今年はいろいろありがとうございました!\(^o^)/

今年もあと1時間を切りました。

ブログを始めて、半年足らず。

訳も分からず突っ走ってきました。

親子でどこまでできるか、不安だらけだったけど、

皆さんの、応援コメントで頑張って来れました。

しょうもない話にも、付き合ってくれたねぇ~ (黒猫)




ホント

ありがとうございました!   m(__)m




来年は、もっと

パワーアップして行きたいと思いますんで



ヨロシクお願いしまーす!  \(^o^)/


                    by 蜩&黒猫
スポンサーサイト

おいしい おみやげ。

主人が会社の仕事を納め、友達と飲みに出かけました。

晩ごはんもいらないので、二人で簡単ごはんを済ませお笑い番組を見ていたら、ちょーご機嫌で帰って来ました。

飲みに行ったところの近所に和菓子屋さんと駄菓子屋さんがあるので、お土産をいくつか持って帰って来ました。

和菓子屋さんから…

和菓子

キレーイ! 食べるのもったいないなぁ

でも、そこで困った事が…
私は和菓子が食べられない! (>_<) 

そこで、1つ食べた黒猫に感想を聞いてみた。
黒猫:甘いよ。ハンパ無く。
とりあえず、一番甘くなさそうなのを食べました。

あまっ! Σ(゜Д゜;))) 
3分の1ほど食べたけど、残りは黒猫にあげました。
やっぱりダメだなぁ~


さてさて、お次は駄菓子♪
ちょっと、面白いのがありました。
寿司?

しめさば? エビマヨ?
寿司味のチョコレート? と思いきや、ふつうのチョコレートでした。

ただ、
当たり付きなので見てみると、
ごめん

はずれだったのですが、ご丁寧に“ゴメン”と書いてありました。  
カワイイなぁ~ (*^_^*)

もう一つ。
きなこの山

“きなこの山?”
どこかで聞いたことがある名前…

他に、いろんなお菓子がありました。

黒猫へのお土産だったのですが、どうも私が一番喜んでいたようです。(^_^;)


                       
                         by 蜩

干支飴。

来年の干支は、ねずみ “子”です。

そこで、ちびっこたちのお年玉にこのネズミの飴を一緒にあげる事にしました。

                ネズミ飴

でも、

どうしてもウサギに見えるのは私だけでしょうか?


                           by 蜩

ぷ・り・ん ♪

年末の忙しさに託けて、更新、訪問サボっておりました。m(__)m  

これから年末年始にかけて停滞するかもしれませんので、ご了承ください。

どうか、忘れないで下さいね。\(゜ロ\)(/ロ゜)/


さて、
年賀状もできた事だし、ちょっといっぷくにおやつをいただきました。

プ・リ・ン でーす!
プリン

しかも、かぼちゃプリンキャラメルプリン
私がかぼちゃプリンを、黒猫がキャラメルプリンを食べました。

かぼちゃプリンは、
カボチャプリン

めいっぱい入ってて、かぼちゃの味が濃厚なんです。食べた瞬間、“かぼちゃだーっ!!”って感じ。
まったりとした食感に、カラメルソースの苦味が何とも言えません。(≧∇≦)ノノ

そして、キャラメルプリン。
カラメルプリン

見てお分かりでしょうけど、上のふちから1cm下がったところからしか入ってないのです!
かぼちゃプリンはめいっぱい入ってたのに…  詐欺だ~! (ToT)
でも、
味はこちらも濃厚でちょっと苦味が利いていてとっても美味しかったです。

どうしてプリンを食べると、こんなに幸せになるのでしょうか… (*^_^*)

二人で、まったりとした最高のひと時でありました。


                        by 蜩

クリスマス ケーキ。

Merry Xmas! \(^o^)/

皆さんは、どんなクリスマスを迎えてますか?

私と黒猫は、家族で過ごしています。
主人が仕事だったので、ちょっと可哀そうだった。(^_^;)

毎年の事なんですが、クリスマスケーキは自分で焼きます。
しかも、チーズケーキ。
今年は黒猫に焼かそうと思ったのですが、宿題がハンパなくあるということで逃げられました。(>_<)

午前中は風邪気味だったので、大事を取って休んでいました。
昼からしようと思ったのですが、今日が期限の本があったので読んでました。
その本って言うのが、『おいしいハンバーガーのこわい話し』
おいしいハンバーガーのこわい話

「この前、食べたとこやん!」
と、思いながらも読んでいくと止められなくなった。
読み終わって、今の日本はまさにアメリカのコピーになって来てるなと感じました。
そして、恐ろしくなりました。こんなのほおっておいていいものなのかと…
ミートホープどころじゃないな。
食の安全はどこに行ったのでしょう…?


ん?  そんな事より、ケーキ焼かないと! 

とりあえず、図書館に行って本を返してそのまま買い物に。
帰ってきたのがもう5時前。
今から焼くのかー! 仕方ないな…

取り掛かったその時、主人が帰って来ました。
早いよ~(T_T)
オーブンが約1時間かかるので、それまでに何か作らないと…
冷凍ピザがあったので焼いておきました。

ピザを食べながら、ワインをちびちび飲んでる主人を横目にケーキと食事の準備をしました。
黒猫にも手伝わせて。

焼けたのはいいけど、チーズケーキは荒熱取ってから冷蔵庫で冷やさなくてはいけません。
まぁ、食事してる間に冷えるだろう。

それより、気になったのがチーズケーキに使ったクリームチーズの箱の写真。
ン?

これって、レアチーズケーキじゃないのかな?
だってベークドだと、
チーズケーキ

こんな感じになりますよ!(ーー;)

まぁ、そんなこったで食事も済んで、片付けも終わって、ケーキを食べる事に。
黒猫は4分の1でもOKと言ってたんですが、さすがに止めさせました。 太るぞ~
結局は6等分したんですが、一口食べると…
黒猫:なんか、ぬるい… (^_^;)
えっ、まだ十分冷えてなかったんだ。
6分の1で良かったね。

残りは、明日また食べましょう~ っと (*^_^*)


                      
                      by 蜩

○○ふんじゃった♪

天気も悪いし、冷蔵庫にはモノが溢れてるので(頂き物が多くて…)
今日は買い物に行くのをやめました。

そうだ!
年賀状のスタンプでも押しておこう!
今年は、ワープロが壊れ、プリンターも購入できず、印刷に出すのも忘れたので
仕方なく手書きをすることに…
宛名書きは黒猫に手伝わすつもりなので(あれでも書道の有段者です)
とりあえず裏は自分でやろうと、ペッタンペッタンやってました。

全部終わって、休憩にPC向いブログのコメントを書いていると…

ピンポーン!

蜩:はーい
新聞屋さん:○○新聞ですが、集金に来ました。
蜩:ちょっと待って下さい!
財布探し、あわてて玄関へ向かった私は、



むにゅ

いや~な触感を左足の裏に感じた。



ぎゃあぁーーーーーっ!!!  Σ(>□<;)

と出そうな声を抑え、ひきつった顔で新聞屋さんに支払を済ませた。

恐る恐る後ろを振り返ると、そこにあったものは

愛犬Rのう○こでした。(>_<)

散歩の時間まで我慢できなかったんだなぁ~(/_;)
幸いコロコロだったので、さっさと片付けたけど、私が踏んだ所が床に貼りついてしまってて、ちょっと取れにくかった…(T_T)

本人(犬)は素知らぬ顔で、ぬくぬくと寝てました。

その後、黒猫が散歩に連れて行くとおしっこだけして、サッサと帰ったようでした。
寒いのが嫌なのかな?  わがままお嬢さんなので…

何かと、問題起こしてくれる我が家のRは、今あったかハウスでおやすみしてます。


                      by 蜩

メガマックに挑戦!

この時期になって、やっと動き始めた蜩です。(>_<)
年賀状買ったり、お餅の注文したり、おせちの材料仕入れたり、カーテン洗ったり…  
だから、すみません。  更新、コメ返し、訪問サボって…  m(__)m


今日は、黒猫を荷物持ちにクリスマスその他の買い物に出かけました。

朝から雨降りなので、なるべく外を歩く事を控えたかった。
しかし、用事は一度に済ませたい私は強硬策に出ました。

まずはバスでユ○クロ行って、黒猫の通学用のカーディガンを購入。
そこからバス、JRでデパートなどがあるショッピング街に到着。
すかさず、本屋で買い物。黒猫のダチの誕生日プレゼントを買ってると、もう、すでに1時を回ってる!
黒猫:お腹空いた~ 早くマクド※に行こー!
     ※ 関西では、マクドナルドの事をマクドと言います
クーポンがあるので、久ぶりのマクド行きです♪

そして黒猫は、密かにあるものに挑戦しようとしていました。
それは、
メガマックを食べる事です! \(^o^)/

もうお昼を随分過ぎているので、空いているかな?と思いきや、
まだ、結構混んでる。(>_<)
そこで、隠れマクドの向いました。
そこは、メインストリートから少し離れた所にあり、知る人ぞ知る穴場のマクドなのです。
私が仕事をしてる頃からあるのでもう、20年以上経つのかな?
着いてみると、案の定空いてました。
早速、注文。

蜩:メガトマトセットにチキンフィレオ、ジンジャーエール、マックフルーリー(カステラを溶けかけたバニラアイスに混ぜ込んだようなもの。甘い)でお願いします。
てきぱきと仕事をこなすスタッフ達を関心しながら見ていると、
M:お待たせいたしました~!
と、おねいちゃん。
相変わらず、早いね。 さすがファーストフード!

トレイを持って2階へ上がる。
席を取ってくれていた黒猫のテーブルに置く。
黒猫:わぁ~!これが噂のメガマック! 
      いっただきまぁーす!   ガブッ 
      あれっ? トマトがない!! Σ(゜Д゜;)))
      それに、なんかこれちっちゃい。


良く見ると…
メガマック?

ベーコンも無い!

急いで、持って行って事情を告げると、
M:申し訳ございません! すぐに新しい物と交換いたします!
さすが、対応が早い! 世界のマクドナルドだね。 (^_^)v

1分ほどで新しいメガマックができあがり、受け取ったのですが、
一口だけしか食べてないメガマックもどきの事が気になりました。
あれは、すぐに廃棄処分だろうな。   なんか、もったいないなぁ~ (ーー;)

2階に上がって黒猫に新しいメガマックを渡しました。
これが本物。
メガマックー!!
メガマック

食べるのに、かなり苦労してた黒猫です。

ポテト、マックフルーリーを食べながらジンジャーエールを飲む。
かなりお腹がパンパンになったようでした。

私は今回挑戦しませんでしたけど、次回はノーマル(?)なメガマックを食べてみたいと思います。

その後も、買い物三昧(でも、自分のものはない)で帰りました。

あっ、そうそう、帰りに黒猫は大好きな駄菓子屋に寄ってましたョ。

帰ると、バタンキューで寝てました。二人とも。(^_^;)


                       by 蜩

辞めて、スッキリ?

昨日、10年間携わってきた小学校の図書ボランティアを辞めてきました。

スッキリするつもりだったのに、未練たらたらでどうしようもない自分がいます。


娘が小学校に入った時、小さなお手紙を持って帰って来ました。
『1年生歓迎会 人形劇 ぐりとぐら  見に来てね!』
「へぇ~ 小学校にも人形劇サークルがあるのかな?」
幼稚園の人形劇サークルに入ってた私は興味津々娘に聞きました。
「うん、面白かったよ! お母さんもやったらいいのに」
その手紙の下に書かれてた、メンバー募集の文字。
次の日には電話をしていました。
見学だけのつもりが、すぐに正式メンバーになってまいした。

図書ボランティアとは。
週に1回、休み時間を利用して、子どもたちに本を読んであげたり、本の整理、修理をする。
歓迎会やクリスマス会などを開き、人形劇・ペープサート・パネルシアター・紙芝居を見せる。
子どもたちにもっと本と触れあって欲しくて、前任の校長が創られたボランティア集団です。
現在、全国的に普及しているそうです。

始めは本についての知識なんてほとんどありませんでしたが、自分も学校の図書館に入り浸っていたので、この空間の居心地良さは昔を思い出させてくれて、すぐに馴染んでいました。
ここで寝泊まりしてもイイくらいに…
子どもの本の魅力に取りつかれ、とくに絵本にはすっかりハマってしまいました。

どうすれば子どもたちが本を手に取りやすくなるか、探すのが簡単にならないか、興味を持ってくれるか・・・・・図書担当の先生とよく話し合いもました。
公共図書館も参考にし、本校独自の方法を活用してきました。

しかし、去年度から文科省の通達で、3年計画で試験的に司書を置きその成果を報告する事になったわが市は、小学校4校中学校1校のモデル校に3人の司書を置きました。
その内の1校が私がボランティアに行っている小学校でした。
その司書は2校を掛け持ちで、週2日の勤務です。
まず最初にした事は、私達が活用してきたやり方の否定でした。
ショックだったのは言うまでもありませんが、これが本当のやり方なんだと考え方を切り替えて作業に従事しました。
確かに専門家がやる事は理にかなってるし、素人判断の怖さを実感しました。
やっと新しい(これが本式?)やり方に慣れてきた頃、いくつかの疑問が沸々と湧いて来たのです。
(専門的な事なのでここには書きませんが…)

言われるままに従ってきた私ですが、やはり納得いかない事はできない自分が許しませんでした。
子どもたちの為にやってきたことが、こんなに形式ばったモノにしていいのか?
もう、あの図書館を見る事さえ辛くなった私は、今月で辞める決心をしました。

そして昨日、最期の日、お世話になった担当の先生と事務員さんに理由を言って去っていきました。
とても残念がって下さったことだけが救いでした。
すっかり変わった今のメンバーには一言も告げませんでしたけど…
古い考えの私がいては、新しいメンバーにいい影響を与えませんし、もともと考えが食い違っていたのもあったので、最期のわがままさせてもらいました。

帰り道、スッキリするかなぁ~と、思ってたいたのですが涙が止まりませんでした。
やっぱり、未練いっぱいなんだ。


つまらない話に長い間付き合って下さって、ありがとうございます。


                           by 蜩

卵焼き♪

寒くなってきましたが、皆さんお風邪などひかれていませんか?

私達親子は元気です!  たぶん…


放し飼いの鶏が産んだ卵をいただきました。

早速、卵ケースに移そうとしたら3個割れていました。 (T_T)

仕方ないので、卵焼きでも作ろうと思いました。

そしたら、

こんなに美味しくできました!
卵焼き

なんか、光ってる?

それだけの話でした。


                     by 蜩

ケ・ケイタイが…

はいはいどうもどうも~パチパチ

黒デス!
猫デス!

二人合わせて黒猫デス♪
よろしくお願いします(^o^)丿

いやいや最近寒なりましたねぇ~
ホンマに!!夜がさむーて身も心もカチコチですわ…
そんな時には僕を呼んでください!
なんでお前やねん?
僕の心で君の心まで溶かしてあげるからさッ♪


………




スイマセン(-_-;)
漫才好きの黒猫デス☆
(前置きは気にしないでくださいm(__)m)



さて今日黒猫に最悪の(最悪でもないか…)自体が発生しました!!!


朝、黒猫は目ざましが鳴ってないことに気付き目を覚ましました。

そしていつものように温かい毛布からいそいそと手を伸ばし、

携帯の横のボタン(横のボタンを押すとサブディスプレイが光るのです)を押し時間を見ようとした…

その時!!!





つ、つかない!!!Σ(゜Д゜;)//

しかも…

ま、待ち受けが藤クンじゃな~い!!!Σ(゜Д゜;)///

※ちなみにあたしの待ち受けは
BUMPの藤クンが歌っているところに“supernova”の歌詞が載っているものデス♪笑


とにかく画像は見れないし
着メロも聴けないし
Eメールも全て消えている…

What's happen!!!Щ(゜Д゜Щ)))笑←この時のあたしは(笑)どころでなかった…
つづりあってるかな!?笑

とにかく母に言ってみたが親子そろってわからない…

とりあえず学校もある事だし、電話とメールが使えない訳でもなかったのでそのまま持って行った。


学校についてから友達に相談してみると、
1人が
友:「寝る前どこに置いてた?」
と聞いたので
黒:「ロフトに引っ付けてるモノクロブーの入れ物の中…」

あ゛ぁ゛~!!!\(◎o◎)/!

そこで黒猫は気づいた…

モノクロブーの入れ物は…

磁石でひっついてる事に!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

それに気づいた友達は
友:「壊れた理由分かったか!?」
黒:「うん…磁石…」
友:「磁石のそばに置いてたら、ましてや入れてたら…壊れるな…」
黒:「うん…」

ってな訳で家に帰ってからウィルコムセンターに連絡しました。

受話器の向こうのお姉さんも困っておりましたよ…

で、結果は…



おーるくりあー&おーるりせっと…(/_;)

泣きそうでした…データ全部消えるってね…

でも、電話帳は無事だったためアドレスなどは母の携帯へ入れて


くりあー…(/_;)

今は画像もPCから取り、音楽も取り直したので若干復活しました!!!

でも、以後絶対磁石の近くに置かないと決意しました(-_-;)



来年の抱負

携帯を磁石のそばに置かない 黒

うん…頑張ろう…

ではでは~

もこちゃん?

この間、寒くなってきたのでヒーターを出そうと思い、
入れ替えに扇風機をしまうための掃除をしてた時の事。

扇風機を見る度、思い出すことがあります。

あれは、黒猫がよくしゃべりだした頃。
しゃべるのが早くて、1歳半検診の時には話せる語句を記入する欄が足りなかったくらいでした。
初めての言葉は“ぼーんっ”  
ボールのルが言えなくて、しばらくは“ぼーんっ、ぼーんっ!”と叫んで(?)いました。
でも、それから出るは出るは、ずーっと何かしらしゃべっている子どもでした。

その年の夏。 夏生まれなのでたぶん2歳くらいだったと思います。
扇風機を出して来ると、それに向い、

「もこちゃぁ~ん!」
と言って、抱きつくのでした。
あたかも、再会を喜ぶ友の様に。

・・・・・・・えっ (?_?)

しかも、何やらお話しています。
ぬいぐるみやお人形と話すように…
彼女にとって、扇風機はもこちゃんという名のお友達になったのです。

安全の為にネットをかぶせていますので大丈夫なんですが、作動している最中にも抱きついてお話しているのです。
髪の毛をオールバックにしながら… (ーー;)

怪しい奴でした。

子どもって、何にでも名前をつけたりしますよね?
(えっ、まさか黒猫だけ?)
でも、電化製品にまで付けるのは、いきすぎでしょうか…



と、思って10余年。

仲間がいたのでした!  \(^o^)/

黒猫のダチです。
彼も小さい頃、扇風機をピーターと名付けていたそうです。  (^_^;)

それも… だけど…
まあいいか。   『類は類を呼ぶ』 とも言うし…

でも、ナンデ扇風機なの?


                       by 蜩

絵本はいかが? Ⅶ 『はっぴぃさん』

前のブログで黒猫がかなりしょげてて、皆さんにご心配をおかけしました。 m(__)m
あとはあの娘がどれだけ変われるかなので、じっくり見ていきたいと思います。

さぁ、気を取り直していきましょう!

最近、絵本の紹介が多いとお思いの皆さん、ただのネタ切れなだけですから… (^_^;)


   『はっぴぃさん』
はっぴいさん
 文・絵/荒井良二  偕成社

☆はっぴぃさんは 困ったことや 願い事をきいてくれるのです。
山の上の おおきな石の上に はっぴぃさんは 時々来るのだそうです

“ぼくはのろのろ歩いて行きます”
“わたしはあわててバスに乗ります”
“はっぴぃさん はっぴぃさん どうぞ ぼくの わたしの 願いを聞いて下さい!”

二人は別々にはっぴぃさんのいる山にむかって行きますが、
何度も出会っては別れを繰り返します。
そして とうとう山の上の大きな石にたどり着きました。
石の端と端に座った二人は はっぴぃさんが来るのを待ちました。
いろんな動物が二人の前を横切るけど
どれがはっぴぃさんなのか分かりません。

二人がお互い 声を掛け合いました。
“はっぴぃさん 来た?” “ううん”

“君の願い事は なあに?”  と、女の子
“ぼくは なんでものろのろなので どうしたらのろのろじゃなくなるのか 聞きたかったんです
 君は?”
“わたしは なんでもあわてるので どうしたらあわてなくなるのか 聞きたかったの”

女の子は言った
“きっと のろのろなのは 何でも丁寧だからと思うわ”
ぼくも言った
“あわてるのは 何でも一生懸命だからだと思うよ”
二人は小さく笑いました。
大きな太陽も笑っています。

はっぴぃさんは来ませんでしたが、
二人は なんだか はっぴぃさんに会えたように思いました。
そして 陽が沈む前に山を降りました

はっぴぃさん はっぴぃさん 
ぼくらの願いをきいてください はっぴぃさん
はっぴぃさん はっぴぃさん
どうぞ どうぞ
はっぴぃさん・・・・・・・・・


つづく

大切なモノ

もうすぐ2学期も終わりです

黒猫デス☆




ちょっとこの頃思ったことを書きます。



皆さんの“大切なモノ”ってなんですか?



あたしは“”、“人間”デス

昨日ちょっといろいろありまして母に泣きながら怒られました。

今まであたしがしてきたことがどれだけ酷いか
周りの事を考えていないかよく分かりました。
本当はもっとちゃんと書きたいのですが言葉が見つからないので勘弁して下さい。

で、母との話の間であたしはどれだけの人に迷惑をかけたのかが分かりました。
特に友達には。

あたしは、友達を利用してたんです。

最悪ですよね

でも、そんな友達たちはこんなあたしを励ましてくれてるんです。

『しんどくなったら言いや!?』

『相談やったらのったるから』

『誰も迷惑なんて思ってないって』

なんで?

なんでこんなあたしにそんな優しい言葉を掛けてくれるの?

こんなに汚くて、
醜いあたしをなんでそんなに守ってくれるの?


それであたしは思いました。

今自分にできる事をできるだけやろうと。

それで、友達も親も安心してくれるなら

今までやってきたことすべて洗い流して

ぬるま湯から抜け出そうと。


甘い自分をどうにかしようと。




人間は一人では生きていけません。

誰かがいないと生きていくことができません。

でも、それに慣れて当たり前と思ってはいけません。

その人もいつかは目の前からいなくなるのですから。

あたしはこの歳で人間として失格なことをしました。


これから一つ一つ変えていこうと思います。


私事にすいませんでした。

ではでは


友達へ

神様っているよね。

クリスマスも近付いて、クリスチャンでもないのに心がワクワクしてきます。

神様ってモノを意識してきます。

神様ってホントにいるのかな?


私個人で思ってることですが、神様は自分の心の中にいるのです。
具体的にはちょっと難しくて言えませんが、あえて言うなら、見られてる存在なんです。
昔の人が、「お天道様が見てるよ」と言うのとよく似てて、どんな事をしても全部見られてる感じがするのです。
だから、悪い事をしたらきっと罰が当るだろうし、一生懸命やってるとその報いはきっとあると思うから、自分の行動に緊張感と責任が持てる。
いくらやっても上手くいかない時は、まだまだ頑張れと言う事なんだと思い我慢するようにしてます。


それとはちょっと違うかもしれませんが、
最近、不思議な偶然が何度か起きました。

【その1】
我が家はとてもミカン好き。買っても買ってもすぐに無くなります。
去年は生協さんで定期購入していたので無くなる頃には届いてました。
それを今年は忘れてたのでその都度注文しなくては…と、思ってた矢先、
高校時代の友達から、親戚のミカン農家が後継ぎがいなくて出荷できずのミカンが山ほどあるので貰ってはくれないかと、連絡がありました。
もちろん二つ返事でOKしました。
届いたミカンは、完熟摘みなのでとても甘くていくつでも食べられました。ヽ(^o^)丿
お礼のメールをすると、まだまだあるのでまた送るとの事。
こんな事ってあるんだなぁ~と感心しました。いやいや、感謝しました。


【その2】
私は大のコーヒー好き。1日に何杯も飲みます。
朝食のコーヒーはドリップしますが、その他はだいたいインスタント。
娘もカフェオレが好きなので、すぐに無くなります。
そろそろ買っておかないと、と思ってもそこは主婦、安くなるまで待ってました。
でもそんな時に限って安くならない。
もう限界か、と言う時に、主人が、会社のお歳暮に貰ったからと私の好きなゴールドブレンドのセット、6本も持って帰って来てくれました。\(◎o◎)/
これでしばらく買わずに済むわぁ


【その3】
来年こそ、ちゃんと仕事を探さなくっちゃと思ってた私。
そんな時、友人からメールが…
「私が今来てるところで一緒に仕事しない?」 と。
去年もそこでアルバイトしてた彼女は、今年も呼ばれて行っているようなのですが、人事の方から知り合いを紹介して欲しいと言われたそうなんです。
短期なんですが、堅い職場なのですぐOKしたかったんですが、主人と相談してからと言う事で待ってもらっています。
でも、行きたいなぁ。 と思ってる私。
主人を上手に言いくるめなければ…



以上ですが、この他にもあれ?ってな事がちょこちょこありました。

何かを望んでいる時に、それが実現する。
これは、神様の思し召しなのかな? と思ってしまいます。
タイミングなのでしょうけど、こんなにうまい具合に来るとちょっと戸惑ってしまいます。
ですが、ここは素直に受け取りましょう。
感謝、感謝デス。(*^^)v


                        by 蜩

真昼の惨劇。

今日の昼過ぎ、外から帰ってきた私は自宅の玄関のドアを開けた。

ガチャ   ん?  (ーー゛)

    なに?この匂い・・・・・?

  

リンゴ?違う。  もっと青臭い感じ…

いや~な予感がした。

もしかして・・・・・・

視線を部屋の奥に向けた。









あ゛ーっ!  Σ(゜Д゜;))))

カーペットの上に転がっているあるものを見つけた。

蕪


これは何でしょう?





蕪(カブ) です。

なんと無残な姿に…

犯人は、
おやすみ

コイツです!  (-"-)

ちょっと前に近所の方から頂いた野菜を、台所の床に袋に入れたまま置いてた。
葉っぱの付いた大根、ネギ、青梗菜そして蕪。
ほとんど食べてしまい、残ってたのが蕪。
昨日まで何事も起こらなかったから、大丈夫だと思った私がバカだった…

これが初めてじゃないのに…
実は、3度目。

1度目は、白菜。
新聞紙に包んであったのに、ボロボロにはがして食べてた。
カーペットの上は葉っぱが散乱。  
はぁ~ (ーー;)

2度目は、前記の大根の葉っぱ。
夜中にむしゃむしゃしている音で目が覚めた。
こらぁ~! (;一o一)

そしてこの3度目。

この ベジタリアン犬がぁー!!  o(>O<;)o

一応、悪かったような顔をしていた(?)けど、お尻ペンペンの刑に処しました。


                        by 蜩

ハテシナイソラ~歌詞~

寒くなってきましたねぇ~(-。-)y-゜゜゜

黒猫デス☆

久し振りに詩の記事です♪
でも、今回は普通の詩ではなく歌詞になっています♪

ちょっと前に作ったものなので『冬が近づいて…』などというフレーズがありますが
気にしないでください…(^_^;)

ではでは、『ハテシナイソラ』です




ハテシナイソラ


放課後の廊下で君を待っていた
ふと見つけた空の色
いつもは寒くて開けない窓を
少し開けて
あまりに綺麗な空に僕は見とれていた

冬が近づいているのがよくわかる秋空
その空には小さな穴が開いていて
中には暖かい色をした空が
広がっていた

息が白くなるほどの寒さ
でも
今はこの景色を見ていたいんだ

この空はいつもこんなに綺麗だったのか
いつも地ばかり見つめている俺には
気付けなかっただけかなぁ
目の前のことしか見えていない僕に
この空は一体何を語りかけるの


君がやっと教室から出てきた
ふと僕の視線の先に気付く
「わぁ」と窓から体を乗り出し
君はにっこりほほ笑んだ
空に負けない笑顔に僕は見とれたいた

夜が近づいているのがよくわかる夕焼け空
その空にはもう月があって
その月を夕焼け空が
染めていた

息が白くなるほどの寒さ
でも
今はこの景色を君と見ていたいんだ

この空はいつもこんなに素敵だったのか
いつも地ばかり見つめている僕には
気付けなかっただけかなぁ
でも君が今一緒に見つけてくれたから
ちょっとだけ安心できたんだ


少し空を見上げてみよう
つらい気持ちも少しは落ち着くかも
少し空を見上げてみよう
忙しい時にこそ落ち着かなきゃいけないから
少し空を見上げてみよう
いろんな事に気づくから 
君の優しさにも…


この空はいつもこんなに大きかったのか
いつも地ばかり見つめている僕には
気付けなかっただけかなぁ
足元見ても始まらない
今日それを空が教えてくれた だから

この空はいつもこんなに綺麗だったか
いつも地ばかり見つめている僕でも
いつかは気づけるよなぁ
この空のように
いつもある大切さに君の大切さに
いつも広がる 空に


いつでもどこでも僕や君の上には
果てしなくどこまでも
空が広がっているんだ



今回の歌詞いかがでしたでしょうか!?
普段あまり詩などに興味の無い方も見て下されば光栄デス

ではでは

絵本はいかが? Ⅵ 『サンタさんすきですといえなくて…』

もうすぐ、クリスマス!

んなことで、クリスマスにちなんだ本を紹介します。
ちょっと切ない、大人向けのお話ですよ(^^♪


             『サンタさん すきですといえなくて…』
                    サンタさんすきですといえなくて…
                      文・絵/ふくだすぐる  大和書房

☆サンタさんは、ある人にをしてしまいました。
でも、その人に「好きです!」と言えないのです。  何故なら彼はサンタクロースだからです。
サンタクロースは、好き嫌いがあってはいけないのです。
全ての人たちを平等に幸せにしてあげたい気持ちが、誰よりも強い人だけがなれるのですから…
しかし、その人の事を想うだけで切なくて、胸がキュンとなっちゃいます。

こんな自分はホントにサンタクロースなのだろうか…?
高いところはダメだし、犬が苦手だし、子どもに見つかったこともあるし、おまけに恋をしているし…
今年のクリスマスは子ども達にプレゼントを配る仕事をさぼって、恋をした女性に「好きです!」と言いに行くつもりなのです! このおっさんは。

サンタさんはサンタの国の王様に相談に行きました。
全てを打ち明けたサンタさんに王様は、
「こいつは恋の渦に巻き込まれ、今やサンタの格好をした、ただのおっさんと化してしまったー!」 
と言ったのでした。
そして、サンタさんは地上に降り、これからはひとりのおっさんとして生きて行く決心をしたのでした。

それを見てた、トナカイ達が王様に止めるようにお願いをしました。
が、王様は
「彼は初めて本気で人を愛したのだよ。 それを祝福してやりなさい。
彼は、サンタクロースになるために本当に頑張ってきた。 でもね、サンタクロースだから贈り物をするのではなく、それが自然に、ただ愛しているから贈り物をする時、その時がサンタクロースとしての一歩なのだよ。
そして、いつか気付くだろう。
本当の贈り物は、はじめから自分たちが持っていたという事を…

メリークリスマス!


まだまだあるよ!  

今夜は3本立て!!!☆~\(゜∇\)(/∇゜)/~☆

この間の記事で間違いがあり母に「おバカぁ~♪笑」と言われ、



この頃、いろんな事が起こりすぎて頭がぐちゃぐちゃで学校に行きたくないと思い、



今度のアルバムの発売を今か今かと待ちわびているほどBUMPをこよなく愛している


黒猫デス
(始まりがこうめいさんっぽくなってスイマセン…笑)



さて、今回3本立て☆~\(゜∇\)(/∇゜)/~☆
と、なりました。

で、何が3本立てかと言いますと

最初に出てきた3つの文のお話をこの記事の中に閉じ込めちゃおう♪
と言う事です。笑


それでは一話目行きっまーす!!!(アムロ!?&Σ(゜Д゜)//)

お・わ・っ・た・♪

テストが終わったぁ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/ヤッタ♪ヤッタ♪

黒猫デス

今日やっとあのテストが終わりましたぁ!!!(´∇`)ノシ
悪が…悪が…滅びましたぁ~(`□´)b(笑)

ってな訳でテストも終わり、今日は梅田へ遊びに行きました☆




男の子3人と♪




えっっ…!?Σ(゜Д゜;)//
って思った方もいるでしょう笑
気にしないで下さい。
良くあることです(゜_゜)うんうん

実は最初は同じ3人でも、よく一緒に行動しているゴンシュウ君T.K君だったのですが、そこに新たにY君が入り、
私事が発生したためゴンが参加せず…
結局残りの3人で行きました(^^♪

とはいうものの行くとこはいつも決まっている私達。
もちろん行くところは…



Towerrecord(タワーレコード)、石橋楽器、三木楽器、HMV♪♪
定番デス(^_^;)笑

色気ないお出かけです…(-_-;)笑
でも、馬鹿にしてはいけません!!!いや誰もなにも言ってないけど…(-_-;)

音楽、楽器好きにはたまらないんですから!!!(>д<)ノシ
実際私には最高の場所デス♪(´∇`)ノシ

そして、今日はその石橋楽器でこんなものを買いましたぁ~(*^^)v

BUMP 楽譜


BUMP OF CHICKENのアコギ譜面デス!!!(≧∀≦)//





しかもその中にはなんと…





BUMP 楽譜 目次


131曲も入っているのです!!!Σ(゜Д゜)♪

今の黒猫の宝の一つです(´ω`)b笑

また弾けるようになったらお伝えしますm(__)m

ではでは最近睡眠時間が短かったので今日は早く寝ます…(-ω-)zZZ

12月というものは…

もはや、あと20日で今年も終わりを迎える。

1年なんて、あっと言う間に過ぎてしまう。

それって、年齢を重ねる度に加速しているように思える。  錯覚かナ…?


年賀状に大掃除。

何一つ手を付けていない。  いいのかこのままで…  (ーー;)

お節料理はどうしよう?  作っても、毎年残るしなぁ~
でも、黒豆は炊かないと黒猫がうるさいな。  (^_^;)
元旦から実家に帰るし、少しにしておこうっと。
と、思っても毎年たくさん作ってしまう…  悲しい習慣。

あっ! その前にクリスマスがあるじゃないか!

おチビ達(親戚の子)にプレゼントを買わなくては…
今年もお菓子の詰め合わせでいいか。  親もその方が喜ぶしネ

ケーキも焼かねば…  例年通り、チーズケーキ。
これは楽チンでできるから、黒猫にさせようかな?
材料はもう買ってある。  なんて準備が早いのでしょう!   自分で言うな!

1月1日は主人の誕生日だ。  ホントは12月26日なんだけど
プレゼントはもう用意できてる。  私は貰えなかったケド…


なんで、年末はあれこれ用事が多いのだろう?

別に、何もしなくても年は万人平等に越せるはずだ!

(当たり前か。)


なんだかんだ思ってみても、年の瀬は迫って来る。

人の気も知らないで!    んっもぉー! o(>ω<)o



                    by 蜩の、ぼやきでした。m(__)m

絵本はいかが? Ⅴ 『さかな1ぴきなまのまま』

友達って、何でしょう?

たくさんいたら楽しいけど、いろいろ面倒な事もあるね。

自分に合った友達。
気が付けばそこにいる友達。
一番の友達って、誰が決めるの?


『さかな1ぴき なまのまま』
さかな1ぴきなまのまま
文・絵/さの ようこ  フレーベル館

☆ねこ君はおばあちゃんと一緒に住んでます。
「おばあちゃんの友達はだあれ?」 ねこ君が聞きます。
「ねこちゃん。それに、おてんとさまに自分。」
「そうじゃなくて、本当の友達の事聞いてるの! ぼく、友達探しに行く!」
ねこ君は友達を探しに出かけました。

しかし、誰とも出逢えません。
すると道に縄が落ちていたのでねこ君がひらおうとすると、それはスルスルと動きました。
へびだったのです。 ねこ君はビックリ。
そのまま何もなかったように去ろうとするねこ君にへびは親しそうに話しかけてきます。
「ぼく、友達探しに来たんです。 これも何かのご縁ですからご一緒しませんか?」
「い、いや、ぼく急いでいるので、じゃあ」 そっけないねこ君。
でも、後からにょろにょろついてくる、へび。

そこに、綺麗なお嬢さんねこが2人やってきた。
これはしめたと、ねこ君アプローチを掛けるが、
「私達、家柄の悪い人たちとは付き合えないのよ。」と、無残に振られてしまいます。
泣きそうになるのを必死に耐えました。 へびはそんなねこ君を慰めます。
その後も危険から救ってくれたへび…
ねこ君の中でへびの存在が大きくなります。

帰り道。ねこ君はへびに聞きました。
「ぼくはおばあちゃんちに住んでいるんだけど、君は?」
「あっ、そうだ、きっとぼく、今日そこに住むんだ。」
ねこ君は少し困りましたが、一緒におばあちゃんの家に帰ることにしました。
「晩ごはん、魚の塩焼きだよ」とねこ君が言うと、
「ぼく、焼かなくていいんだ」とへび。

家に着くと、おばあちゃんが、
「おまえは随分変わった友達お連れだね。」と言うと、
ねこ君はなんとかへびを置いてもらおうと頼みました。
仕方なくおばあちゃんが晩ごはんの用意に取り掛かると、
「魚、1ぴきは焼かなくていいんだ」 とねこ君。
「じゃあ、魚1ぴきなまのままね」 おばあちゃんはつぶやきました。


蜩のコメントは…

お・で・ん ♪

昨夜はマンションの集会があったので、晩御飯を朝から作ってました。
おでんをね。

主婦が外出で遅く帰るときや、夜出かける時なんかは、作り置きできるメニューが良いですね。(*^^)v
カレー・シチュー・おでん・等々。

おでんの具も、家庭色、地方色がありますよね。
おでん

ウチは、
大根・板こんにゃく・ねじりこんにゃく・ジャガイモ・ちくわ・ゴボウ天・厚揚げ・鶏手羽先・牛すじ・
餅きんちゃく・卵・ウインナー

かな?

練り物があまり好きでない家族なので少ないですね。
こだわりは、手羽先を焼いてから入れる事。香ばしさがでますよ。
あと、ウインナーはよそで御馳走になった時に入ってたのを真似ました。
美味しいですよ!子どもに喜ばれます。

ダシは、いつもは昆布と鰹節なんですが、この日は買い物先で鶏がらを見つけたので、鶏がらスープを作って加えました。
なかなかいいですよ。(*^^)v

皆さんの御当地おでん、教えて欲しいですね。ヽ(^o^)丿


                          by 蜩

帰って来たぜ2000年~☆Ξ(えっっ!?)…笑

お久しぶりにPC上に帰ってきた黒猫デス♪\(゜ロ\)(/ロ゜)/♪
みなさん忘れてないですよね!?(;∀;)//泣笑

実はまだテスト期間なんですけど、息抜き(!?)にPCに向かってます

なんせあとテストが期末と学年末しかなく今(点数を)取っておかないと…ネ


まぁなんかいろいろありましたよ~ブログ書いてないうちに…(-_-;)
まぁ書いたら長いんで書きませんが



さぁ~て今日ブログを書いているものの…

ネタがない…ΣЩ(゜Д゜Щ;)

ってな訳でいまさらですが新しい方もいらっしゃいますし黒猫の中身について書こうかと…

ってみんな興味無いよね…(/_;)

まぁでも黒猫は書くから!!!(誰に言っとんねん…)笑

んじゃまぁ黒猫の中身ごしょ~か~い

おっきいミカン。

寒くなるほど、甘くなる蜜柑。

小さい蜜柑は特に甘くて食べやすいから大好き♪

炬燵に入って食べる蜜柑はいうべきにあらず…

でも、こんな蜜柑ならパクパク食べられないかも…
文旦

でかっ!  Σ(゜Д゜;)))

これは、文旦。  ブンタン、ボンタン、ザボンとも言われます。

もとは、南国産の柑橘類で、皮を砂糖漬けにしたのが有名。

実は程よい甘味と酸味でさっぱり美味しい!

文旦中身


またまた主人のお土産デス。

家で栽培されてる方から頂いたのですが、1個を3人で食べても結構お腹いっぱいになりました。
(*^_^*)


                         by 蜩

・・・・だから、何でここに?

最近、黒猫の出番がないなぁとお思いの皆さん!
彼女は今、期末テストの真っ最中なのです。
5日から始まり、来週の11日までの5日間。
彼女の自由は束縛されました。

しかし、私が出先から電話するとその声は、寝起きの声でした。   寝てたんかよ!オイ!
私が帰ったら、また勉強モードに入る。   ってゆうか、否応なしに入らされる?
明日は、保険体育と英語。  ガンバ!

そうゆう私はブログの更新をしています。

しばらくして、黒猫が呼びます。
黒猫:お母さん!ちょっと来て~
母:なに~なぁ?
黒猫:いいから、来てみて!
ただならぬ気配を感じ、あわてて黒猫の部屋に入ると…
黒猫:見て!見て!これ!
母:ああーっ!  これは!
  “らりるれレタス”じゃないのぉー!
        レタス?

そう、これは黒猫の保険体育の教科書なんです!
テスト勉強してたらこんな写真が掲載されてたそうでビック!
しかも、なにか上に書かれてる…
“ハムに続いて、レタスを購入します。” 
? ((+_+))
何のことやら?

こんなところにも出現するなんて…
もしかしたら、皆さんの近くにも現れるかも!
恐るべし、らりるれレタス。


                          by 蜩

ワープロ、壊れちゃった。(^_^;)

小春日和。
まさに今日はそんな日でした。
ポカポカと暖かくて、縁側でもあれば猫と一緒にお昼寝…

できなかった~! (>_<)

私が参加している、ある団体(怪しくないよ!)の会合が今日の午後で、それまでにデータを整理して出す予定だったのに、できてなかったから午前中にあわてて作ってました。
パソコンからプリントアウトすればいいのだけど、ウチにはプリンターが無い!
かと言って、手書きも苦手なので(字が下手なのです 苦笑)長い間使ってなかったワープロを出してきました。
シャープの書院 WD-310F   かれこれ20年以上前のモノ。
3年前までは元気に使えてたので、大丈夫だろうと思ってたのですが…
途中で、ストライキをおこしてくれました!(^_^;)

画面には、「システムフロッピーを入れて下さい」の文字。
はいはい。  あれ!?入ってるやん!
一度出して入れ直すと、また同じ文字…
何度やっても、同じ文字…
どうしたらいいんよ!  (-"-)
キーを押す度に鳴る警告音。
私が何したって言うのんよぉ~ (ToT)/

ケンカしててもラチがあかないので、仕方なく手書きにしました。(T_T)

結局、ワープロいじっていた時間より手で書いた時間の方がはるかに速かった。
“急がば廻れ”?  ってことかな?

とにかく、
プリンター欲しい!


                        by 蜩


・・・・だから?

スーパーへ買い物に行った時の事。

野菜売場で、
              レタス




・・・・だから?

関西人は落ちが欲しいのです。

誰か、落ちをくれ~ Щ(゜Д゜;Щ)


                     by 蜩

ささやかな喜び。

久し振りに今日は雨降り。
このところ、ずっと乾燥してたのでホッとします。
喉のあたりがガサガサしないし、お肌も心なしかしっとりしてます。

今日は、12月3日。
時計を見ると、12時34分!  
これは奇跡だ~!


昨日、図書館で予約してた本がやっと入りました。
『求めない』 加島祥造
まだ、ちらっとしか読んでいませんが…

自分が求めてるものからの解放。
こんなにたくさんのしがらみの中で生きてるのか、と実感しました。

 ほんの
 5分間いや3分間でもいい
 何も「求めない」でいてごらん
 為すことを無しにして
 全身を 
 頭の支配から解放してごらん


こんな事できるか! と思ってしまえばそれまでだけど、
なるほどだな、って感じる事の方がたくさんありました。

なんか、ちょっとした事が嬉しくなる感じ、分かりますか?
大したことじゃないんだけど嬉しいんです。
そんな気持ちって大事だなって思います。


本のせいか、天気のせいか分からないけど、今日の蜩はなんか変です。
だれだ!そこで「いつもだろ」って言ってるヤツは!


                        by 蜩

絵本はいかが? Ⅳ 『あたまにつまった石ころが』

子どもの頃、将来何になりたかったですか?
それは、大人になって叶えられましたか?
自分の好きな事が仕事に生かされたら、どんなに良いだろうと思った事はありませんか?

ほとんどの人が、夢を半ばで諦め、生活の為に仕事を選んではいないでしょうか?

この本は、本当に好きな事を貫き通し、それを極めた実在する人のお話です。

     『あたまにつまった石ころが』
         あたまにつまった石ころが3
文/キャロル・オーティス・ハースト 絵/ジェイムズ・スティーブンソン 訳/千葉茂樹  光村教育図書

☆切手にコイン、人形やジュースのふた。皆さんも子どもの頃集めたことありませんか?
私の父は石を集めるのが好きでした。
そんな彼を周りの人は言ったそうです、
「あいつは、ポケットにも頭の中にも石ころが詰まっているのさ」  と。
“大人になったら、石に関係する仕事がしたい!” でも、彼の父親は自分のガソリンスタンドの仕事を手伝わせました。
仕事場の隅の棚に、これまで集めた石のコレクションを並べると、お客さんが興味を持ってくれ、石の話をするのが何よりも嬉しい彼は大喜び。

しかし、大恐慌がきて店は潰れてしまい、家族は引っ越しをしなければなりませんでした。もちろん大事な石を持って…
すでに家庭を持っていた父は仕事を探さなくてはいけませんでした。
仕事が見つからない日は博物館に行って、石の飾ってある部屋で過ごしました。

ある日、父が博物館で石を見ていると、
「何かお探しですか?」 と女性が話しかけてきました。
「自分の持っているのよりいい石を探しているのです」
「それで見つかりましたか?」 
「ええ、10個はね」 
「たった10個!?是非ともあなたの石を見せていただきたいわ!」
そして家を訪ねて来た女性は博物館の館長だったのです。
事情を聴いた彼女は、ちゃんとした勉強をしてなかった父を、博物館の職員として雇うのは難しいが、夜の警備員としてならいいだろうという事になりました。
石の手入れを良くし、他の職員より知識が豊富なことが分かると、館長は父を“鉱物学部長”に推薦し、遂に認められました。


後記に書いてあったのですが、この方(作者のお父さん)は、鉱物学部長になってからも、働きながら大学に通い、学校では若い生徒から「おじいちゃん」と呼ばれていたそうです。
そして、あの女性の館長が退職されると彼が館長に就任されたのです!

自分の好きな事が仕事になったら、なんて素敵なんでしょう!
最後まで諦めない気持ちが大切なんでしょうね。
何かに頭がいっぱいになる事って、羨ましいです。


                         by 蜩

すいーとぽてと。

さあ、今日から12月!
今年も残り、ひと月となりました。
気持ちだけ焦ってしまう今日この頃…

って事で、家の中の片づけもしていかないと…と、目に着いたのが
サツマイモの山。  “山”はちょっとおおげさかな?
いただき物が重なって、(旬なので仕方ないのですが…)スーパーのカゴいっぱいになってしまった。

とりあえず、一番大きいのを2つきれいに洗って、4等分して蒸しました。
蒸しあがったお芋はホクホクととても美味しい!
でも、いくらなんでも一人でこれだけは食べられない
そこで、
         スイートポテトを作ろー! \(^o^)/ 
             実は最初からそのつもりでした…  あはっ♪


蒸したてのホコホコの皮をむいて、適当な大きさにつぶす。
あとはマッシャー(芋つぶし機)でていねいに!
私は裏ごししません。 ちょっとブツブツした方が好きなので。
熱いうちにバターを入れて混ぜ混ぜ。
溶けたら、牛乳、ガムシロップ(砂糖の代わり)、卵黄を入れ、ひたすら混ぜる。
ねっとりしたら、一つづつ形を整えてホイルにのせ、照り玉を塗り、オーブンで焼く。
できあがり~!
         すいーとぽてと

これを23個も作っちゃいました。
誰が食べるの!?

私はお菓子を作ると、食べられなくなるんで、黒猫が帰るまでにらめっこ。

帰ってきた黒猫に試食(毒見?)させ、人様にあげてよいものか尋ねるねると…
「味が薄い。」 
           Σ(゜Д゜;)))

自分が甘いもの苦手なのでついつい甘味をおさえてしまうのです。

「でも、まあまあ良いんとちゃう?」
と、あたたかいお言葉。
早速、近所の双子のちびっこにあげました。
あとは…    何とかなるでしょう!


                       by 蜩

蜩の最近読んだ本