今年にさよなら

今日はめちゃくちゃ寒いです。
雪も降ってます。

大掃除やめて、小掃除にしておきます。
手のひび割れが痛いから。

お節はほとんど作りませんが、煮しめくらいは炊きます。

黒猫はデートでいません。
旦那はテレビのおもり。
一人だけ働くのはイヤなので今、サボっています。

明日の元日は雪でどこにも出かけられないかもしれない。
だったら、久しぶりに寝正月ができるかも。
いや、する。


ブログで出逢ったたくさんの皆様、訪問していただいてありがとうございました。
来年もよろしくね。 (*^^)v


                 by 蜩
スポンサーサイト

『勝手にふるえてろ』 綿矢りさ

綿矢りささんの3年ぶりの新刊です。
『インストール』『蹴りたい背中』『夢を与える』に次いでの4作目。


『勝手にふるえてろ』 綿矢りさ 文藝春秋

勝手にふるえてろ勝手にふるえてろ
(2010/08/27)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


著者3年ぶりの新刊は、不器用なOLが脳内と現実の2つの恋の間で右往左往しつつ自分の道を探していく様を描いた新境地。何とも思っていなかった同期に告白されて戸惑う良香。26歳まで恋愛経験のない彼女はこれを機に、中学からひきずってきた不毛な片思いの相手に会ってみようと行動に出るが……。時に暴走する遅咲きの主人公が愛しく思えて、切なくもコミカルな一風変わった恋愛小説です。(文藝春秋HPより)

20代も後半になると独身女性としては焦りが出てくる頃かな?
そんなリアルな感情が文面にちりばめてある。
中学時代からの片思いの相手が“イチ”、突然告白された同期の彼は“”。
彼女の中での順位なのか、イチは王子様的な存在なのに、は結婚してやってもいいかなぁ~と軽く考えている。
彼女の結婚観が、「好きな人と結婚したいけれど、好きすぎる人とは結婚しない方がいい」
相手の事が気になりすぎて毎日落ち着かないからだ。これは納得。
と言いながらも、いざ生身の人間()と付き合いだすと、片思いなのに急にイチに会いたくなり偽名を使って同窓会を企てるという暴挙にでる。が、会ってしまうとやはり気持ちは高ぶるのよね。話題も合うしこれはイケるかと思っていたら…イチが自分の名前を覚えていない事にショックを受けてしまう。
そしたら、初めから自分だけを見ていてくれたが急に恋しくなる。
女心は複雑です。

しかし、親友だと思っていた来留美がに自分の事(26歳まで経験なしとか)をぜ~んぶ話してしまったのに、またまた大ショックを受け再起不能になってしまう。
かといって会社を休むわけにはいかない、けど来留美には会いたくないし仕事をする気力がない。
そこで思いついたのが、“産休を取る”だった。
もちろん嘘だが、ゆっくり休むにはこれしか考えられなかった。
休んでいる間にから電話やメールが来ないように電源を切っているんだけど、朝になると電源を入れて着信やメールがないとその時はホッとすんだけど、それが何日も続くとだんだん寂しくなってしまう。
反対にこっちから電話したりして…
後はまぁ、なるようになるんですが。

主人公の良香がとにかくカワイイの。
26歳なのにやってる事がとってもガキ。でも憎めない。
恋愛下手なOLが一生懸命生きているって感じ。
絶滅危惧種の動物のような自分が情けなくて嫌なんだけど、そんな自分を丸ごと受け止めてくれる相手も欲しい。
の人間臭くてナルシストなところも鼻につくのだけど、反対に人間らしくていいかな?とも思ってしまう。
完璧な相手より、人間味のある相手のほうがいいのかも。

「恋愛、しないとだめですか?」本の帯に書かれたサブタイトルもどき。
恋愛しないと結婚できないの?
恋愛と結婚はやはり別物?
さてあなたはどう思いますか?


                    by 蜩

『cocoon(コクーン)』 今日マチ子

久しぶりに衝撃を受けた作品です。

『cocoon』 今日マチ子 秋田書店

COCOONCOCOON
(2010/08/05)
今日マチ子

商品詳細を見る


シマいちばんの女学校に通う主人公・サンらは、クラスメイトとともに学徒隊として戦地に赴く。戦況の悪化とともに、ひとり、またひとりと仲間を喪っていく中、世界の凄惨さと自己の少女性との狭間でサンは……。
戦後65年。新世代の叙情作家が挑み描いた衝撃の長編傑作。(秋田書店HPより)


『cocoon』とは“繭”のこと。
蚕が糸をはいて作るあの繭。
ほとんどの蚕の繭は絹を取るために熱湯で茹でられて死んでしまう。
でも何匹かは成虫にし、卵を産ませて増やしていく。
「ほんとうは、だれも死にたくなんかなかった」
夢見がちな少女たちはいつの時代も輝いているはずだった。
時代が悪いのか、人間が悪いのか、犠牲になるのはいつも弱者。
当たり前の夢を見る事さえできず、許されず、あまりにむごすぎる現実が彼女たちを壊していく。

死んでゆくマユが親友のサンに頼んだおまじない。
『わたしたちは、想像の繭に守られている 誰にもこの繭を壊すことはできない』
たくさんの人の死を目の当たりにしていたのに、それから目をそむけようとしていたサン。
繭から出る事を拒否していたが、捕虜になりはしたものの無事に生きながらえた時、彼女の心が変化していった。
「繭が壊れて わたしは羽化した 羽があっても飛ぶことはできない だから 生きていくことにした」

今日マチ子さんの作品との出会いは、『吉野北高校図書委員会』(山本渚:著)の装丁でした。
ふわっとしてほのぼの感が漂うカラーなのに、芯が強いというか凛とした線に引きつけられました。

この作品は戦争時代の沖縄をテーマにしています。
いつもの彼女の画風からこの作品ができるとは… 正直、驚きました。
年齢も私よりはるかに若いのに、このリアリティさは何だろう。
まるで体験してきたような苦しさ、辛さ、絶望。
『はだしのゲン』を読んだ時に受けた衝撃に似ていた。

憎しみからは憎しみしか生まれない。
わかっているのに戦争はなくならない。
今も、地球のどこかで悲しみが生まれているのでしょうか…


                      by 蜩

クリスマスだというのに…

ちょっとご無沙汰してます。

今宵はクリスマスイヴ、だというのに…
なぜに私はひとりでPCとにらめっこ?

今日はまたまた愚痴っちゃいます。

去年までは、家族でクリスマスイヴを過ごしていました。
チキンを焼いて、ケーキも作って、ちょっと豪華なディナーを楽しみ、プレゼントを心待ちにしたものです。
しかし、
今年のイヴは誰もいない。
私一人のイヴです。
チキンも買ってきたのに…
娘は昨日ケーキを焼いて、バイトが終わってから彼氏んちへ泊まりで出かけ、今日は友達6人とクリスマスパーティだそうでまたまたお泊り。
まぁ、これは前から聞いていたから仕方ないとして、旦那までもが今日は誘われたので飲んでくると連絡があった。

子どもも大きくなって、10代後半になると友達・彼氏優先になる事は予測していたけど、やっぱり寂しいもんですね。
かといって、今更旦那と二人でクリスマスなんてのも考えられないし。
職場での忘年会も旦那の夕飯を作らないといけないので(娘はバイトで遅くなるから)辞退したのに…
その日も飲んでくるからとあとから電話がありました。
上機嫌で帰ってきて、私が機嫌悪い態度をしているとやたらからんでくる。
それが最近とにかく鬱陶しくて仕方がないのです。
主婦になると友達同士で出かけるのも遠慮しないといけないし…
なかなか、しんどいですわぁ

*これから先は、かなり重い話になりますので、苦手な方はここまでで御遠慮下さい。


バスの中で。

ちょっと出かけた日の事です。
帰りのバスの中で気になった出来事がありました。

帰りの時間はちょうど学校の終わる時間だったので、バスにも何人かの学生が乗車してきました。
その中に私立の小学校に通う女の子が一人いたのです。(制服・カバン・帽子に某私立校の校章がついていたので)
見た感じは3、4年生かな?
二人掛けの座席にドンと座り、手に持っていた荷物を隣の窓際に置き、そしていかにも疲れた様子で大きなため息をついていた。
乗客は次から次に増えていき座席はいっぱいになってきたのに、彼女の隣には荷物が置かれたまま。
すると、乗車してきた年配のご婦人が彼女に向って、
「みんな(席を)寄せてるのに、あんただけズルしたらあかんよ。」と優しく、でも棘のある声で注意したのです。
一番後ろに座っていた私はどうなるのかと様子をうかがっていました。
小学生の女の子は一瞬何を言われたのかわからないような感じでじっとご婦人の方を見ていましたが、席をつめる様子はありませんでした。
しばらくの睨み合い(?)の後、ご婦人はあきれた様子で他の空いている席に着かれました。
発車時刻になり、バスが動き出すと、小学生の彼女は立っている人を気にも留めず居眠りを始めました。
そして、いつもの停留所で降りて帰って行きました。

この少女の行動をどう思われますか?

実は、このような光景を前にも見たことがあるのです。
やっぱり私立の小学校に通う児童でした。
その子は男の子で二人連れだったのですが、二人で一緒に座るのかと思いきや、別々に二人掛けの座席に座るのです。
乗客が増えてくると、一人の子は端に寄って隣を空けたのですが、もう一人は真ん中にデンと座ったまま。
人が乗り込んできても知らんふり。
結局座れなかった人たちは立つことに…

私立に通っている生徒がみんなこんな風だとは思いませんが、ちょっと嫌な気持ちになりました。
対照的に、見るからにやんちゃな兄ちゃん達はうるさいけど、結構席を詰めてくれたりします。

社会常識のない人が多くなってきています。
子どもだけでなく、大人にも目を疑うような事をする人がいます。
子どもは小さい頃から親や周りの大人から社会常識を学んでいきます。
手本となる大人がいい加減なことをしていると、子どもたちは「それでいいんだ」と錯覚してしまいます。

勉強ができれば何をしても許されるような育て方をされてきた子どももいます。
そんな子どもが超進学校に進み、高学歴を手にし、社会に出たらどうなるか。
ましてや、政治家や官僚になったら…

ちょっと背筋が寒くなるような気がしました。


                  by 蜩

朝の空。

以前にも朝陽の写真を掲載したのですが、実は結構撮りだめしているのです。
今回はとても気に入ったモノを少し載せたいと思います。
携帯のカメラなので画像が粗く見にくいかもしれませんがご了承ください。


11月5日の朝。
眩しくて、周りが白くなってしまいましたが、雲の向こうから太陽が昇ってくるのがきれいでした。
朝陽11月5日

11月16日の朝。
東の空の雲と山並みの平行線の間から昇ろうとしている朝陽。
雲に朝陽が当たって反射しています。
朝陽11月16日

11月23日の朝。
これは朝陽が昇ってから随分経っています。曇り空の隙間から射す光がとてもきれい。
まるで天国からの階段のよう。
朝陽11月23日

12月6日の朝。
寒い朝でした。
東の空の雲が山並みと重なって、どこからが空かわからなかったのですが、その間から朝陽が顔を出してきたのです。
朝陽12月6日

12月9日今日の朝。
曇りで朝陽が見れないなぁと思っていたら、雲の向こうから出てきたんです!
朝陽12月9日

毎日違った顔を見せてくれる空。
また素敵な空に出逢えたらUPしますネ。


                    by 蜩

写真はパシャ! ブログはポチ!

ロザンの作り方。   『京大芸人』 菅 広文

吉本興業のお笑いタレント ロザン”  をご存じだろうか?
ロザンを知らなくても、クイズ番組によく出演している京大卒の芸人、宇治原と言えばわかるだろうか。

関西ではそこそこ人気のあったお笑いコンビ“ロザン”だが、宇治原くんがクイズ番組に出だしてからは全国的に有名になってしまった。

実のところ、私もロザンのお笑いの舞台は見たことがない。
でも名前だけは知っている、そんな存在だった。

テレビ朝日放送の『Qさま!!』を見てから、なんか凄く頭の良い芸人がいる!しかも京大卒!
問題をスラスラ解いている姿を見て、いつの間にかファンになっていた。

彼の相方、菅広文が書いた本があると聞いて早速読んでみた。

『京大芸人』 菅 広文  講談社

京大芸人京大芸人
(2008/10/30)
菅 広文

商品詳細を見る


タイトルからしてそのまんま。
しかし、ここで注意してほしいのが京大卒なのは宇治原くんだけ。
相方の菅くんは、大阪府立大学中退。
お互い大阪でも有名な中高一貫の進学校の同級生だった。

成績が下の方の菅が“高性能勉強ロボ”宇治原と出逢ったのは、同じ部活の夏合宿。
第一印象は、勉強ができて変わっているけど、話をするとおもろいヤツ。
二人の付き合いはこれから始まった。
高3になってから真剣に進路について悩み出した時、菅が宇治原に、
「芸人なれへん?」と誘ってみた。
すると、
「そやな。やろか?」と、以外なくらい簡単に決まった。
京大に入るのを勧めたのも菅で、「芸人になったとき売りになるから」というかなり身勝手な提案だったのに宇治原はすんなりその気になった。
というか、元から彼は京大を受けるつもりだったようだ。しかも一本で。

この本に出てくる宇治原くんの勉強法が凄い。
まず、年間スケジュールを立てる。
  4月~6月までは、暗記
  7月~9月までは、基本問題
  10月~12月までは、応用問題
  1月・2月は、過去問題
そして、授業がない日の一日のスケジュール。
  7時    起床
  7時~8時 朝食
  8時~12時 勉強
  12時~1時 昼食
  1時~6時 勉強
  6時~9時 夕食・テレビ
  9時~11時 勉強
  11時~12時 お風呂
  12時    就寝
これを徹底的に守った。

5教科の勉強法もおもしろい。
これはまだ初期の暗記の時の事。
  日本史・・・教科書を初めから終わりまでひたすら読む。
  数学・・・問題と解き方を全て暗記。
  英語・・・単語を覚えず、文章を暗記。
  国語・・・新聞を読む。
  理科・・・問題を解いてそれを暗記。
それに、普通教科書の重要なところに引くアンダーラインを彼は、
「教科書に載ってることなんか全部重要やん」と言って引かない。
つまり、全部暗記する。
暗記の仕方も、「書く。声に出す。歩きまわる」だった。
夏には、予備校からは特待生として月謝免除で来てくれとハガキが来る始末。
やっと中期の問題を解く段階に入ると、またもや勉強法が違った。
  国語・社会…問題集は何冊も解く→問題の数が多いからたくさんこなしておく
  数学・理科…同じ問題集を何度も解く→同じパターンの問題が多いから暗記するまで解く

いよいよセンター試験。
菅くんは4教科700点満点のところ400点ちょいなので無理。
宇治原くんは5教科800点満点のところ719点で合格圏内。
二次試験も似たような結果で、宇治原くんは京大法学部に一本で合格。
菅くんはみごと浪人生となる。

菅くんが次の年に府立大学に合格してからようやく芸人らしい活動を始めた。
吉本興業に入るには、養成所(NSC)に入るか、2丁目劇場のオーデションで合格するかだったが、学校があったので二人は2丁目劇場のオーデションを受け続けることにした。
宇治原くんが3回生の時、親に芸人を目指しているのがばれてしまい大喧嘩になった
菅「就職活動すんの?」
宇治原「就職する気があるんやったら、もともと(こんなこと)やってないで」
菅「・・・そうやな」
その日、就職活動用に買ってもらったスーツで舞台に出た宇治原くんは、初めての合格音を聞いた。
2丁目劇場のオーデションを受け続けて1年半が経とうとしていた。

自分の決めた道を貫く。
簡単そうでなかなかそうはいかない。
諦めない気持ち。
勉強にしても、仕事にしても、誰かが敷いたレールじゃなくて、自分で少しづつ広げて行った道は、大切に歩いていこうとする。
その気持ちをいつまでも大事にしたい。


                   by 蜩

随分、長文になってしまいすみませんでした。m(__)m

じゃがりこ3連発!

期間限定モノに弱い私。
大好きなスナック、じゃがりこに次々と新作が出たので思わず買い込んでしまいました。

まずは、じゃがりこ キムチ

じゃがりこ キムチ

え~ これはじゃがりこ発売15周年を記念して作られた限定品。
“感謝のキムチ(気持ち)味”  なんです。

じゃがりこ キムチ2

味はと言いますと、“キムチ!” っていうくらいキムチです。
写真じゃわかりづらいですが、ほんのり赤いのです。
とにかく後口がひーひー辛くて…(>_<)


お次は、じゃがりこ ローストオニオン

じゃがりこ ローストオニオン

じゃがりこ ローストオニオン2

玉ねぎの香ばしさと甘味がお口に広がります。
ジャガイモと玉ねぎってどうしてこうも相性がいいんでしょうか?

これにベーコンやチーズが入ると…
おや、次の商品がまさにそれです。

お・と・な じゃがりこ 
スパイシー チーズ&ベーコン 


じゃがりこ スパイシー

出ました! おとなのじゃがりこ です。
容器も光沢があって、大人っぽい。

じゃがりこ スパイシー2

口に入れるとベーコンの香りがふわっときて、噛んでいるとチーズがひょっこり出てきたりして。
黒胡椒がピリッと効いていて、ビールが飲みたくなる。
私ならチューハイですが(笑)

私はじゃがりこのバーコードのイラストキリンのダジャレが好きです。
ついついそっちを先に見ちゃいます。
キリンの家族が出てきてなかなか面白い。
商品によって違うのでご覧くださいね~


                  by 蜩

じゃがりこに、ポチ♪

ちょっぴり、オタッキー

とうとう12月に入りました。

12月1日発売!
『BLEACH BERRY BEST』 

BLEACH BERRY BEST(DVD付)BLEACH BERRY BEST(DVD付)
(2010/12/01)
TVサントラ、miwa 他

商品詳細を見る


豪華5大特典
・W一護BOX:工藤昌史描き下ろし<一護>&<完全虚化一護>ジャケット
・スペシャルデジパック:破面全8キャラを見開きで描き下ろし
・ブックレット:久保帯人先生イラスト&直筆コメント入り
・ピンナップ:BLEACH厳選イラスト仕様豪華5枚組
・特典DVD:ノンクレジットOP&ED映像収録

テレビアニメ・映画の主題歌サントラ盤、3枚目。
しかも10周年記念!
一護仕様と言う事で、ジャケットはイチゴ色の赤。

Amazonで予約してあったので、今すでにわが手にあります。(*^^)v
でもって、聴きながら今ブログ書いてます。

いいわぁ~♪

テレビアニメになってもう10年なんですね。
早いもんです。
コミックの方は黒猫の友人から借りていたのですが、学校が変わってから読めなくなって、今は専らテレビアニメonlyで楽しんでます。
テレビアニメだと、主題歌がまたイイの。
オープニングもエンディングも。
映像もいいからDVDがあるってのも最高。

『BLEACH』だけじゃなく、アニメは大好き。
マンガもいっぱい読みます。連載モノだけでも今10作品以上買ってます。
オタクまではいきませんが、好きなものは好き。
でもこの歳になって、同年代では話が合わず少々寂しい思いをしてます。
黒猫とはなんとか合うのですが、あいつの方がオタク度が上なのでついて行けず…

そんなちょっぴりオタッキーな母は今日もマンガを読みふけっております。


                     by 蜩

寂しい母に愛のポチを。

クロワッサン。

最近、朝起きるのが辛くなってきました。
でも時間は容赦なく過ぎて行きます。

お弁当、朝ごはん、・・・・・
旦那と黒猫のを作って二人を送り出してからは、適当になる自分の朝ごはん。
今日はちょうどクロワッサンがあったので、オーブントースターで軽く温めてから野菜とハムをサンドしよう。
飲み物はコーヒー。
ドリップしている間に洗濯してっと。
オーブントースターは温まったので横半分に切ったクロワッサンを入れる。
レタス、ハム、マヨネーズと…
おっと、タオルの交換忘れてた。
洗濯機に放り込んで…あっ、自分のカバンの用意できてたっけ?
ハンカチ入れて、中身はOK
・・・・・・・ん? 焦げ臭い。

あああ!  クロワッサン忘れてた!

あわててオーブントースターを開けると…

黒ワッサン

見事な、黒ワッサン

お粗末さまでした。m(__)m


                     by 蜩

朝からなにバカなことしてるんだろう…(^_^;)
蜩の最近読んだ本