か、壁に… Σ(゜Д゜)

今日で、3日目なのに全然気付かなかった…



窓の外になにかいる!

ウォンバット

Σ(ーー;)
おーい!そんなとこでなにしてるの~

ちなみに、ここは2階です。

実は、これは壁に張り付いた ウォンバット の彫刻なんです。
なぜ、ここにいるのか分かりません。

明日、他にもいないか探してみますね~(*^^)v


                         by 蜩
スポンサーサイト

「豚汁」は何て読む?

今日も彼女の名前が思い出せず帰って来ました。(>_<)

月曜日という事もあって、前回の倍以上の忙しさでしたが、慣れてきたのかあまり苦じゃなくなってきました。(*^^)v

帰って来て、PCを開けるとYAHOOのトピックスに気になる記事を発見!

「豚汁」は何と読む?「ぶた汁」「トン汁」派分かれる
 [前略] 「Yahoo知恵袋」の「豚汁ですが、あなたはどう読みますか?」という質問が多くの人から注目を集めている。
コメントには「北海道、トン汁」「神奈川県、トン汁」「名古屋、とん汁」「料理本でもとん汁」というように、「居住地+どう読むか」や「公式には○○」などを書く人が多く、それらの回答では圧倒的に「トン汁派」が多い。だが、福岡に限っていうと「ぶた汁」派が多いように、局地的には「ぶた汁」派もいるようだ


また、NHKの『ためしてガッテン!』では、
NHKが二十歳以上2000人を対象に行ったアンケート調査によれば、「とんじる」と呼ぶ人は東日本に多く、「ぶたじる」と呼ぶ人は西日本や北海道に多いようです。全国平均では「とんじる」が54%、「ぶたじる」が46%でした。


私は、「とんじる」ですかね?
たまに、「ぶたじる」とも言うような気もします。
美味しかったら呼び方なんてどうでもいいんですが…

皆さんは、どちらですか?


                     by 蜩

思い出せない… (ーー;)

税務署でのアルバイトを始めて1週間。

分かんないことばっかりだよ~!\(;゜ロ\)(/ロ゜;)/オロオロ…

実際、お世話になった事あるのに…
住宅所得控除や医療費控除の時にね。
でも、サラリーマン家庭では普段あまりかかわりありませんから。

そいでもって、私の配属はタッチパネルの補助員。
それはなんじゃらホイ?  ですね。
確定申告の時に申告書を書きますが、最終的な計算やらをパソコンがやってくれるのです。
金額さえ入力すれば、パッパッパと出してくれます。
それの、タッチパネル版なのです。
年配の方や、パソコンが苦手な方が利用されるのですが、それの補助員をしてます。
操作の仕方を説明したり、キーがタッチできない方の代わりに入力したりしてます。
つまり、操作の仕方をマスターしなくてはいけないのです。
それを3日間で…

無理です。(>_<) 
練習問題は何度もしたけど、実際に現場に出ると全く違います。
その人その人でケースが違う(当たり前)ので、分からなくなったとたん頭の中が真白になりオロオロするばかり…
職員さんが付いて下さっているので大きなミスはしないのですが、納税者の方は気分良くないですよね。
急いでいらっしゃる方は職員さんが、サッサとやられます。

そんなこんなで、3日間の研修が終わり、4日目に当署で実施訓練。
金曜日からは、各現場にに振り分けられます。
つまり、確定申告相談会場です。

場所が変わるので、遅刻しないようにと早く家を出て、地図を片手に会場になる会館を目指しました。
思ったより迷わなかった(笑)ので、30分も早く着いてしまったのですが、とりあえず中に入って、挨拶してと…

「やっぱり!蜩さんだぁ!名前聞いてびっくりしたよ~!」と、一人の女性。

あれっ? 誰だっけ? (^_^;)

顔は覚えてる。
結構仲良かったはずなんだけど…

どんどん話しかけてくる彼女に、「誰だっけ?」とも聞けないし…
適当に相槌打ってその場は逃げたんだけど、昼休みに彼女がやって来た。
どうも派遣でこの期間だけ受付やってるそうだ。
えっ! この期間って、31日までずーっと一緒の職場!?

危険だ、危険だ。
私が思い出せないでいる事をいつまで隠し通せるか不安だ。(T_T)
どうしょう…

結局、今も彼女が誰で、何の付き合いだったか思い出せません。(>_<)
明日から、別の恐怖が待っている。

では、また余裕がありましたら、更新いたします。


                      by 蜩

帰ってきた蜩。

皆様、お久しぶりであります。
タイトルが“帰ってきた…”とありますが、毎日ちゃんとお家には帰っているので、あしからず。

今日で今週は終りです。

やっと、休みだぁーーーーっ!!

お仕事されている方は、これが毎日なんですね。
もう、尊敬します。 \(◎o◎)/

さぁ、ここでクイズです!

私がアルバイトに入っているのはどこでしょう?
ヒント:2月~3月とても忙しいお役所。 


答えは、明日のブログでお知らせいたします。


とにかく、この時期アルバイトの方がワンサカと来られるので、賑やかいです。
半分強が、主婦(あるいはそのような年代の方)。残りが学生・その他ですね。
しかし、おばちゃん(私もなんですが 汗)パワーはすごいです!
元気、元気!
その上、仕事はテキパキされるし、圧倒されっぱなしです。この私が… (笑)

今日から5日間、現場に行きますので他の皆さんとは暫しのお別れです。
でも、アルバイト仲間が6人いるので心強いです!

初日の今日は、慣れるまで失敗の連続で、自己嫌悪に陥ってしましました。(/_;)

とりあえず2日間ゆっくり休んで、来週に備えたいと思います!(*^^)v


                         by 蜩

チョコレートと言ったら?

こんばんは♪

若干眠い…

黒猫デス☆


実は今ハマっているものがありますッ!!

それは…








ビターチョコレートです☆(*^^)v


皆さんはチョコレートは何派ですか?

私の周りには比較的ビター派が多いのですが、ビターばかり食べているとミルクが

甘ッ!!Σ(゜Д゜)//
ってなります…笑

で、そのビターチョコレートの中でも今お気に入りなのが…
カレ・ド・ショコラ[ベネズエラビター] 箱


カレ・ド・ショコラ[ベネズエラビター] 中身


カレ・ド・ショコラ[ベネズエラビター]♪♪
少々お値段は高いですが、ほろ苦さがベストです!!
これと同じもので70%か75%のがあるのですがそれもなかなかなお味です♪^m^


それともう一つ♪
BLACK 箱


BLACK 中身


BLACK~♪♪
さすが○eiji!!チョコレートの風味がいいです☆甘さと苦味ちょうどいいのです!(>∇<)b
このミルクはなんか許せますね(笑)

とこんな感じで毎日のように学校の授業の休み時間に小腹を満たし、
眠気を無くすために食べてます♪笑
でも、2月になると嫌でもチョコレートを拝むことになるんですよね…

バレンタインで!!…(;一_一)

嫌いじゃないんですけどね…作る方は大変なんです…(-_-;)

全国の男性諸君、女性から貰ったチョコレートは感謝の気持ちを持って
そして女性の苦労を感じながら頂いて下さい笑m(__)m
あと、欲を出し過ぎたらただの痛い子です。やめましょう(笑)

ちなみに私は毎年大体20~25個近くの生チョコ&クッキーorマフィンを作ります。
作った日には家の中が気持ち悪いほどチョコレートの匂いに染まります…(-_-;)
もうすでに何人からか生チョコのオーダーが来ています…
今年は5人…10人…15人…20人…頑張ります…汗
でもまぁ女子からももらいますから大体差し引き0ですね♪

まぁいいモノが作れたらまたブログにも載せます♪
乞うご期待!!(!?)

ではではm(__)m

病人はなにかと得をする(笑)

お久しぶりです。黒猫デス☆


母が仕事を始めたのでなかなかブログが更新できません。
なので!かわりになるべく黒猫が更新しようと思います!
頑張りますッ(*>∇<*)b


で、本題です。

今ウチの学校、特に1年、特に我が2組では…






インフルエンザがりゅ~こ~しております!!




\(◎o◎;)/!



そのため毎日、
一人…
二人…
三人…
と“番長皿屋敷”のごとく(どこら辺がッ!?)人が休んでおります。

なので、先生も少し風邪気味の生徒がいると速効で、


「休め!」
と言います。(口調はこんなにひどくないですが)

で、黒猫はもともと気管支が弱いので今の様なマラソンの時期になると咳が若干ひどくなります。
しかし、我が学校の体育制度は厳しく、
水泳(1学期)、マラソン(1学期&3学期)はどんな理由であろうと一回でも休むと補習があります。
女子は水泳の場合10往復、マラソンの時はグランド10周です…。
なのでヘタに休めません(/_;)


話しを戻し…なので喉に菌がくると、
ヘタリます…(-_-;)

そして今日、4時間目に体育があるのにもかかわらず朝からゴホゴホ…(>_<)
で、3時間目まではなんとかなったのですが、4時間目の体育はさすがに無理…
なので保健室に行くと友に言い、保健室に向いました。

すると、先生は2年生の集会みたいなものに行っていて不在…。
仕方なく職員室に行くと、ほとんどの先生たちが一斉にこちらを凝視。(怖い…)
するとウチの担任となにやら打ち合わせをしていた情報の私と仲の良い先生が、
「○○(←苗字)が来たかぁ~」
とこちらを見ながら笑っております。

なんのことやら!?
と頭の中がクエスチョンの私に可愛いいじりがいのある(男性ですよ笑)担任が
「どないしたん?」と質問。
「ちょっとしんどいんで保健室で休みたいんですけど…」とアンサーする私。
すると即座に
「ん、早退し。」と担任。


Σ(゜Д゜)//・・・

先生、そんなにすんなり帰していいんですか!?
そんないくらインフル流行ってるからって!
\(゜ロ\)!


自分としては少し休むだけで良かったのですが、
先生があまりにも帰れと言うのでしぶしぶ荷物をまとめて帰宅。
心配性の担任は
「家についたら電話しーや?それからちゃんと病院いくねんで!」
とまるで母親の様…笑


ってなわけで一応母にはメールをしとき、トッテトッテ…と帰りました。

その帰宅途中に何か飲みたくなって黒猫が買ったのは…

おしるこ


おしるこ~ヾ(´∇`)♪
この寒い冬にはサイコ~デス☆
でも…味は激甘…気持ち悪くなりました(-_-;)汗


そんなこんなで無事帰りました。
それから担任に電話をし、お弁当を食べ、ホットカーペットをつけて、
犬に置いておいた湯たんぽを奪って(笑)、毛布にくるまって寝ました。

5時前に母が帰って来て、起床。
「様子はどーや?ええもん買ってきたで♪」と母。
「ええもん?」と私。

じゃじゃ~ん☆と母が取り出したのは…

グレープフルーツが食べたい!


焼きプリン・モンブラン


グレープフルーツゼリーと焼きプリン・モンブランですッ!
(≧∇≦)b


まだ半分寝ぼけてた黒猫を完全に起こしてくれました。笑
なにしろモンブランが大好物の黒猫。目が覚めないわけがありません!(TωT)v

でも、起きたてでモンブランはさすがに厳しいのでグレープフルーツを食べました♪
その間に母は犬の散歩へ。

ずっと寝ていたのでお腹が減っていた私は
「なんか無い?」と聞くと、
「肉まんと焼肉ライスバーガーとどっちがいい?」と尋ねました。
悩んだあげくライスバーガーを食べる事に♪

ライスバーガー


ライスバーガー2


ホクホク、ジューシーでとっても美味しかったです☆



で、一応自分の中では復活したのですが念の為、明日病院に行くことにします。
インフルエンザだったら嫌なんで…(-"-;)

んじゃあ寝ま~すm(__)m
おやすみなさい。

美容院とたこ焼きとキッシュ。

震災の記事を書いてから、ちょっと腑抜けになってしまった蜩であります。

昨日は黒猫と彼女の友達M(♀)と3人で服を買いに行きました。
そして、今日彼女は仲間たちと遊びに出かけました。
雪が降ってるのにねぇ (^_^;)

とか言う私も午後に美容院を予約してたので、カットとカラーをしてもらいに行きました。
美容院でのカラーは初めてなんです!
担当の兄ちゃんが、
「えっ!蜩さんがカラー? 予約聞いた子に間違いちゃうのん?って聞いてもたよ~」失礼な!(-"-)

実は、明日(21日)から仕事なんです!
そのために綺麗にしておこうかなぁ~っと、思っただけなのに…
「そんなんやから、雪降ったんちゃう?」
だって!(-"-)

随分短くされちゃって、襟足がさむ~い。(>_<)
でも、色はいい感じにしてもらいました。

家に帰ると、主人が会社に泊まるといって出て行ったので、夕飯は2人。
たこ焼きをする予定だったので、誰か来ないかな?と思ったら友達のMちゃんが来ました。
早速、たこ焼きパーティ!\(^o^)/
たこ焼き


それと、前から作ってみたかったキッシュを作りました~!
キッシュ

キッシュとは、
パイ生地の皿の上にほうれん草とハムの炒めたのと、牛乳・卵・粉チーズを混ぜた物を入れてオーブンで焼いたものです。
洋風茶碗蒸し見たいかな?

でも、たこ焼きをたらふく食べてからのキッシュは、ちょとキツかったようで、
2人とも、ダウンしてました。(^_^;)


【お断り】
先にも言いましたケド、何十年かぶりにフルで働く事になりました。
短期(3か月弱)なんですが、うまくいけばそのまま使っていただけるようなので頑張ろうかと思っています。
ですので、しばらく更新、訪問がおろそかになるかもしれませんので、ご了承下さりませ。m(__)m
蜩、頑張って参ります!


                           by 蜩

阪神淡路大震災 あれから13年 【後編】

中編からの続き。

いつもなら20分足らずで着くところが、裏道を周り3倍ほどの時間をかけてやっと到着した。
新しい避難所は、体育館に比べると雲泥の差だった。
店舗兼住宅だった建物は2階建で、1階はフロアに小部屋が3つにキッチン、トイレ、風呂。
2階は和室が2つにリビング小部屋が2つにトイレ。
申し分のない物件だと思われるかもしれないが、ここに4家族12人が同居するのである。
私達家族を入れると15人になる。しかも、それぞれの家財道具を次々と運び入れているのだ。

もともと実家は寄せ集めの2階建で、1階が会社と駐車場に両親の住いと和室が2つ。本当はこの和室で島根に帰った義姉夫婦が泊まる事になっていたのだ。それを急に義兄が帰ると言い出したものだから義姉はプンプン怒って帰っていった。もし2人が泊まっていたら義父と同じ運命だったかもしれない。
そして、2階を兄妹4人のそれぞれの家族が住んでいた。
地震で2階部分が横滑りで倒れ、1階はペチャンコになったが2階部分の損傷はましな方だった。皆、かすり傷で済んだのも不幸中の幸いだった。
もう一つ奇跡のような事があった。
義弟は毎朝早く出勤する仕事なので、地震の起きた時刻にはいつも義妹がお弁当を作っているのだ。つまり、火を使っている。
なのにあの日に限って、法事の片付けで疲れているからお弁当はいらないのでゆっくり寝ておくようにと、義弟が義妹を気遣っていたのだった。
そのおかげで火災にならずに済んだ。

私達が避難所に着くと、親戚の者が来ていた。
そこの家は実家から車で30分ほどの距離なんだが、被害がほとんどなくてテレビを見てたらウチの主人が凄い形相で走っているのが映し出されたらしく、これは実家の方が大変なことになってると思い、おにぎりとお味噌汁を作って持って来てくれたらしいのだ。
その差し入れを2人にも分けてもらい、暖かいお味噌汁に口を付けた瞬間、体中の力が抜けて行くようだった。こんな美味しい暖かいものを口にしたのが随分前の様な気がしてたのだ。つい、1日半ほど前の事なのに何日も経った感じがしていた。
娘とほのぼのくつろいでいたのも束の間、用事は次から次へとやって来る。
電気以外は何も復旧していない中で、私は大家族の食事係りを任命された。カセットコンロを使い、差し入れの食材で料理する。しかも15人分。分量の感覚が分からず最初の頃はとんでもない物を作っていた。

その日の夜、表が騒がしくなった。
出てみると大型トラックが停まっている。荷台には大きなタンクを2つも積んでいた。
助手席から降りて来たのは島根に帰ったはずの義姉だった。
「テレビでニュースを見て、いてもたってもおられんかったんよ。何か力になれないかと思って、必要なもの持ってきたよ。」
そのタンクの中身は、水だった。
運送業をしている義兄は、自分の会社のトラックに水のタンク(1つで2t入り)を積んで来てくれたのだった。しかも、24時間もかけて。
水以外にも、たくさんの食糧を持って来てくれた義姉は、疲れているにも関わらず、料理をたくさん作ってくれた。ありがたくて、涙が止まらなかった。
義姉はそれからしばらく私達と一緒に生活し、何かと助けてもらった。

それより問題は、義父の葬儀をどうするかだった。
市内はもちろん近隣の葬儀社は手一杯だったので、大阪の業者に当たってみた。どこも棺桶が足りなくて断られたが、1社用意できるところがあった。すぐ手配をしたが、ちゃんとした式ができるかが問題だった。案内の連絡が取れない。仕方が無いので、できる範囲でやった。どこも大変なのだから…こうして個人で葬式があげられるだけマシと思うしかなかった。
式の当日、実家の片づけを中断してあわてて用意したものだから最後までバタバタしてしまった。ただ、それまでいい天気だったのが出棺が近づくにつれ雲行きが怪しくなり、とうとう大雨になってしまった。傘をさしてもずぶ濡れになるような雨の中を、義父の棺は霊柩車じゃなく寝台車に収められ、避難所を後にして行った。すると、嘘のように雨は上がった。まるで、この世に未練をいっぱい残して逝った義父の最後の足掻きのように…
私と娘は道中が長くなるのを懸念して残る事にした。主人は火葬場には行かず、残って一人で実家の片付けをしに行った。その後ろ姿には、言いようのない寂しさが滲んでいた。

会社の事務所を2つに分けていたおかげで、仕事はなんとか再開できそうだった。
義父が創業し、義兄が受け継いだ会社を潰さないためにも早く通常に戻さなくてはいけない。
被害の少なかった事務所では別の問題が浮上していた。
倉庫で預かっていた品物が地震の影響でかなりの数が破損していた。得意先に事情を説明しても信じてもらえず、挙句の果ては泥棒呼ばわりされた。実際、倉庫自体も壊れたために中の荷物を盗まれていたのだった。営業を任されていた主人は何度も説明に行った。
それだけでなく、仕事は入るが道路は相変わらず渋滞続きで思うように動けない。だからと言って休んでばかりいられない。だれも自分達の面倒なんか見てくれない。仕事をしないと従業員とその家族の生活がかかっている…
毎日のように、義兄と相談し悩みそれでも会社を動かさなければならない。
限界まで来た主人は、吐血した。その上、下血まで。
至急掛かり付けの医者に診てもらった。病名は十二指腸潰瘍。すぐ入院するように言われた。しかし、主人は入院を拒否した。自分が入院してしまうと仕事の段取りができなくなる、と。医者と何度も話し合った結果、毎日2回通院することと絶対安静にする事で了承された。先生にはあの時、本当にお世話になりました。

実家が借地だったので、市は道路拡張の為に立ち退きを強制してきた。
仕方なく4家族は別の住いを探さなければならなくなった。1家族、1家族と新しい住まいが見つかり、避難所を出て行くようになった。
私も、自分の家の片付けをしながら、2か所を行ったり来たりの生活をした。寝泊まりは避難所の方だったので、大家族の生活をしばらくする事が出来た。貴重な体験だった。
結局、その年の8月までそこに住んでいた。独身の義兄とその息子の生活が心配でだらだらと居付いてしまったからだ。その義兄も数年後に亡くなり、今は主人が後を継いでいる。

別の義兄も亡くし、波瀾万丈な人生を歩いている主人は、今もあの時、自分がした事いろいろが正しかったのか悩んでいます。
たぶん一生悩み続けるでしょう。答えなんか最初から無いんですから…


長い話に付き合って頂いてありがとうございます。
これを書く事で、自分の気持ちの整理がつきました。


                         by 蜩

阪神淡路大震災 あれから13年 【中編】

前編からの続き。

とりあえず家に戻った私は時計を見た、すでに12時を過ぎていた。
自分のお腹は空かなくても、娘には何か食べさせないといけない。
冷蔵庫の中の物で食べられるものを探した。夕べ炊いたままで手を付けていないご飯が炊飯器の中にあった。これでしばらくは繋げる。
玄関で誰かの声がした。
「○○ちゃん!大丈夫か?」 義弟だった。彼は実家で暮らしている。
「家が全壊してみんななんとかに出て来れたんやけど、1階の親父さんだけなかなか見つからんかったんや。でも、さっきやっと見つかって…あかんかった。」
悔しそうな彼の顔に、茫然としてしまった自分がいた。
「義兄さん(主人)から、着替えが欲しいから取りに行くように言われたんや。親父さん探すのに服がずぶ濡れになったから。」
急いで支度をし、彼に渡した。
「一段落したら、迎えに行くって言ってたから、もうちょっと我慢しとってや」
彼が帰ってから、我慢していたものが溢れだした。
涙が後から後から流れ出た。
「何でお義父さんが死なないといかんの!」
しばらくその場で号泣してしまった。

「マンションにまだ残っている人は、直ちに小学校の体育館に避難して下さい」
放送が、聞こえた。
大きな余震が来たら、倒壊する恐れがあるからだ。
貴重品と身の回りの物をカバンに詰めて、体育館に向かった。
幹線道路に出て、絶句した。
自衛隊の車がずらっと並び、その合間に自家用車、トラックが続いている。
道路なのに、車が動いてない。時々思い出したようにジリジリと動くだけだ。その脇をバイクや自転車が追い越して行く。痺れを切らしたドライバーが方向転換をして、狭い住宅街に入って行く。
まるで、映画のワンシーンの様な光景だった。
人々は、コンビニの前に長蛇の列を作り、店の中には品物が無くなっていく。
近くのスーパーもすでに空っぽだと聞いた。
自分が取り残された気持になり、変な焦燥感だけが湧いてきた。

娘は相変わらずマイペースでお出かけ気分。
途中でママさん友達に出会い、毛布などの防寒具を持って来ないと夜が冷え込んで大変だよと、アドバイスを貰った。娘を彼女に託して、自宅に引き返しあるだけの毛布と、残ったご飯でオニギリを作って行った。
その時空を覆っていた真赤な夕焼けを、私は生涯忘れないでいようと心に誓い、この目に焼き付けておいた。
この先、何があっても乗り越えれるように…

彼女は体育館のまん真ん中に陣取ってくれていた。ストーブの横なのだ。
同じ歳の彼女の息子とすっかりお遊びモードの娘は、屈託のない顔で笑っていた。
でも、次々に増える人、人、人…
あっという間に、体育館はいっぱいになった。
そこで初めて、新聞を見せてもらった。
大きく一面に載った、横倒しになった高速道路の写真。
目を疑った。耳で聞いていただけの風景が現実のものとしてこの目に映った。
ラジオからは、亡くなった方の名前を読み上げている。次から次へと。
夜になっても、眠れない。灯りが煌々とついているせいだけじゃなくて、気持ちが落ち着かないのだ。それに時折やって来る余震にも神経がピリピリしている。
周りの人達も同じだ。足を延ばして休めるだけの空間が確保できない。
苛立ち、疲労感、絶望感が溢れかえってる体育館に、無邪気な子どもの声が混じる。
束の間の幸福感が蘇る。

見ず知らずの人から声を掛けられた。
「お宅のご主人が呼んでますよ」
その方に振り返ると、主人が手を挙げていた。
人と人の隙間を縫いながらたどり着くと、
「実家の方が大変なので、明日ここを出て来て欲しい。迎えに誰かよこすから」
それだけ言うとバイクで実家へと帰って行った。
とりあえず連絡と2人の状況を見に来たのだった。

次の朝、パンと飲み物の配給があった。
お手伝いできる人を探してたので娘を友達に預けて行った。
1人1個づつなのに、何度も並ぶ人がいる。これだけかぁと、溜息をつく人もいる。
なにもないより良いじゃないかと思う人もいる。
人、それぞれだ。
トイレが流れなくなって、異臭がするようになった。
トイレの数は、男女各3個。水道がまだ復旧してないので、プールの水を大きな樽に汲んでおいて、用をたした後にバケツで流すことになっていた。水を使った人は、その分をプールから汲んで樽に入れておくのだ。
なのに、便器の中は便で溢れていた。誰かが流さずにしてた上にまたつぎの人がしたせいだ。変な話、お尻を下せば付いてしまうのだ。
自分さえ良ければ…の考えが、どうにもならない結果を生んでしまった。
結局、何人かの有志で片付けていた。

昼ごろになって、やっと迎えが来た。
一旦家に戻って改めて荷物を作り、避難所に向かった。
主人の友達から借りたという空き店舗が避難所だった。

注:前後編の予定でしたが、長くなりそうなので今回を“中編”にしました。

今度こそ、後編に続く。

阪神淡路大震災 あれから13年 【前編】

もう13年。  まだ13年。  人によってそれぞれだろう13年。

忘れてはいけない記憶が、私の中に眠っている。
この日になると目を覚まし、あの夕暮れを思い出させる。
絶対忘れるものかと誓ったあの夕暮れの赤い空を…

そしてあの日は、いくつかの奇跡をおこしてもいた。
一人の犠牲の上に。


その日の2日前(15日)に義母の三回忌法要が行われていた。
親戚縁者が大勢集まり、いつものように賑やかな法事だった。
残された義父の家の周りには、兄弟たちが固まって暮らしており、唯一私達家族だけが車で20分ほど離れた所に住んでいた。
義姉夫婦も遠く島根から来ていたが、ちょうど連休だったので次の日に帰る予定をしていた。

次の日(16日)の夕方から雨が降り出した。
義姉夫婦が無事島根に着いたとの連絡があった。
その晩は義妹夫婦と食事に出かけたので、乾ききっていない洗濯物を家の寝室にロープを張って干しておいた。
法事の疲れもあり、帰って来てすぐに3人とも眠りについた。

ゴーッという音が耳に入ったと同時に、下から突き上げるような揺れが襲った。
「地震だ!かなり大きいぞ!」
とっさに横で寝ていた娘の上に覆いかぶさった。隣の部屋で寝ていた主人もあわててその上に重なった。
揺れは長く続いた。まるでデコボコ道を走るトラックの荷台にいるような感覚だった。
台所で食器の割れる音、物の倒れる音、外からは悲鳴が聞こえた。
ようやく治まって、主人がライターの火を灯した。(ガス漏れが無かったから)
リビングと台所は、足の踏み場もないほどの惨状。
玄関へ行くにも、ドアが何かに塞がれて動かない。
マンションの1階だったのが幸いして、寝室から外に出た主人は玄関に回り、開けようとしたが、内開きの為靴箱が倒れてしまって開かない。
私も、中のドアをなんとか開けると、玄関にたどり着いたが、それはすでに原型を留めてはいなかった。外から主人が押して私が中から引っ張り、なんとか玄関ドアは開いたが枠ごと歪んでしまったドアは、きっちりと施錠する事もできない。

「実家に行って来る。あの家はこの揺れに耐えられるはずがないから!」
と、主人は実家の方に行ってしまった。確かに、あの家はこの地震に耐えられるほど丈夫ではない。回りの兄弟達の安否も気になったが、一人1階で寝ている義父の事がもっと心配だった。
残された私と娘。
どうしたら良いものかと考えていると、娘の事をすっかり忘れていた事に気づいた。
あわてて寝室に行くと、地震直後は泣きわめいていたのに今はすやすやと何事もなかったように眠っていた。思わず、笑ってしまった。
この図太さがこの後、みんなの心を癒してくれるとは思いもよらなかったけど…

7時になり、電気は復旧した。が、テレビは映らない。アンテナがやられたんだろう。
電話も通じない、もちろん水、ガスも。
唯一、ラジオだけは聴く事が出来た。その内容から、とんでもない事態になっていることを知らされた。
神戸で大規模火災がおきている。高速道路が横倒しになっている。電車の高架が崩れ駅がつぶされている。ビルがいくつも倒れて、まるで地獄絵図のようだった。
台所とリビングをなんとか片付け、明るくなった家の中を改めて見回すと驚いた。
敷居の真ん中が下がっている!襖が閉められない。
寝室では、昨日張った洗濯ロープに箪笥から倒れた、羽子板の人形ケースが引っかかっている!ロープが無ければ、私と娘の真上に落ちてくるところだった。
主人がいつもリビングのコタツで寝ているところには、食器棚が倒れ食器が粉々になっていた。おまけにポール状の服掛けの突起がテーブルにめり込んで穴ができていた。

「大丈夫ですか!」
玄関から声がした。行ってみると友達のご主人だった。
「放送で、マンションの玄関に無事かどうか記入するように言われてたんですが、お宅の記入が無かったので心配で見に来ました。」
放送?全然聞こえなかったなぁ。
気になって外に出て周りを見て、愕然とした。
壁が崩れ落ち、亀裂が入ってる。たくさんの人があわただしく動いてる。
グキッ あれ?こんなところに段差あったっけ?
マンションの廊下を出て石畳に降りるところが、約10cm下がっている。
臨時ゴミ置場がみるみるゴミで膨れ上がって行く。
水の供給車が来ていて、皆ポリタンクやバケツを持って並んでいる。

「何なのこれは…夢じゃないの?」
信じられない現実がそこにはあった。 

後編に続く



絵本はいかが? Ⅸ 『1000の風 1000のチェロ』

また、あの日がやって来ます。

忘れられない、1月17日。

どういう形で残していこうか、悩んだ人がいました。

そして、それは1冊の絵本となりました。


    『1000の風 1000のチェロ』
      1000の風1000のチェロ2
       文・絵/いせひでこ  偕成社 

☆チェロの教室に新しい子が入ってきた。
帰り道、その子に言われた、
「あなたのチェロの音って、犬の声みたい」
ぼくはまだグレイの事が忘れられないでいる。
グレイがいなくなって、父さんが買ってくれたのは、犬じゃなくてこのチェロだった。

「私のフロルはこんな風に歌ったわ」
チェロを弾きながら、あの子は言った。
フロルって何?って聞いたけど答えなかった。
「君はどこから来たの?」
「・・・・・・・・神戸」

大通りに出た僕達が見たモノは、チェロの団体だった。
後を付いて行くと、あるホールに入って行った。
チェロを持った人が老若男女、100人はいる。
書かれた文字の意味を、近くにいたおじいさんに聞いてみた。
「大震災復興支援コンサートって?」
「地震で被害にあった人たちを応援するコンサートだよ。チェロの好きな人なら誰でも参加できるよ」
あの子は、さっさと申し込んで楽譜をもらい練習に入った。
ぼくも、チェロを出して弾いていた。

帰り道、さっきのおじいさんと一緒に公園に行った。
おじいさんは震災の時、神戸にいたんだ。
そして、家も家族も友達もチェロも無くしてしまった。
持っているのは、亡くなった友達の形見だそうだ。
すると、あの子も話し出した。
「みんな、動物まで面倒見られないからって、泣きながら手放した人もいるの。
私はフロルたちを空に返してあげた… でも、あれで良かったのかなって今でも考える」

僕の音が何かの応援になるんだろうか?
でも、今日もやっぱり僕は弾く。
みんな誰の為に?自分の為に?

コンサートの日、1000人以上の人がホールに集まった。
チェロを持った人達みんなが、自分の影を抱いているように見える。
大切な、自分の分身を…
指揮棒が振られ、一斉に1000のチェロが鳴り響く。
波のような弓、風のなって吹き抜けるチェロの音。
1000のチェロが1000の物語を語っている。
それでいて、ちゃんと一つの曲になっている。
1000の音が一つの心になったんだ。

大震災の後、神戸には25万本の木を植えた。
春になると、白い花の咲く木を…
新しい明日に届いただろうか、僕達の音、1000の風 1000のチェロ。


つづきます。

寒かったぁ~ (/_;)

ダンナの知り合いの葬儀屋さんのい手伝いに駆り出され、13日(お通夜)14日(本葬)と頑張って働いてまいりました。

お通夜は3時入りの20時終了。 本葬は8時半入りの18時終了。
仕事は、お茶やおしぼりの接待。
簡単そうに思われる方多いと思いますが、準備や片付けが大変なのです。

疲れた。(>_<) 

しかも、公民館での為一般参列者は外でテントの中。

とっても、寒~い (ToT)
そこへお茶を出したりおしぼり配ったり、供養を配ったり…
雪もチラチラ舞う天気。
ずーーーーーっと立ちっぱなしなので、足はパンパン。
食事休憩なんてあるもんか! 瞬食ですよ! (笑)

ベテランの先輩方2人の足手まといにならないようにするだけで、精一杯でした。
先輩方は長年この仕事一筋なので、
素晴らしい速さ! 状況判断が的確! 何を言われても怒らない!
素晴らしい~ \(◎o◎)/!

連休だったため、黒猫に用事を頼めて良かった。ヽ(^o^)丿
しかもこんなの作ってたし…
手作りプリン

手作りプリンです! \(^o^)/
簡単なレシピだったそうですが、味は最高!
惜しいのは、すが入ったことかな?
カラメルも美味しくできてたし、言う事ナシでした。(*^^)v

そんなこんなで、疲れは次の日にやって来て、今日は鼻風邪と筋肉痛に悩まされております。(>_<)

したがって、皆さんのコメ返しも訪問も遅れますのであしからず。m(__)m
(単なる、言い訳?)


                       by 蜩

ミカン芸術?

今日は黒猫の友達が遊びに来てる。

夕飯の前に、なにやらミカンで遊んでいる。

どれどれ、何を作っているのやら…

みかん塔

ミカンの塔~!
5個で限界だったようで、6個はなかなかできないらしい。

お次は、
みかん山

ミカンの山~!
これは、ミカンの塔をいくつか並べたもの。

最後は、
みかんピラミッド

ミカンのピラミッド~!
後ろにもちゃんと積み上げてるんですよ!

以上、ミカンによる芸術でした。
彼女の頑張りに、拍手を!


                       by 蜩

絵本はいかが? Ⅷ 『かんがえるカエルくん』

ふと、ある事について考えてしまう事はありませんか?

解かっているようで、答えが見つからない…

当たり前になりすぎて、考えもしない事。


このカエルくんはいろいろ考えますよ!

            『かんがえるカエルくん』
              かんがえるカエルくん
           絵・文/いわむらかずお   福音館書店

☆カエルくんはいろいろ考えます。
友達のネズミ君も一緒になって考えます。

まず、かお
顔にはいろんなものが付いている。
目、鼻、口、耳…  でもネズミ君にはヒゲがあるのにカエルくんには、ない。歯もない。
蝉、トンボ、チョウには顔があるのにミミズは?
顔が無いと、怒らないの? 笑わないの? 泣かないの?・・・・・考えます。

そら
空って、どこからどこまでが空なんだろう?
雲がある所? トビが飛んでる所? チョウが飛んでる所?
それじゃあ、木の上も空なの?

ぼく
ぼくは君がいるから、ぼくなんだ。
チョウさんも、ぼく?  いいえ、わたしはわたしよ。あなた
ワシさんも、ぼく?  わしはわしじゃ。きさま
イノシシさんもぼく?  せっしゃはせっしゃであるぞ。おぬし
いろいろ、違うんだぁ


続きます。

街角スナップ。その2

今日もぽかぽか陽気で、ポスティングには最適!
しかも、明日から雨の予報が出てたので、今日中に配ってしまおうと思ったのでした。

歩いていると、汗が出るくらい暑かった…(^_^;)

空を見ると、今日はやけに飛行機雲が出てる。
やっぱり明日は、雨なんだなぁ~

そこで、変な飛行機雲を発見!
飛行機雲

途中で切れてる!
それぞれの前と後ろにはずーっと雲が続いているのに、
ここで急に切れて、下の方からまた出ているんです!
おかしな飛行機雲でした。


この時期、赤い木の実がたくさん生ってます。
代表的なのが、南天
でも、
こんな南天もあるんです。
南天
 白い南天
紅白で植えてあったのですが、何とも上品な感じがしました。
手前の柵が邪魔ですね。(>_<)


暖かいのはいいんですが、また急に寒くなるのが嫌ですね。(^_^;)



                           by 蜩

ぜんざいとおしるこ その後。

ぜんざいとおしるこの呼び方が各地で違う事が分かりました。

どうも、中部から関東、以北では全般におしるこで、
小豆の粒は無いのが普通で、粒があるものをあえて“粒あんの汁粉”“田舎汁粉”
と呼ぶようです。

反対に、北陸、関西から西はぜんざいです。

面白いサイトがあったので、覗いて見て下さい。↓

食べ物 日本地図 ぜんざいとおしるこ編



                      by 蜩

ぜんざい。

久し振り(2週間ぶり)にポスティングをすると、
疲れた…(>_<)

でも、昨日今日ととてもいい天気。
ぽかぽか陽気です。

ほらウチの愛犬Rも、日向ぼっこ。
ぽかぽか
気持ち良さそう~(*^_^*)


黒猫の学校も昨日から始まり、初日からテストがあったりと何か大変そうです。
お弁当はいらないと言ったので、お昼には帰ってくるのかと待っていても…
帰ってこない。
メールを打っても、
返ってこない。
(-"-)  もう、2時だぞ!

待ってられなくなって、先に食べてるとメールの返事が…
黒:今から帰るけど何人かおまけがついてくるわ…( ̄▽ ̄;)

えっ。。 (ーー;) 
まぁ、いつもの事だから仕方ないか。
予想では、4人だな。(♂2人、♀2人)

急いでご飯食べてたら、帰ってきた。

♀2人:あけましておめでとうどざいまぁ~っす! はい、お土産。
と、お菓子をくれた。
優しいなぁ~(*^_^*)

蜩:みんなお昼(ご飯)は?
黒:私はまだ。まっしーは食べて、なほは持参。
蜩:しゃーないなぁ。(しかたないな) ぜんざいでも作ろか。

圧力鍋を使えば、10分で小豆が茹る。
早速、小豆を洗って、鍋にセット!
すると、残りの♂2人(グッチーとゴン)が来た。
なほは、昼ごはんを食べている。
と、みんな好きな事をやり出す。

小豆が茹ったので砂糖で味を付ける。
その間に、お餅を茹でておく。

蜩:おっと、みんなぜんざい食べるよね?  今さら?
黒:なほが食べられない
蜩:えっ!そーなんや。悪かったなぁ

なんだかんやで、できあがり~ \(^o^)/
ぜんざい
注・この手はグッチー(♂)です。

黒:これ、味薄い。(-"-) 小豆硬いし…
やばぁ~ (^_^;)
もうちょっと煮込んだ方が良かったかも…
でも、残りの3人は黙々と食べている。
(文句言われへんもんなぁ~、悪かったなぁ~)
反省の母でありました。(>_<)


ところで、
ぜんざいおしるこの違い、分かります?
これは、地方によって違うと思いますが…

私が思うぜんざいは、
小豆の粒が残っていて汁も少なめ、お餅は茹でたものを入れます。
おしるこは、
小豆の粒がない汁状のモノに、白玉団子を入れたもの。お餅でもいいかな?

よろしければ、皆さんの地元でのぜんざい、おしるこを教えて下さい。ヽ(^o^)丿


                         
                       by 蜩

出初式

今日から学校で、


行ってそうそう課題考査で、


それがもう最悪で、


お腹が空いてる






黒猫デス☆



今日から新学期です。
まだ正月ボケが抜けきってないため…





起きれない…(-_-;)


でも、頑張って起きてちゃんと学校へ行きました…
(テスト解き終わった後の時間寝てましたが…笑)


では、本題。

一昨日、神戸のメリケンパークで行われた※“出初式”に写真部で行って来ました。

※<出初式とは?>
一月初旬に行われる消防関係の仕事初めの式。消火演習や、鳶(とび)の者のはしご乗りなどが行われる。



と、言っても
みんな宿題におわれており、結果1年生3人と先生だけの撮影会でした…(^_^;)

神戸に来ることが滅多にない黒猫にはとても貴重な体験でした♪笑

flag


カフェがない所に住んでる私にはスタバでさえも輝いて見えます…(p_-)笑

町並み


街灯もおしゃれというかこのあたりは少しレトロな感じでした♪



そうこう町の見物をしてるうちにメリケンパークに到着~☆

浜崎あゆみの突発性難聴に思う。

昨日から、歌手の浜崎あゆみ左耳が聞こえなくなったと言う記事が各スポーツ紙に載っている。

別に彼女のファンでもないのだけど、病名を聞いて気になったのだ。
実は私もこの病気に罹ったことがあるから…


数年前の事。

朝起きると、片方の耳だけがボワァ~っとした感じになってた。
ちょうど、気圧が急に変わって耳に膜が張ったような感覚だ。
唾を飲み込んでも治らず、気にしながらも普段と変わらない1日を過ごした。
そんな感じが3日ほど続き、何となく友達と話をしている時に聞いてみた。
すると彼女は、すぐに耳鼻科に行った方がいいよと助言してくれたので、
早速次の日に耳鼻科に行った。
医師に病状を説明すると、すぐにいくつかの検査を受けさされた。
結果が出て、医師が説明にはいった。
「病名は突発性難聴※です。もう1日遅かったら、耳が聞こえなくなるとこでした。」
この言葉を聞いて、驚きと安堵感が一緒に湧いて来た。
危なかった…  でも、助かった。
薬を出してもらい、定期的に検査を受けるように言われた。
何度かの通院の後、検査を結果を見た医師は、
「もう大丈夫です。心配ありません。」
やっと、治った…
2か月弱の通院で済んだのも、友達の助言のおかげ。

いつもなら気にしないような症状なのに、あの時友達と会わなかったら、耳の話をしてなかったら…
今思っても、身震いがする。

浜崎あゆみの記事を読んでいると、あの時の自分を想い起こさせる。
ホントに一歩間違えば、自分も聴力を失っていたかもしれない。
忙しくてなかなか病院に行けなかったんだろうなと思うと、残念だ。
彼女には、この境遇に負けないで頑張って欲しいと願うしかありません。

※【突発性難聴】
特別の原因なしに突然に発症する難聴。ふつう片側に起こり、耳鳴りや耳の中が詰まった感じ、めまい・嘔吐(おうと)などの症状を伴う。



                        by 蜩

読書三昧 ?

お正月休みも終わり、残るは娘の始業式のみ。(8日からなので)

今朝も、早起きしてちゃんとお弁当作りました。
明日から(もうちょっと先かな?)は黒猫の分もいるし…
普段の生活に戻っていきます。


そこで問題が発生!
年末に図書館で借りていた本の期限が迫って来ているのです!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
しかも、こんな時に限って予約の本が次々入って来る。
嬉しい悲鳴なのですが、読んでる暇が無い。
(こうしてPC触ってる暇はあるのにねぇ 苦笑)

こんなにあるんです…
本

『裁判官の爆笑お言葉集』 長嶺超輝:著
『A子と依存症-絶望と回復の軌跡-』 ともに歩む会:編
『春のはじまる朝-家裁調査官物語-』 藤川洋子:著 
『オトナのメディア・リテラシー』 渡辺真由子:著
『学校のモンスター』 諏訪哲二:著

全部、ノンフィクション。
内容も、それぞれ違ってるので気持ちの切り替えが難しい。

あえて、共通してるところを探してみると…
“子どもに及ぼす大人の心理”
かな?
社会問題になってるいろいろな原因を深いところで知りたくて、このような本をよく借ります。
でも、今回は重なりすぎたようです。(>_<)
今時点で、3冊は何とか読めました。 あと2冊頑張らねば…

もともと、読書は大好きでいろんなジャンルの本を読んでます。
好きな作家は、あさのあつこさん、江国香織さん、山田詠美さん、重松清さん、松本清張さん、等々…
いっぱいいて書ききれません!
でも、女性作家が多いですね。共感持てますから。
それと、児童書も大好きデス!

目が悪いので、1~2時間くらいしか続けて読めないのが難点ですが…
(眼精疲労がひどいんです)

とりあえず、今日は気分転換に絵本でも借りに行こうかな?


                         by 蜩

BUMP~♪

こんばんはぁ黒猫デス☆


昨日いろいろあったため書けなかったので今日書きます♪




なんと…


な・なんと!!!


ついに…


ついに!!












“orbital period”買ったぁ~!!!!\(゜ロ\)♪(/ロ゜)/

BUMP~♪


いまさらと思う方、

学生には金がないのです…


それ以上に黒猫は金がないのです…


よって!!!





お年玉に頼るしかないのです!!!(/_;)



ちなみに昨日“星の鳥”を読んで号泣しちゃいました…(//ω//)照
頭の中でかさぶたぶたぶ~♪がスクロールしてます笑

昨日からずっと聴いている黒猫でした☆

カピバラさん♪

昨日は黒猫と一緒に初詣に行きました。


その帰り道、某ショッピングセンターに寄ったときの事。

黒猫が、お年玉で何か買ってくれると言うのです!

なーんて、親孝行な娘なのー! ヽ(^o^)丿

じゃあ早速、欲しいモノの所へ、レッツゴー!

私の欲しいモノ。それは…

カピバラさん ←HPも見てね!
カピバラさん2
もー可愛くって可愛くって! 思わずダッシュして行きましたよ。

ホントは全長50cmほどの大きな縫いぐるみが欲しいんだけど、値段を見て却下されました。(T_T)

仕方ないので、携帯ストラップにしました。
カピバラさん

カワイイでしょ!(*^_^*)

しかもこれ、柚子(下の黄色いモノ)が携帯クリーナーになってたのです。

大事な宝物です。(^_^)v

黒猫よ、ありがとう! \(^o^)/   大切にするよ~


                       by 蜩

はつも~で☆

明けましておめでとうございますm(__)m

黒猫デス(*^^)v


今日、本当はお客さんが来る予定だったのですが、みなさんキャンセルとなり急に暇になった母と二人で近く(!?)の神社に初詣に行ってきましたぁ♪
さすが三箇日だけあって人の多いのなんの…(-_-;)
参道はおしくらまんじゅう状態です…(笑)

でも、その人ごみの中をサッサッサ☆と歩くのが…


ウチの母です!!!( ̄+ー ̄)b☆
それはそれは素晴らしい速さでした(笑)


その母のおかげもありあっという間に神社に到着~☆
初詣


手を清め、

いざ!!!

おみくじ!!!!Ξ(ノ゜□゜)ノ (笑)

昨日はあまりの人の多さにおみくじが引けなかったのです…

親子そろってシャカンシャカン(←おみくじを振る音(笑))…

母→33
黒→88

おおっ!!!どっちもゾロ目!!!Σ(゜∇゜)b
これはイイ予感♪

結果は…

母→吉

黒→…



凶…


……



…Σ(゜Д゜;)//



黒猫に10のダメージでした…泣

でも、悪いことばかりじゃないことを信じて高めの所にくくっておきました…(/_;)

それから気を取り直し、線香の煙をまとい、お参りしました。


さぁいよいよ…

出店散策隊、出動デス!!!\(゜ロ\)Ξ\(゜ロ\)Ξ(笑)

まず毎年ここに来たら絶対に行く明石焼きさんへ!!!\(゜ロ\)Ξ
ここの明石焼きは格別です…(^m^)♪
これをご覧あれ!!!

明石焼き♪


見て下さい!!!この湯気!!!
寒い冬にはたまらなく恋しくなる明石焼きです…(*^^*)v

お次は鶏と豚の串焼きへ!!!\(゜ロ\)Ξ
残念ながらこれは写真がありません。
食べるのに夢中で…(笑)
でも、とっても美味しかったです(^^)v

その後はぶどう飴や、お父さんへのお土産にちりめん山椒、そのお店でお粥を食べ、
そして何よりここに来たら必ず買うもの…
それは…
かた焼き


かた焼き~♪
これをバリッボリッと食べるのが素晴らしく美味しいです(>∇<)b
でも、歯の弱い人はおやめ下さいm(__)m (笑)

そして最後の締めくくりは…

ドラちゃん焼き


ドラちゃん焼き~☆
何!?ドラちゃんに見えない!?
これでもれっきとしたドラちゃんデス!!!(笑)

そうして楽しい初詣を終え、
帰りに少しダ○エーに寄ってドーナッツを買い、無事に帰宅しました。


やっぱり初詣は出店とお参りがあってこそ楽しいモノです(笑)

ちなみに今夜の晩御飯はキムチ鍋で、デザートはドーナッツでした♪

おいしかったぁ♪(*^_^*)

一日遅れの…

新年 明けましておめでとうございます
今年も 親子共々よろしくお願いいたしますm(__)m




いやぁ~ 
昨日はバタバタしてたので、新年の挨拶ができずスミマセンでした。(^_^;)

毎年元旦は私の実家に行くのですが、父親一人で暮らしているもんだから、食事の用意をしていかないといけないのです。
掃除や、父一人分のお節は年末に姉がしてくれているので助かりました。

大晦日ごろから急に冷え込んできたので、風邪をひいてしまった私は薬を飲んでなんとか持ちこたえてたのですが、元旦の買い物に行ったジャ○コでとうとう貧血を起こしてしまいました。やたらと眠く立っていられなくなって、フラフラしてたのですが限界になって壁にもたれかかっていました。((+_+))
黒猫が気付き、早く買い物して実家に行こうと、主人も言ってくれたのですが、肝心の食品を買ってないので行こうとしたら…
主人だけ、ちゃっちゃっと車の方に行ってしまいました。

えっ…(-_-;)
買い物手伝ってくれるんじゃないの?
仕方なく、黒猫と二人で食料品を買いに行きました。フラフラしながら…
何を買ったかはっきり覚えたいないのだけど、
プッチンプリンのチョーBIGバージョンがあったので、買おうかどうしょうか二人で悩んだのだけは覚えてました。(結局買わなかった)

実家に着いたのが11時過ぎ。
お昼まで時間があるので炬燵で休憩しようとしていたら、
「はらへった。昼ごはん用意しろや!」と、主人。
「ちょっと休憩させてよ。私まだお腹減ってないし」と、私。
「ワシははらへってるのにー!」と怒る主人を無視して寝てました。
黒猫も夕べはほとんど寝てないので(友達とずーっと電話してたらしい)炬燵に入ったとたん寝てしまいました。
お昼になって、仕方なく(?)準備に取っかるも主人は炬燵の中からあれやこれや指図するだけ。80歳の父が準備を手伝っているのに自分は寒いからと一切何もしません。
寝ている黒猫をたたき起して手伝わせる始末だし…(-"-)

さあ、食べようとすると、
「おまえ、お腹すいてないって言ってたんとちゃうのん?」 (ーー;)
むかっときましたが、がまんがまん。

実際、食べたけど、あまり味が分からなかった…
デザートに食べた、プチシュークリームは美味しかったケド。

帰ってから、ちょっと熱が出てきたので、お節を食べるだけの簡単な夕食にしました。

今朝はしんどかったので昼前まで寝てました。
その間、何度も「はらへったぁ~」コールが聞こえてましたけど…
1日中タバコ吸いながら寝ころんでテレビ見て、「はらへった~」しか言わない。
こんな家の中が嫌な黒猫はサッサと友達と初詣に行ってしまいました。
私も行きたかったんだけど、風邪が悪化しないようにおとなしくしてます。(>_<)


こうして、主人の嫌味に耐えながらこの正月休みを過ごしてる私は、早く休みが終わらないかと願っております。(ーー゛)

でも、明日は主人の友達が年始の挨拶に来られるので、ご飯の用意をしなくてはいけません。
黒猫にとってはお年玉獲得の良い日になります。
さあ、今年は何人来るやら。(毎年、だいたい4~6人)
また、戦闘態勢に入ります。
それまで、ゆっくり休ませて頂きます。^m^


                         by 蜩
蜩の最近読んだ本