですが、実際に戦うのは人間なんです。
誰も死にたくないのにどうして戦争は無くならないのでしょう?
もっと良い解決策を考えてほしいです。

                         by 蜩

この1ヵ月間。

は~いお久しぶりで~す
先ほどの母の記事に書いてありました通り、今起きました(といっても1時間前ぐらい)黒猫デス
なんでこんなに寝てたかというとテスト期間中の睡眠時間が2~4時間がほとんどという苛酷さ…泣
そんなわけでまだ月、火とテストはあるのですが「土曜だし!!]」ということで寝てました

さてこの1ヵ月(実際はこの2週間かな!?)いろいろありました。

写真部の秋季大会。
体育大会が始まる頃に友達の事件。
そいつが来ないままの体育大会…
体育大会は写真部の撮影、茶華道の受付で忙しく。
それが終われば約2週間、自宅謹慎でアイツが来ず。
秋季の阪神を無事通過したため、その写真の撤収。
それが終わり、中間テスト2週間前。
テスト当日、アイツがやっと来た。
このテスト期間が終われば大学見学会。
それが終われば県の総合文化祭。
で、写真部門の発表、茶華道のお手前。
そうしてる頃にまたテスト…(期末)

今のうちに寝とかないとやってられないです…(-_-;)
それに身体的にも精神的にもあまり丈夫でない自分。
この1週間は今までで1番精神が不安定やったと思います…。
表では結構丈夫なフリしてますが…苦笑
(『休日の朝』の通りデス…)
でも、まぁあまりため込まないように頑張ってるんで大丈夫でしょう♪
あたしが塞ぎこんでたら迷惑する人いっぱいいるんで!!笑

みんなとバカ騒ぎしたり、勉強の愚痴言ったり、そんなんしてたら悩みもどっかに吹っ飛びます
友達もいろいろと心配してくれましたし…♪
あたしはそんな友達ばっかに囲まれてめっちゃ幸せデス
あたしの友達は誰にでも自慢できる最高の友達ばかりデス

この頃はテンション高い曲聴いたりしてこの1ヵ月の不安定だった精神を徐々に解消しつつあります

もうちょっとでテストも終わるのでまた記事や詩やら書きますねぇ~
それではこれからも黒猫の事よろしくおねがいします

んじゃあ図書館にでも行ってこようかな

フレンチトースト談話。

土曜日の朝は、ちょっとのんびりしてしまう。

主人は仕事だけど、娘は休み。
お弁当も今日はおにぎりだけで良かったので、楽チン。(^_^;)
私はいつも、2人を出して犬の散歩をしてからゆっくり朝食を取ります。
朝の起きたてに食事はキツイので、一仕事してからの方が消化にも良いかなって。

今日は起きてから食欲ゼロ。
でも何か食べないといけないので、フレンチトーストを作りました。(*^_^*)
フレンチトースト

パンが固くなった時なんかに時々作ります。

卵と牛乳と砂糖をよく混ぜた中に、切ったパンを浸します。
パンが液を十分吸い取ったら、フライパンにバターを溶かして焼きます。
弱火でじっくり綺麗な焼き色がついたら出来上がり!
お皿に盛って、粉砂糖とシナモンパウダーを振りかけます。
ブラックコーヒーと一緒に食べれば、最高です(*^^)v

フレンチトーストを作ると思い出すことがあります。
あれは娘が小学校5年か6年くらいの時の事。
学校から帰って来て、「今日Tちゃんが遊びに来るから!」と
その日は、午後から出かける予定が入っていて、Tちゃんが来る前に出かけないといけなかったのです。
おやつにと用意していたフレンチトーストをもう一人分増やして、液に浸しておきました。
「お母さんは今から出かけるけど、フレンチトーストの用意してるから、後お願いね」
と、言って出かけました。
娘は何度か料理を手伝わせているので、フライパンでフレンチトーストを焼くくらいはできると思っていました。

それが甘かった… (-_-;)

帰って来て、
「おやつ食べた~?」と聞くと、
「うん、食べたよ~」と二人。
洗い物をしようと流しに行くと、
おや? フライパンが汚れていない!

「ちょっとぉ~ フレンチトースト焼いてたべたよねぇ?」
「・・・・・・・・・・・・・あっ
「もしかして、焼かないで食べたん?」
「・・・・・・・・・・・・・うん。」
Σ(゜Д゜;)))))))

ウチの子だけならまだしも、他人様のお子様に何てものを食べさせてしまったのかぁー!

「あんたたち、お腹痛くない?」
「・・・別に」
とりあえず、大丈夫かな?ウチの子は普段から鍛えているので(何を!)少々の物ではお腹を壊さないが…
Tちゃんの方が心配。(ーー;)
お迎えに来られたお母様に、事の次第を報告いたしましたら…

「笑っちゃうわぁ~ ウチも丈夫だから気にしないでねぇ」
と、笑い飛ばして下さいました。
ありがたや~m(__)m

Tちゃんが帰ってから、娘に
「食べた時、変に思わなかった?」と聞くと
「何か変な感じはしたけど、Tちゃんも気にしてないみたいやったから、そのまま食べた。」と。
気がついてたら、食べるなよ! Щ(`Д´;)Щ

Tちゃんはその事を、卒業文集に書いたそうです。
今でもTちゃんママに会うと、その話で盛り上がります。(^_^;)


もう、お昼なのにその娘はまだ寝てます。。。

                         by 蜩

仲間。

黒猫は今日からテストです。

なのに学校に行ってるはずの黒猫からメールが…

黒猫メール:「○○が来てる!!!!!」

蜩心の中:「ん?そうか、アイツがやっと来たんやぁ!」

メールに気がついた時はすでにテスト中。
返事はあとでいいか・・・



始まりは夏休み前の事。

学校で、ちょっとした事件があった。
犯人が分からず、学校側も困惑状態。

でも、黒猫は知ってしまった。
それがアイツだって事を・・・・
それから黒猫の苦悩の日々が始まった。
信じられないけど、本人が認めてると、友達伝いで聞いた。
アイツに直接確かめてみようか・・・
できない!
なんて言えばいいのか分からない。
友達数人が集まって、相談するが答えが出ない。
悶々とした日が過ぎる。


このままだと、アイツはダメになる…
蜩:「私が動くけど、いい?」
事情を聞いた私は学校に直談判することを黒猫に告げた。
蜩:「アイツのこれからを考えて、配慮ある処分をお願いします」
学校側もそれは了解してくれた。
それからすぐに事情を知ってる黒猫の友達も全員呼ばれた。

早かった。

すぐ、処分が下された。

自宅謹慎。  期限は未定。




黒猫・蜩:「これでよかったんかなぁ・・・・」

疑問が出た。
スッキリしないが、もやもやが少し晴れた。

アイツと同罪の奴らがみんな学校を辞めた。
黒猫:「まさか、辞めないよな…?」
不安が頭をよぎる…




3週間後。


アイツは来た!


黒猫:「私入れて6人ほど来るけど、いいかな?アイツも来るよ~
○○の復帰祝いだもん!」

と黒猫から電話。

蜩:「しゃあないなぁ、松茸ご飯作ってやるわ!」
電話の向こうから、やったぁ!と黄色い声が。

来るわ、来るわみんなで6人(男3人、女3人)
カップめん食べたり、ご飯食べたり、わいわいがやがや・・・
他愛もない事しゃべってる。
誰も事件の事は触れない。暗黙の了解?
アイツも前と変わらず馴染んでる。

学校でも他のクラスの友達がテストなのに休み時間に見に来て、笑顔で声をかけてくれていたらしい。
クラブの先生も、「戻って来たいのだったら、いつでも待ってるぞ」と言ってくれたそうだ。
クラス担任も「辞めるつもりじゃないやろな?おまえを心配している奴らがどれだけいるか知ってるか!奴らの気持ちも考えてみろ!」と言ってくれた。

○○の事、ホントに心配している人間がこんなにいることを、我事のように嬉しかった蜩でした。

「仲間って、いいよなぁ~」


                         by 蜩

おいしい枝豆の茹で方は?

またまた、食べ物ネタでございます。

主人が今度は枝豆を貰って来ました。
自宅で作られたそうで、枝ごとドサッと。

枝豆の旬は夏だと思われてる人が多いと思いますが、実は秋の新米がとれる頃なんです。
豆がプリプリして美味しいんですよ!

そこで
今日は枝豆の美味しい茹で方をお教えしたいと思います。

①枝豆のさやは両端を少し切り落とします

②汚れを落とすために、こすり合わせて洗います。(2~3回水をかえる)

③ざるに上げて、塩をめいっぱい振って刷り込ませ、しばらく置いておく。

④鍋に豆がかぶるくらいの湯を沸かし、③の豆を塩ごと入れる。

⑤強火で沸騰してきたら吹きこぼれない程度の強火にして、5~8分茹でる。

⑥途中で食べてみて柔らかかったら火を止め、ざるにあげる。

⑦早く冷ます(そのままだと、熱が入りすぎる)

枝豆

出来上がり~ \(^o^)/

色がちょっと黒っぽいのは黒豆の枝豆だからです。
黒豆は美味しいですよ~
アニメ『美味んぼ』でも取り上げてました。
兵庫県丹波地方の黒豆は絶品です。値段はお高いですが…
機会があれば、黒豆の枝豆を食べてみてください。

枝豆と言えば、ビールのおつまみですが、
私は、飲んだら寝てしまうので、滅多に飲みません。あまり強くないので…(-_-;)
娘も酒のあてが好きなので、一緒にパクパク食べちゃいます。

昔は結構のめたのになぁ~(T_T)
ちょっと寂しい今日この頃の蜩でありました。

コブクロ ばんざい!

こんばんは、蜩です。(^◇^)

以前、黒猫が好きな音楽・アーティストについて書いてましたが、
あのリストの中には私所有のモノもあったのです。

だから、
今回は自分の好きなアーティストについて、語りたいと思います。
退屈されるかもしれませんが、そこはご勘弁下さいませ。


今、
一番好きで、よく聴くのは
   コブクロ 
んも~大大大好き

デビューの頃からのファンです。(*^_^*)
ラジオで聴いたのが始まりで、何度か聴くうちに彼らの発するメッセージに共感を持ち、
歌詞に感動し、曲に癒されました。
低音ヴォイスフェチの自分には、黒田さんの声はストレートに突き刺さりました。
まさに、knockdown!\(◎o◎)/
それから、『ここにしか咲かない花』『桜』がヒットし、我事ながら嬉しくて嬉しくて…(´ω`)
いいモノは多くの人に知ってもらいたいですもんネ。。

いつもは、寝る前に聴いてます。
何かいい夢が見れそうな気がするので。。

おススメは全部!と言いたいですが、
やはり『蕾』かな~
『永遠にともに』  『大樹の影』  『六等星』 などもいいですよ!

歌詞の中に、難しい言葉や漢字が出てくるので、意味や読みを調べたりするのも楽しみの一つになりました。

では、
今日はこの辺で。。蜩でした。。。。

It’s a MATUTAKE!

秋です。

とくれば、味覚の秋。

味覚の王様と言えば、

はい、
まつたけ!!!\(^o^)/
マツタケ

じゃ~ん!


昨日、主人が友人から頂いて来たのです。
自営業なので、知り合いが多く、何かしらよくいろんなものを貰ってきます。
(この間の、“のりまきあられ”もそうです。)

実は、松茸は今年2回目なんです。
前回はゴルフコンペの商品でした。
(こんな商品貰えるならなら、どんどんゴルフ行って欲しいわぁ~)

でも、
悩むのが、メニュー。
松茸ごはん、焼き松茸、お吸い物くらいしかレパートリーが無い私。
冷凍保存もきくらしいので、何本かはそうしようかと。
あまり慣れないものを頂くと、対処の仕方に悩みます。
贅沢な悩みとお思いでしょうが…ホント、悩む。。。

松茸自体は香りだけで、そんなに美味しい物ではないです。
(こんな事言ったら、頂いた方に申し訳ないですが)
私としては、シメジやシイタケなんかの方が好きですネ。
(庶民なので)
いっしょに料理したら、どうかな?
もったいないかな?

高級食材というものは、どうも苦手です。
まず、レシピがあまりない。
食べた事がないので、料理の仕方が分からない。
食べに行くのは、大歓迎だけど、自分でやるには…デスね。

実家に松茸山を持ってる知人は、
小さい頃からシイタケの様に食べてたから、別に高級というイメージは無いと言ってます。
すき焼きに入れたりするらしい。・・・・・・これは美味しいかも


なんだかんだで、結局食べ物ネタになってしまいました。
オヤヂさんすみません


                          by 蜩

読書の秋 第9回

黒猫が、雲の写真を出していたので、

雲の絵本をひとつ。


『雲のてんらん会』
くも

いせひでこ/ 文・絵  講談社


雲を、絵だけで描きあげた本です。
いろいろな雲と空の表情が見られます。

この表紙、実は携帯電話のカメラから撮ったので少しぼやけてます。
こっちが、新装版でデータが無かったからなのです。
この羊雲の絵の中に、何かいるのが分かりますか?


タイトルの“てん”の上の所に、犬が見えます。
この犬は作者である、いせひでこさんの愛犬、グレイなんです。
ハスキー犬のグレイはがんで亡くなりました。
でもこうやって、いせひでこ先生の作品に時々現れます。
先生がグレイに寄せる気持ちの表れなんでしょうね。

私の好みで、2作続けていせひでこ先生の作品を紹介させて頂きました。

この、『読書の秋』シリーズは冬になったらどうしようかと思い、
『絵本はいかが?』にリニューアルいたします!
今後とも、お付き合い宜しくお願い致します。

                     by 蜩

帰り道

sky

帰り道の空は
昼間の空とどこか違う味がある

羊が跳ねたり
いわしが泳いだり
クジラが潮を吹いたり

君を待ちきれず帰ろうとした僕や
部活が終わった周りの人は
その空を見上げて立ち止まる

その楽しくもおかしな空は
まるで「帰らないで」と泣き喚く子どもの様に
僕らが帰るのを邪魔している

「しょーがねーな」

そういいながらも笑顔の僕に
空が軟らかくほほ笑んだ
君のようにほほ笑んだ

冬も近付く午後5時30分

寒さに身を縮め
今日も空と共に君を待つ

「息抜き♪」「いやぁ…あんた十分してんじゃん!!!」

タイトルは黒猫の一人ボケツッコミです

さてこの頃、蜩(母)ばかり更新してる事にお気づきでしょうか!?(気付いてなかったらややショックです…)
その訳は…
黒猫が今テスト1週間前だからです…

これでタイトルの意味が分かったと思います笑

で、今日は息抜きに更新しております


テスト前と言う事もあり最近あんまり寝ていません…
昨日は4時寝。一昨日は2時寝の4時起き。(でもその後2度寝。笑)その前も4時寝。。。
で、たぶん今日も4時寝、もしくは徹夜。。。汗

ちなみに昨日は朝日が上がりかけてました笑

そのせいか昨日と今日、図書館に友達と勉強しに行ったのですが…
30分(かな…汗) 寝ちゃいました…(-_-;)
公衆の面前ではめったに寝ない黒猫がガチ寝デス…
ちなみにバスや電車など乗り物では寝ます。笑 でもガチ寝はしません…

いやぁ~夜行性を治そうと考えてはいるのですが、
黒猫はめっぽう朝に弱いもんで、寝起きはMaxに悪いです…
たぶんヤンキーに勝てますよ♪笑 

でもまぁ地道に頑張ろうと思います…
またテストが終わったあたりに更新しようと思います 
それまでしばしのわかれ!!!さらば!!!

読書の秋 第8回

秋。
日暮れが早くなり、夜が長くなり始める
肌寒い風が、心の中にも吹きすさぶ

こんな日は
心に温かい飲み物をあげましょう
あかりを灯しましょう

さあ
絵本の世界が広がりますよ


『はくちょう CYGNE CHANTEUR』
はくちょう

内田麟太郎/文 いせひでこ/絵  講談社

☆春、北へ旅立つ白鳥たち。
しかし、けがをした一羽が小さな池に残されていた。
池は静かに白鳥を見守っていた。

“(・・・・・もう すこしで。そうすれば きっと)
そう こころに つぶやいて、いけは むねが きゅんと つまりました。
(・・・・・なおって ほしいのに、どうして)
いけは なみだを にじませました。”

やがて、白鳥が飛び立つ日、
池は「さようなら」が言えない自分に腹を立てた。
だれの励ましもなく飛び立つ白鳥を悲しみ…

“その ときです。
いけは おもわず さけんでいました。
・・・・・はくちょうさーん

いけは とびたっていました。
はくちょうを おって。”

青い空を二羽の白鳥が飛んで行きます。
お互いを励まし合いながら・・・・


切なくて、切なくて…
白鳥に思いを寄せた池の気持ちが胸に染み込んでいきます。
思いが強くなれば、奇跡は起こるんだ。
二羽で空を飛ぶ姿が愛おしくて
「よかったね」とつぶやいてしまいました。

大大大ー好きな、いせひでこさんの絵が美しくて、
まるで生き物のように躍動感があります。
もう、芸術です。

※お願い
この本のサブタイトル “CYGNE CHANTEUR”の訳が分かる方、教えて下さい!

せんべいとアラレ。。

私は、ある事が気になると、とことん調べないと気が済まないという
ちょっと(かなり)困った性格デス。



先日、『Dr.スランプ』のブログを書いててふと、気になった事が…

“せんべい”と“アラレ”の違いってなに? ついでに、“おかき”も… 
       (食べ物のせんべいとアラレです。)

調べてみると、

【せんべい・煎餅】
小麦粉に卵・砂糖・水などを加えて溶いて焼いた瓦煎餅の類と、
米の粉をこねて薄くのばし、醤油や塩で味つけして焼いた塩煎餅の類とがある。
関東では、水でといた米の粉を蒸して搗(つ)き、薄く伸ばして型で抜いたものを焼いて醤油などを塗ったものが多い。


【アラレ】
餅を賽(さい)の目などに細かく切ったもの。
炒(い)ったり揚げたりして味を付けた食品もいう。あられもち


【おかき】
欠き餅(もち)のこと。もと女性語。



つまり
“せんべい”には、甘いもの(瓦煎餅、南部煎餅など)と、塩辛いもの(草加煎餅など)があり、
薄く平べったい物で
“アラレ”はコロコロした形の物で、甘いのも塩辛いのもあるんですね。ひなあられを見ればよく分かります。
“おかき”は関西だけの言葉ですかね?


そういえば、子どもの頃
正月にお餅を搗くのは当たり前なんですが、
2月頃に“寒餅”と言って、餅に海苔、干しエビ、豆、ゴマなど練りこんでいろいろなのし餅を作ってもらいました。
それが硬くなったら、2~3㎜幅に薄く切っていき、一枚一枚広げて乾燥させるのです。
1週間から2週間で完全に乾燥したら、缶に詰めて保存します。
火鉢やカンテキ(七輪)で餅を焼くように、かき餅を焼いて食べました。結構難しかったのを覚えてます。油で揚げても美味しかったですね。
かき餅を切る時に出る、端っこのところをサイコロ状に切って同じように乾燥させたのもを、母がよく油で揚げてくれました。学校から帰ると、よく置いてありましたね。

こう考えると
自分はなんて贅沢な子ども時代を過ごしてきたのかと、痛感します。


ああぁ~あのおかきが食べたくなったなぁ~


                           by 蜩

どこかで聞いた名前。

昨日、主人が貰ってきたお菓子を食べようと、

お菓子箱(子ども用なのですが、すでに私用に)をガサゴソ…


「あったあった!これこれ!

一口大の海苔が巻いてあるオカキ。

包装をといて・・・・・・

「ん?」

のりまきあられ


“の・り・ま・き・あ・ら・れ”?!

まんまなんですが、

「どこかで聞いた事のある名前…」

そうです。

知っている人は、知っている。知らない人は、ごめんなさい

「んちゃ!」の
     『Dr.スランプ』 則巻アラレ じゃん!


※知らない方へ 
『Dr.スランプ』とは、週刊少年ジャンプに連載(1980年~1984年)された鳥山明の出世作。
ドクター・スランプこと、天才博士・則巻センベエは独身の気ままに少女型アンドロイドを完成させるのだが…思惑とはかけ離れた、ド近眼、馬鹿力の持ち主に出来上がってしまった。ロボットだと言う事を隠しながら、ペンギン村のちょっと(かなり?)変わった住民たちとかかわっていく、チョードタバタギャグコメディ。
テレビアニメ化もされている。


私としては、ピースケが好きでした。可愛かったから。


とりあえず、“のりまきあられ”は美味しかったです。


                       by 蜩

これは何でしょう?

おやすみ


人がブログ書いている間、

となりで気持ち良さそ~うに寝ているウチの

愛犬です。

犬種はシーズー。

6歳です。(人間にすると、40歳くらい)

どこが顔か分かりますか?

黒いところが耳です。





むーっちゃ かわいいです (>ω<)ノノ







親バカでした。(-_-;)


                         by 蜩

私の相棒 其の1

日頃お世話になっている、身の回りの相棒達をご紹介するコーナーです。
(勝手に作っちゃったけど、まっいいか!)

で、第一回は
“活力なべ”君です!

活力なべ

いわゆる、圧力鍋です。
アサヒ軽金属工業(株)さんが作られているのはちょっとお高いのですが、商品としては最高に良い物です。
部品はすべて交換可能で、アフターサービスも万全!
何より、料理が早い!美味しい!
それは気圧の違い。高圧調理時:2.44気圧、低圧調理時:1.68気圧 なんです。
っと言っても、分からないか

今日は、この鍋でおでんを作っています。
大根の下茹でに、普通の鍋だったら30分以上かかりますが、火にかけて錘が振れれば1分でOK。
後は、余熱で調理します。鍋を空けて、ダシや調味料を入れひと煮立ちしたら材料を入れてコトコト煮ます。圧力掛けると、軟らかくなり過ぎるので私はそのままに。火を止めて、蓋をすると余熱調理ができます。

煮物もいいですが、ご飯を炊くとモチモチしてて、とても美味しくなります。
炊き込みご飯を作ったら、4杯もおかわりしたヤツがいたっけ…
煮魚だと、骨まで食べられます。

何かと便利なお鍋です。もう、手放せないですね!


                           by 蜩

キンモクセイ

金木犀1
キンモクセイの花言葉は、
               「あなたの気を引く・謙遜」
                                        だそうです。

まさに、ピッタンコのことばです。

あの可憐な花とは対照的に、遠くからでも気づくほどの強い香り。
“かわいい顔して、大胆な小娘”
みたいな。

ポスティングの道すがら、あちこちの家の垣根から香るキンモクセイ。
「いい香りだな~」
と思っていたのも束の間。

・・・・・まただ。

・・・・・ここもだ。

・・・・・・・・・・・・。

先日のアップルパイではないけれど、
良い香りも、何度も嗅げば気分が悪くなる。

“あなたの気を引く”娘も、たくさんいれば、
うっとうしくなるもんです。(-_-;)

何事も、ほどほどがかわいい。


かな?



                             by 蜩

お腹が空いたら…

今日、午後のポスティングの帰りに黒猫&友人2人と一緒になった。
彼女はこれから直行で習字教室へ行くのだけど、2人のかたわれが、
「おなか空いた~炭水化物持ってない?」と。
持ってたら、私が食べてるわぁーっと思いながらも、にこやかに否定しつつ3人と別れた。

その帰り道、
買い物のためスーパーに寄った。
そこにあったあるものが私を立ち止らせた。

「こんがり風味 みたらし団子」  \(◎o◎)/! 1割引!

買ってしまいました。

みたらし団子


疲れた時、甘い物が良いですよね(^◇^)b
5本入りを黒猫と半分こしました。
私が3本、黒猫2本。(半分こ?)
美味しかった~

ご飯前にこんなの食べてしまったら、大丈夫かな?



                         by 蜩

読書の秋 第7回

今回は続けて絵本の紹介をします。
(実は、ネタが無い~!)


『おぼえていろよ おおきな木』
おぼえていろよおおきな木
佐野洋子/作・絵  講談社

☆見事な おおきな木が ありました。
おおきな木のかげの 小さな家におじさんが住んでいました。

春になったら おおきな木はたくさんの花を咲かせます。
郵便屋さんが木を見上げて褒めました。
でも、「おれには とんでもな木さ」とおじさん。
朝になると 小鳥がさえずり、おじさんは寝不足。
洗濯物を干すと、影になって乾きません。
ハンモックで寝ていると、毛虫がぶら下がってくる。
秋になると 木になった赤い実を近所の子どもが盗みに来る。
掃いても掃いても、木の葉が落ちてくる。
その度におじさんは 木をけとばしながら
「おぼえていろよ!」
と言うのでした。

冬になって 木の上から雪の塊がおじさんの上に落ちてきました。
我慢できなくなったおじさんは 斧を持ち出して
とうとうおおきな木を切り倒してしまいました。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

おじさんは
春が来たのが分かりませんでした。 花が咲かなかったから…
朝になったのが分かりませんでした。 小鳥の声がしなかったから…
お茶をしても 木陰がありません。
洗濯をしても ロープを掛ける枝がありません。
お昼寝をするのに ハンモックをぶら下げる木がありません。
秋になっても赤い実はなりません。 見上げると 空があるだけでした。
冬になり雪がどんどん積もってきます。
郵便屋さんが「目印がなくて困るなあ」とブツブツ言いました。

雪が解け始めました。
おじさんは おおきな木のきりかぶを見て、ため息をつきました。
そして きりかぶの上に倒れて、大きな声で泣きました。
いつまでも…

すると、
おじさんは きりかぶから小さな芽が出ているのを見つけました。

それから おじさんは毎日木の芽に水をやりました。
木はぐんぐん伸びてゆきました。


失ってからはじめて知った、本当に大切なもの。
無くなると、その有り難さ、存在が急に大きくなるんですね。
目先の事にとらわれないで、
自分の周りの大事な人達を大切にしていきたいです。

ちなみに、
この作者 佐野洋子さんは、(ご存じの方もいらっしゃると思いますが)
『100万回 生きたねこ』 の作者です。
100万回生きたねこ

こちらは、名作中の名作なので、説明は省略しますね。

私の大好きな作家の一人なので、ぜひ読んでみてください

                        by 蜩

雨が降ったら…

今日は雨です。

一雨ごと、確実に秋が深まってきています。
少し色付き初めた山の木々たちも、 しっとりと濡れています。

しかし、寒いです。
私はまだ、衣替えをしていません。
替えようと思うと、暑いくらいのいい天気。
「もうちょっと、後でもいいかぁ~」
と、のんびりしてたらこの寒さ!

娘には、“衣替え”と言う、校則があるので、必然的に長袖ブラウスに替わりました。
主人は、車通勤なのであまり気にせず半袖Yシャツを着て行きます。
(自営業なので服装はあまり気にしません)
私は、バタバタしてるので半袖Tシャツで十分。
と、思っていたら、この寒さ!

雨が降ると、ポスティングもできません。
って言うか、輪転機が故障して今週分のチラシがまだ来てないのです。(泣)
もうすぐ来ると思うので、それまでに衣替えしようかな?
もう、あの夏の様な暑さは来ない事を祈ります。

                         by 蜩

読書の秋 第6回

秋も深まってきました。

こんな時にはちょっとしんみりしたお話を…


『ぶたばあちゃん』
ぶたばあちゃん

マーガレット・ワイルド/文 ロン・ブルックス/絵 今村葦子/訳

☆ぶたばあちゃんと孫むすめは、ずっと長い間、一緒に暮らしてきました。
二人は何もかも、仕事まで分け合っていました。

ある朝、ぶたばあちゃんは、起きてきませんでした。
「なんだか、くたびれちまって」と、ばあちゃん。
そんなこと今までなかったのに…
その日は1日中起きてきませんでした。
次の朝、ぶたばあちゃんはまだよくなってないのに起きてきて、
「今日は忙しくなるよ。私は支度をするんだからね」と。
孫むすめは分かっていました、その支度が何かを…

ぶたばあちゃんは図書館に本を返し、銀行の口座を閉め、支払いを全部済ませて帰って来ました。
そして残りのお金を全部孫むすめの財布に入れて、
「大事にして、賢く使うのよ」と言いました。
それから二人でゆっくりと街を散歩しました。
あらゆる景色をその瞼にとどめるために。

その夜、孫むすめはばあちゃんに言いました。
「私がまだちっちゃくて、怖い夢を見た時、ばあちゃんはいつも私をギュッと抱きしめてくれたわ。だから、今夜は私がばあちゃんをギュッと抱きしめていたいの。いい?」
「もちろんだとも」とばあちゃん。
ばあちゃんと孫むすめは、これを最後に次の朝までしっかりと抱き合っていました。

何回読んでも、泣いてしまいます。
ぶたばあちゃんの様に、自分の最後くらいは自分の納得いくように終わりたいです。


                            by 蜩
蜩の最近読んだ本