スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警報に一喜一憂。

台風2号、大変でしたね。
こちら関西方面では土日にかけて風雨が激しくなり、月曜には通過してしまいました。
被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。

さて、先週の金曜日の事。
職場では台風の話題で持ち切り。
なぜかって?
月曜日に警報が出て、学校が休校になる!?  ってことで。
子どもさんがいらっしゃる方々は、家に置いていくのは不安だし、お昼の用意しなくてはいけないので良いやら悪いやら。
給食さんたちは、朝7時時点で警報が出ていたら給食がないので、出勤するかしないかがギリギリまでわからないいから困ると。
先生方は、学校が警報で休みでも職員は出勤なので、そんなときは日頃できない仕事を片づけるいいチャンスなのです。
用務員さんは「絶対警報でるから、月曜日は休み。そうなったら、自分も年休取ろうかな~」なんて暢気なこと言ってるし。

はたして月曜日はどうなる?

私は月曜日は休みなのですが、旦那が仕事に行くのでいつもの時間に起きます。
朝6時過ぎにテレビをつけると、警報がでてるではありませんか!
でも外は、風は強いが雨は上がっている。
台風も温帯低気圧になってしまったしどうなるかな?
6時50分にもう一度確認してもまだ発令中。
これは、もしかして休校?
しかし、7時になって見てみると、
解除になっているではないですか!

あぁ~あ
と、何人の小学生、中学生、高校生が残念がっただろう。

自分が学生の頃も、警報に一喜一憂させられていたなぁ~


                   by 蜩

無事だからこんな暢気なこと言ってられるんですね。反省です。
スポンサーサイト

テレビ番組で久々に泣く。

普段は決めた番組しか見ない私。
その中でも日曜日の大河ドラマ『江~姫たちの戦国』と『JIN~仁』は必ず見てます。

大河ドラマは元々好きなんですが、前の仕事の時は土日出勤だったので見れなかったのです。
加えて、旦那はドラマが嫌いなのでご飯時には見せてくれない。

だから日曜日は、早めにご飯にして別の部屋でゆっくり見るのです。


昨日(5月29日)もさっさと片づけをして、8時からひとりでテレビに見入っていました。
『江~姫たちの戦国』 
は脚本が面白く、時代劇とは思えないやりとりなので堅苦しくないのです。
この何週間かは茶々が秀吉に惹かれていく過程が丁寧に描かれています。
第20回目ではタイトルも『茶々の恋』言い寄ってくる秀吉に素直になれず、しかも両親の敵であるがゆえに自分の心を出せない辛さ。
側室といちゃついている秀吉を見て思わずビンタしてしまい、あとで大泣きしてしまった茶々。
そんな乙女心を秀吉が知る由もない。
しばし離れて暮らしてみても募る想いは強くなるばかり。
久しぶりに大阪城にやってきたと思うと、茶々の縁談だった。
その夜、物思いにふけっていた茶々と鉢合わせをした秀吉。
これが最後かもしれないと思うと、茶々も自分の想いをなんとか告げようとするが…

茶々役の宮沢りえさんが、きれい!
それに、上手い!
茶々の繊細な感情を凄く丁寧に、だけど自然に演じていらっしゃいます。
顔の表情を見てるだけで、「ああ、切ないなぁ~」って思ってしまう。
ラストはもう、涙涙ですよ。
「もう!いい加減素直になれよ!」と言いたいくらい切なくて…

この二人のなれそめには諸説ありますが、私はこのドラマの解釈が好きですね。
女性受けするからかもしれませんが。


その後、続けて『JIN~仁』 
を見て、中谷美紀さんの美しさにぽーっとしました。
また彼女(野風さん)の病気が再発して、今度は手遅れでしかも妊娠してるときた。
お涙ちょうだい路線は好きではないのですが、母親の強さにはホロっときてしまいました。
あー野風さん、死なないで~!


二つのドラマを見て涙涙だったけど、この後には私の大好きな徳永英明さんがゲストで出る
『EXILE魂』 を観なくてはならない!
EXILEのタカヒロくんも好きなんですが、なんと言っても徳永さんがイイ!
EXILEとのコラボ、イイですね~
久しぶりにしっかりと聴いた『壊れかけのRadio』アツシさんも泣いていたけど、私も泣いたよ。
彼の原点のような曲。
何度聴いても心に染みる。
カバー曲も彼が歌うと、丸くなるって黒猫が言ってた。
まるで柔軟剤のようだと私。
失礼かもしれないけど、女性が歌うより色っぽい。
中性的な声のせいかわからないが、彼の声は心にすーっと沁み込む。
『レイニー・ブルー』を初めて聴いた時、私は号泣してしまったのです。
なんてきれいな声、それなのに切ない曲に凄く合ってて溶けてしまいそうだった。
当時の男友達がこの曲を聴かせてくれて、「この歌手、絶対売れるから」と太鼓判を押してたのを覚えてた。
まさか本当にここまで有名になるとは思わなかった。
見る目、いや耳あってんやなぁ~あいつ。

そんなこんなで3時間のぶっ通し、充実したテレビ鑑賞でした。


                    by 蜩

実は今日、ビデオに撮ってたアニマックスの一挙公開『デュラララ!!』 12話分(6時間)一気に観てしまいました。(^_^;)

夏の漬物

久しぶりの食べ物ネタです。(*^^)v

関西、しかも大阪泉州地方の名産で、この時期旬の美味しいモノ。

水なす漬け

水なすのぬか漬け

水なすは、まるくてとってもジューシーなナス。
お漬物に最適!
中でも私はぬか漬けが大好き。(*^_^*)

水なすのお漬物は包丁で切らず、手で割くんです。

水なす漬け2
画像がぼけててすみません。(^_^;)
食べごろを少し過ぎているので、表面の皮の色が落ちてしまっていますが、これくらいよく漬かったのが好きなんです。
このまま、パクリと食べるのもいいし、ちょっとお醤油を付けてもいいですね。
ご飯が何杯でもイケちゃいます。

近所のお寿司屋さんではこの水なすの握りを出しているんです。
サッパリしていていくつでも食べられます。

私はこれが入っていた後のぬかを残しておいて、買ってきたきゅうりやなすを漬けるんです。
美味しいですよ!
夏はやっぱりきゅうりとなすのぬか漬けですね!ヽ(^o^)丿


                       by 蜩

ただし、お値段がちょっと高いので困ったもんです。(^_^;)

やっと。

今日は雨降りです。
しかも、かなりの風もあります。

近頃すっかり暑くなって、春はあったのかしら?と思うくらい短かったような…

今年は寒さが長引いてて、なかなか冬物が片づけられなかったのに
急に暑くなるもんだから、急いで夏物出してきましたよ。

そうやって衣類は引き出しからひょいって出せるけど、電化製品はそうもいかない。

我が家の押し入れは小さいので、冬の暖房器具を片付けようと思ったら扇風機を出さないといけないのです。
お風呂上がりなど、しばらくは扇風機の前で涼みたくなるようになってきたので、ようやく重い腰を上げました。

ヒーター2台の掃除をして、埃よけの袋をかぶせておく。
押し入れを開け、ゴチャゴチャしたモノを横にのけておいてから奥にある扇風機を出してくる。

扇風機
おおっ!半年ぶりじゃねぇ~

扇風機って、見ただけで“夏”って感じしません?

押し入れにヒーターを押し込んで(笑)
その前にあったゴチャゴチャを元に戻しました。

今年もこれで夏を乗り切ろう!


                         by 蜩

梅雨は寒くならないよね?  ちょっと不安。(-_-;)

心とは。  『ブタのみどころ』 

自分がブタになりつつあるというのに、こんな本を読んでいて良いのだろうか…

いいんじゃないの。

まぁ、簡単に言えばそんな本です。


『ブッタとシッタカブッタ』シリーズ最新刊。

『ブタのみどころ』 小泉吉宏 メディアファクトリー
ブタのみどころブタのみどころ
(2011/04/22)
小泉 吉宏

商品詳細を見る


「人生どこに曲がり角があるか分からない」…悩めるブタと、そのメカニズムをとことん追究していったら、心がすーっと晴れやかになった。
<分けるチカラ><意識><祈り>などについて思いをはせていきます。シンプルに深く、「心」に届く、気づきとヒント全25章、切り口も新たにお届けします。(HPより)


この本を読んでいると、悩んでいるのがばからしくなってきます。
悩むのは悪いことではないが、いつまでもそれに固執していては前に進めないという事。
『それ』は、自分にとって良い方向に導いてくれるものか?
『それ』は、永遠に変わらないものなのか?
『それ』は、自分を救ってくれるのか?
『それ』は、裏切らないのか?
だけど、『それ』を決めるのは自分の心。

ボクの心とからだ
ボクとボクを囲む世界
それは別々のものでなく
どれが大切で どれが大切じゃない
などということはなく
生きている限り全体でボクなんだろな
安心していようが
不安であろうが
それが今のボク
ボクたちは今この時間に
目の前のやるべきことをやり
生きていくだけ  (本書より)


哲学なのに、マンガですらっと読ませてしまう。
難しい話もなんとなく理解できてしまう。
ブッタ(本中の)の教えも押しつけではなく、さりげなく言った一言が的を得ているので、思わずうんうんとうなずいてしまう。

以前、本の紹介で挙げた、『迷える者の禅修行』でも似たような言葉があった。

宗教も人が不安になった時の心の拠り所。
どんな神も仏も所詮は人間が作り出したもの。
何かにすがりたい、祈りたい。
安心するならどれでもいいんだね。


                       by 蜩

悩んだ時、女性は話を聞いてもらえるだけで良くて、男性は答えを出したがる。
…そうです。

こんな夜中に…

最近、無性に甘いモノが食べたくなります。
そして、食べてしまいます。(>_<)

そして今、

ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツのミニカップ、食べちゃいました。(-_-;)

ホントのところ、半分だけ食べて残りは あ・し・た って思っていたのに…

こんな時間にアイス食べたらどーなるか。

良くないですね。(^_^;)

それでなくても、夏服入らなくて困っているのに…


ああああぁぁ   自己嫌悪。


                         by 蜩

またつまらん記事を書いてしまった…(T_T)

最近の読書 2月~4月(絵本編 その2)

昨日に引き続き絵本編です。

絵本の中で、ダントツに好きなのが、これ。
“バムとケロ” シリーズ
バムとケロのもりのこやバムとケロのもりのこや
(2011/01)
島田 ゆか

商品詳細を見る

ぽかぽかあたたかい木曜日。近くの森にきいちごをつみにいったら、
つるくさに覆われた古い小屋を見つけた。
誰も住んでいないので、2人の秘密の小屋にしよう!
まずは修理と掃除をして、それから・・・

島田ゆかさん6年ぶりの新刊絵本です。
絵が日本人離れしていて(最近はそう思わなくなった)、キャラクターが何とも言えない味のある顔をしている。
掃除、料理が得意でしっかり者のバム。マイペースでやりたい放題のケロちゃん。
まるで親子のようなほのぼのふたりに、いろんな仲間が集まってくる。
細かいところまで見ないと、この本の醍醐味は味わえないよ。


かげ (講談社の翻訳絵本)かげ (講談社の翻訳絵本)
(2010/09/17)
スージー・リー

商品詳細を見る

かげって不思議。わたしが動くと、そのとおり動く。めちゃめちゃなものの組み合わせでも、ほかのなにかに見えたり。女の子が遊んでいると、いつの間にか、かげの世界にはいっちゃった――!
 女の子がかげと戯れるうちに、かげの世界にはいりこんでしまうというおはなし。

言葉がほとんどない絵本です。
横長の縦開きと、変わった構成なんですがこれがまたこの本を楽しむのにいいのです。
影遊びをしている間に、いつの間にか逆になってしまう。
どうなるのかと思っていると、お母さんの声がして…


まるまるまるのほんまるまるまるのほん
(2010/11/19)
谷川俊太郎

商品詳細を見る

「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
これは意外な発想の絵本です。読むというより、遊ぶ絵本。
子どもと一緒に見ると楽しさ倍増です!
エルヴェ・テュレさんというフランス人の作品を谷川俊太郎さんが訳しています。


シニガミさんシニガミさん
(2010/09)
宮西 達也

商品詳細を見る

腹ペコオオカミは、ある日、森で病気のコブタを見つけます。
すぐに食べようとしたけれど、コブタが元気になってから…と
オオカミは自分の家に連れ帰り、看病を始めます。
そんな2匹の近くには彼らを見つめるシニガミさんがいたんです――。

表紙がちょっと怖いでしょ。目の所が切り抜かれていて下の絵が見えるようになっているんです。
オオカミとブタ。どちらももうすぐ死んでしまうのに…と姿かたちを変えて、どこからかそっと覗いているシニガミさん。
まるで他人事のように見ていたのですが…


ピンクのれいぞうこピンクのれいぞうこ
(2010/10)
ティム イーガン

商品詳細を見る

ネズミのドズワースが、がらくた置き場でみつけたピンクの不思議な冷蔵庫。
ドアを開けると、ある日は絵具とスケッチブック、次の日は本、その次の日はトランペット…、毎日違うものが入っているのです。
ドズワースは、それらを持って帰って、なにげなく絵を描いてみたり、本を読んでみたり。
いつもはボーっとしているのが好きなドズワースでしたが、そうこうするうちに、いろいろとやってみることが
楽しくなってきました。
そんなある日、冷蔵庫を開けると中はからっぽで…。

これまでの日常が当たり前だと思っていたのに、きっかけがあればそれは簡単に変えることができる。
誰かにそっと背中を押してもらえたら、世界にだって飛んで行ける。
そんなきっかけはあなたのすぐそばにあるかもね。


全部で11冊の紹介でした。

絵本は心の栄養剤ですね。
大人だからって読まないのはもったいないですよ。
子どもも大きくなったからって読むのをやめることはないと思います。
いいものはいくつになってもいいものです。


                      by 蜩

最近の読書 2月~4月 (絵本編 その1) 

“良い絵本”ってどういう基準なんだか、いまひとつわからないのですが、ある雑誌でランキングをやっていたのでそれを参考に何冊か読んでみました。
その中で、個人的に気に入ったモノを紹介したいと思います。

さよならをいえるまでさよならをいえるまで
(2010/06/17)
マーカ゛レット ワイルト

商品詳細を見る

一番の友達だった犬のジャンピーが突然死に、それを受け入れられないハリー。ところが、夜中に窓の外にジャンピーの姿が!毎晩ふたりで遊ぶうち、ついに別れを悟ります。
大事な家族(ペット)の死を受け入れるということがいかに難しいか。
こんなふうに徐々に別れができたら、悲しみも少しづつ癒されるんだろうなぁ。
ハリーのお父さんの行動がとても素敵です。

ココロのヒカリ (みるみる絵本)ココロのヒカリ (みるみる絵本)
(2010/09)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

元永の斬新でダイナミックな絵と、谷川の洗練された言葉が見事にとけあって、新しいタイプの絵本ができました。絵と言葉の宇宙へと旅立ってください。
言葉が絵になる。
元永さんの独特な絵は、まるで生きているように動きます。
谷川さんの言葉と重なって、それは何倍ものエネルギーを出します。
理解しようと思わないで、感じて下さい。

ゆっくりのんびりゆっくりのんびり
(2010/07/01)
いとうひろし

商品詳細を見る

はなちゃんは いつもかめさんといっしょ。ゆっくりのんびりやのかめさんといっしょ。
おきるのも、たべるのも かめさんといっしょ。みんなにぬかれても、なにしても、かめさんといっしょ。
ぜんぜんへいき。ぜんぜんへいき。

いとうひろしさんの作品って、なんでこう心がほっこりと暖かくなるんでしょう。
ゆっくりのんびりでいいじゃない。周りの事なんか気にしない、気にしない。
心にゆとりが芽生えるそんな絵本です。

もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)
(2009/11/04)
二見正直

商品詳細を見る

王様は川で魚をとっていた狐を、大砲をうって追い払いました。
ところが狐はもっと大きな大砲をもってきました。こうして王様と狐の大砲くらべはエスカレートしていきますが……。

どこまでいくんだー!って言いたくなるくらいシツコイ王様。
最後のオチは笑うけど、たくさん作った大砲の使い方が何ともエコですね。

りすでんわりすでんわ
(2010/09)
高橋 和枝

商品詳細を見る

森のりすかいぎで「でんわ」というものを知ったりすたち。
さっそくみんなで「でんわ」を作ってみました。
月のきれいな夜、
おばあちゃんにそのことを伝えたい、と考えた りすの子は――。
世界一すてきな、でんわのおはなし。

絵がかわいくて、ほのぼのさせられます。
さて、この電話は粘土でできていますが、どうやって相手に通じることができるのでしょう?

もぐらバス (日本の絵本)もぐらバス (日本の絵本)
(2010/04/08)
佐藤 雅彦、うちの ますみ 他

商品詳細を見る

ものおきのした 1ちょうめ、だれかんちの にわ 3ちょうめ、こんなバスの停留所、見たことないですよね。
でも、それが、ある町の地面のそのまた下には、あるんです……。
NHK教育番組「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビが世に送りだす、たのしい絵本。

テンポが良くて、まったりしてる。
ホントに地面の下でこんな世界があるのかなと思ってしまいます。


まだあるのですが、それはまた次回のお楽しみと言う事で。


                    by 蜩

黒猫の帰還。

そういえば、昨日は“母の日”だったのね。
と、言うくらい多忙な一日いや、二日間でした。

GW中に成人式の貸衣装を決めておきたくて、黒猫(娘)を呼び戻したのは5月3日の事。
お昼を済ませてから、近所の写真スタジオで貸衣装の下見に行くことになった。
昼食の最中に黒猫が、「今度の土曜日に帰るから」と。
「なんで?」と私。
「だって、次の日曜日、母の日やろ?」
おお!そうだった。って言うかホントはあまり期待してなかったのです。
一人暮らし始めたら何かと出費がかさむし、気持ちだけで良いかな。なんて思ってたから。

「私の料理、まだ食べた事ないやろ?ご飯つくるから!」
とまぁ嬉しいじゃないの。
家にいる時は料理なんてほとんどしてないのに、一人暮らし始めてからちゃんと作っているみたいやし、ちょっと期待してしまうわぁ~
(詳しくは黒猫のブログで)

貸衣装も決まり、前撮りの日をいつにするか考えていたら、お店の人が、
「早い方が良いですよ。なんなら今月中でも」
と言うもんだから、土曜日に帰ってくるんだからついでに撮ってもらおうって事になってしまった。
午後1時からの予約で。

そういえば、黒猫のコンタクトレンズがそろそろ切れる頃じゃないかと思いメールをしてみた。
案の定、あと一つだった。
だったら、土曜日、早めに来て眼科に行けばいいじゃない。
すると、「皮膚科も行っておきたいなぁ 手の湿疹がまた酷くなったから」と返事が。
皮膚科は、一度行ってみたいと思ってたいつもハンパなく混んでいると噂の医院。
電話で聞くと、土曜日は朝7時半から電話予約しています。とのこと。
それに加えて、日曜日に美容院にも行きたいと言うではないか。
予約電話を入れて、朝9時からにしてもらった。ついでに私もね。


さてさて、5月7日土曜日。
朝、旦那を送り出してから洗濯。
7時45分になったので皮膚科に電話予約を入れるとすでに141番
診察は午後になるからとことづけておいた。(土曜日も午後診察やってる)
洗濯と掃除が終わり、9時過ぎのバスに乗って眼科の受付に行く。
眼科に着くと(9時25分)すでに待合室は超満員。
この調子だと2時間待ちは覚悟しないと。
その間に黒猫はこちらに向かっている。
私が着いてから約1時間後に黒猫が眼科に到着
それから1時間弱でやっと順番が回ってきた。
こんなに待ったのに診察は5分もかからない。
それから薬局に行った。が、その前に、さっきの会計のお釣りが変だった。
コンタクトが8,000円、診察料が1,010円合わせて9,010円。私は10,010円出したからお釣りは1,000円のはずなのに、もらったのは100円。
薬局の前で気付き、すぐ引き返した。
会計の人も分かってたみたいで、ひたすら謝っていた。この忙しさだから大変だろうなぁ。

前撮りの予約は午後1時。
眼科を出たのが11時45分
電車で一駅がスタジオだから、お昼は余裕だった。
黒猫の元バイト先のうどん屋さんで昼食取って、スタジオに向ったのが12時45分
ちょっと早かったけれど、すぐに始めてもらった。
まずはメイクとヘア。これに1時間かかる。
着付けてもらって撮影に入ったら、思いの他色々なセットで撮ってくれる。
サービスでもう1着着替えられるので、同じようなのをもう一度繰り返す。
その間に時間は過ぎてゆく。
全部撮り終えて、着替えて、写真を選んで台紙も決めてやっと解放されました。
時計を見るともう6時前4時間がかりの前撮りでした
黒猫もさすがにクタクタ。

次は皮膚科へGO!
電車で10分弱。事前に電話を入れたら、まだ10人待っているとのこと。
早くて7時過ぎかな
辺りは薄暗くなり始めています。
皮膚科に着くと、ここも待合室は満員。
これだったら2時間かかるかな?
待っている間に黒猫は疲れて寝てしまいました。
私もコックリしかけていたら、やっと順番が回ってきました。
診察はじっくり10分以上かかってました。
薬局を出て、帰路に着いた時は辺りは真っ暗になっていました。
時計は8時を回っていました。

気になる晩御飯ですが、旦那が飲みに行ったので、二人で家にあるもので簡単に済まそうという事になった。
この時間から食事して帰っていたら家に着くのが10時回ってしまうから。
家に着いたのが9時前
なぜか旦那が外にいて、どこかに行こうとしてる。
近所のスーパーに晩御飯を買いに行く途中だったようだ。
黒猫をお供にさせて買い物に行かせ、私は家に入り洗濯物を片づけ始めた。
9時から新ドラマが見たかったので、洗濯物をたたみながら見てると2人が帰ってきた。
私の分も何か買ってきてくれたのかと思いきや、旦那の分だけ。
黒猫は旦那が寿司屋でもらってきたイクラ丼を食べてるし、仕方ないから私は黒猫の土産のドーナッツを食べてました。

その晩はなんだかんだ話をしていたら1時になってしまったので寝ることに。

次の日。
朝8時に黒猫をたたき起こして、朝食を取り、旦那は会社まで自転車で自動車を取りに出かけ、私たちは美容院へ向かいました。
歩いて10分くらいの近所です。
9時からだったので、一番乗りです。
私はカラーとカット。黒猫はカットだけ。
私の方が時間がかかるので、黒猫は先に帰って昼食を作ってくれるのです。
私が終わったのが11時半で、帰りに図書館に寄って予約してた本を借りて帰りました。
私が帰るまで寝ていた黒猫は12時すぎてから昼食を作ってくれました。
オムライス。
美味しかったよ~
おっと、旦那を忘れていた。彼は車を取りに会社に行ったんだけど、タイヤがパンクしててお昼には帰れないと連絡があったの。
だから、旦那のオムライスは晩御飯にとって置くことに。

ご飯も食べ終わったら、もう帰るとのこと。
どうも彼氏くんが大阪の梅田に来ていて、一緒に帰るつもりらしい。
いつもなら阪急電車を宝塚回りで今津線に乗り西宮北口で神戸線に乗り換えるんだけど、梅田に行くから、十三で神戸線に乗り換えてかえるようだ。(ローカルな話ですみません)
2時過ぎのバスで帰って行った黒猫を見送ってから、しばらく私も休憩。
旦那が好きなスジ肉を煮ている間に、本を読んでいた。
スジ肉もできたので、黒猫の部屋に行くと、ん?
黒猫のキーケースが机の上にあるではないか!
急いで電話すると、まったく気が付いてなかったようだ。
自分の部屋の鍵や自転車のキーまでついてるのに!
さてどうする?
時刻は3時45分
4時に彼氏と待ち合わせらしい。だからまだ合流していないようだ。しかも、バイトの面接に行ってるので連絡が取れないから黒猫は動くことができない。
それなら私が行くしかないか。
折角、化粧も落としてスッキリしてたのに…
バスの時間は4時20分までない。その間に準備したらいいか。
黒猫にはとりあえず、十三の駅まで来るように指示する。
宝塚線と神戸線は十三で合流するから。
バスで駅まで行き、阪急電車、梅田行きに乗り込む。
ここからだと約20分かかる
5時丁度に十三駅に到着
黒猫と彼氏くんに会う。
キーケースとさっきできたばかりのスジ肉を渡す。
そして私は反対側の宝塚行きのホームへ、黒猫達は神戸線のホームへ別れて行った。
帰りは混んでいたので立ったままだった。
駅を降りてバスに乗って帰ったら6時前でした。
旦那はすでに帰っていて、寝転んでテレビのお守をしていました。
さぁ、晩御飯は何にしようかな。

晩御飯に昼に黒猫が作ったオムライスを出したら、私の作った料理は残してオムライスだけきれいに食べてありました。

虚しいなぁ。

そんな母の日でした。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。m(__)m


                   by 蜩

最近の読書 2月~4月(一般書編)

すっかりサボっていました。『最近の読書』
いや、別に誰も待っていないんですが、自分の中の整理と言うか、読書回顧録とでも言うか…
そんなもんです。
そして、もし、読んでみようかなぁ~と思って下されば、それはそれでとても嬉しい次第であります。(*^_^*)


『どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心  益田ミリ  幻冬舎

どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心
(2010/08)
益田 ミリ

商品詳細を見る


その人のことを思い出すだけで、心の中がざわざわキリキリ。どうしても嫌いな同僚が原因で、仕事に行くのが憂うつなすーちゃんは、どう自分と折り合いをつけるのか。累計20万部のシリーズ最新作。(幻冬舎HPより)
大好きま益田ミリさんの作品です。
人を嫌いになるって、あまり気持ちの良い事じゃあないですよね。
でも、どうしてもその人の言動が気に障る時がある。
気にしないでおこうと思うのに、余計に気になる。
それが毎日の事で、しかも仕事に直接関係する事なら…
我慢にも限界があります。
すーちゃんのように、思い切って転職ってのもいいかも。
かなりの勇気と決心がいりますがね。

『ファザー ファッカー』  内田春菊 文藝春秋

ファザーファッカー (文春文庫)ファザーファッカー (文春文庫)
(1996/10)
内田 春菊

商品詳細を見る


十五歳のとき、私は娼婦だった。売春宿のおかみさんは私の実の母であり、ただ独りのお客は彼女の情夫で、私の育ての父だった……。自由を求めて旅立つ多感な少女を描くベストセラー。(文藝春秋HPより)
この帯を見て、かなりの衝撃を受けました。
これは小説ではあるけど、作者、内田春菊さんの自伝でもあると聞いたので余計にショックだった。
これを読むきっかけは、ある雑誌の児童虐待についての記事を読んだ時です。
暴力的虐待以上にこの性的虐待は、被害児童の心身を蝕んでいきます。
こんな大人(親)が本当にいるんだろうか…

『迷える者の禅修行 ドイツ人住職が見た日本仏教  ネルケ無方  新潮新書

迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)
(2011/01)
ネルケ 無方

商品詳細を見る


日本人が忘れた、“本物の仏教”がここにある。
「お坊さんになって悟りたい!」――。悩めるドイツ人青年の危機を救ったのは、祖国で出会った坐禅だった。出家の覚悟を決めて来日するも、そこで見たものは、この国の仏教のトホホな姿。算盤を弾くばかりの住職、軍隊のような禅堂、仏教に無関心な世間……。失望と流転の末、ようやく辿り着いた理想の修行は、小さな山寺での自給自足・坐禅三昧の生活だった。日本人が忘れた「一瞬を生きる意味」を問う、修行奮闘記。(新潮社HPより)

この本を読んで驚いたのが、ドイツでは座禅が結構ポピュラーである事。
日本文化は思っている以上に海外に流出しているのですね。
日本では仏教と言えば葬式仏教と言われるくらい、日常に浸透した宗教とは言えません。
私も仏教の教えは、死後の事ばかり(生きているうちに良い事をしたら天国に行ける)だと思っていました。
でも、違うのですね。
仏教の教えは、今を生きる術なんです。
彼はさまざまな禅寺で修行しながら、“何のために生きる”かを模索します。でも答えは出ません。
そうなんです、答えなどないのです。
禅とは“一瞬を生きる意味”を問う修行なのです。
彼は今、兵庫県にある曹洞宗安泰寺の住職をしています。
自給自足・檀家無しですが、常に数人の修行者がいるという事です。

『さまよう刃』 東野圭吾 角川文庫

さまよう刃 (角川文庫)さまよう刃 (角川文庫)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


長峰重樹の娘、絵摩の死体が荒川の下流で発見される。犯人を告げる一本の密告電話が長峰の元に入った。それを聞いた長峰は半信半疑のまま、娘の復讐に動き出す――。遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした問題作。(角川書店HPより)
以前、東野圭吾特集をやりながら、この作品を読んでなかったことに愕然としたんです。
映画化され、世間でも話題になったこの作品を。
被害者遺族の復讐の是非について、考えさせられます。

娘を誘拐し、薬で麻痺させ強姦した未成年の少年たち。
その始終をビデオで見てしまったら、そこへ犯人が現れたら、
正気でいられるはずがない。
自分がその立場だったら、たぶん同じ事しただろうな。
最後のシーンが切なかった。


年度がわりで忙しかったせいか、少ないですね。
実は途中で返却したのもあったりで、もう少し読んでるんですよ。
次回は『絵本編』です。


                   by 蜩

万歩計。

ずーっと前に、万歩計で健康管理しよう!って意気込んでいた時があったのですが、いつの間にか万歩計自体どこに行ったやら…

最近、職場の同僚が携帯電話で万歩計機能がついているのを持っていて、何歩歩いたとか気にするようになったので、私も再びチャレンジしてみようかと思ったのです。

で、早速行方不明だった万歩計を見つけ出したのは良いんだけど、この数年おやすみしてたので動いているはずがない。
スーパーで電池買ってすぐ装着。
スーパーまでの道のりが結構あったので残念でしたが、買い物してバス(無料)で帰って洗濯物入れて等々してるとあっと言う間に1000歩。
夕飯が終わって見てみると2778歩。
そこそこ動いているんだと実感しました。

明日は一週間ぶりの仕事なので、万歩計付けて行ってみよう!
デスクワークなのであまり期待はできないけど、体重も増えたまま停滞してるのでダイエットのつもりで頑張ってみようと思っています。

目標、一日一万歩

がんばろうっと(*^^)v


                    by 蜩

三日坊主にならないようにしなくては!

こんなところに顔がある。

今日からもう 5月 ですよ!
早いですね。

GW真っ只中の今日、旦那と私の実家へ出かけました。
何度か書いてはいるのですが、初めての方用にちょっと説明。
私の母は亡くなって10年以上経ちます。残った父は一人で田舎で暮らしています。
私の自宅から、車で約40分の所にいるのですが、車でないと行くのが不便な山奥(?)に住んでいます。
ですからなかなか行くことができないのです。(私は車を運転できない)

今年で84歳になったばかりの父は、その歳には見えないくらいに元気で、顔のツヤもとても良いのです。
ただ、今回は唯一の孫である黒猫がいないのでちょっぴり寂しそうではありました。
さすがにもう田圃の世話はできないので、近所の方に貸していますが、ちょっぴり野菜を作っているようでそれを自慢そうに話すのが嬉しそうです。
ふだんあまり他の人と話さないので、話をしだすと機関銃のようによくしゃべります。

旦那と話が盛り上がってしまったので、私は近所を散歩に出かけました。

丁度、降っていた雨も上がっていて空気がしっとり爽やかです。
あちこちから鳥のさえずりが聞こえ、カエルの鳴き声が響きます。
山は新芽でふっくら盛り上がってみえます。
遅咲きの山桜が新緑の間からちらほら見えています。
ふと立ち止まって耳をすませば、それらの鳴き声の他には何も聞こえません。
人工的な音が一切無い、圧倒的な自然の中にいるんだと、身体全身で感じていました。
カメラがないのが悔しいくらいのきれいな新緑の世界でした。

道端の木に目をやると、おもしろいモノを発見!

木の顔

何かの木の芽でしょうか?
ひょっとこみたいな顔になっているので思わず携帯で写メってしまいました。
こんな顔が木のあちこちあるんです。
棘がいっぱいついているのでバラかな?と思ったのですが、幹の太さが大人の指くらいで高さが2mほどもあるのでどうだか…

約30分の散歩から帰り、お茶を飲みながらこれからこの土地をどうするかの話でまた盛り上がってしまいました。

いつも何かと遠慮して何が欲しいとも言わず、細々と田舎暮らしをしている父を見ていると、心の奥でキュッとした痛みが走りました。




ゴメンネ。


                      by 蜩
蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。