人事異動。

ちょっぴりご無沙汰してます。

年度変わりは何かと忙しくてね…(-_-;)
特にウチの職場は人事異動が激しいので、周りの人たちはこの時期どこかソワソワしてます。
一応、希望は出しておくらしいのですが、その通りに行くかは…? 

こちら(事務職)はそれよりも年度末締めで忙しいって言ってるのに、それに加えて新年度のクラス数が微妙なのであります。
あと数人でクラス増なんてのが3学年あったりで、毎日転入生がこないかドキドキしてます。
何でかと言うと、校区が開発中のニュータウンなので、転入生の数が読めないのです。

そんなこんなで、毎日バタバタと過ごしていた時にとうとう辞令が発表されることに。
初めに教職員。
そして、私が一番驚いたのが、事務員の異動。
つまり、私の同僚です。
本人はもう3年居るので、そろそろかな?とは言ってらしたんですが、本当に換わるとなるとやはりショックでした。
いろいろありましたが、やはり女同士だし、年齢は離れてましたが子持ちということで話もよくしてました。
今度来る方が男性だと聞いてたので余計にね。

そんなことがあって、今度は市の職員の異動が出ました。
これは電子メールで発表されるので、時間に近くになると市職員の方たち(用務員さんと給食さん)はパソコンに貼りつきっぱなし。
私も待っていたんですが、帰る時間になったので諦めて帰ることに。
わかったらメールしてもらうように頼んでおきました。
すると、家に着いてすぐメールが入りました。
なんと、用務員さんと給食さんのNさんが換わることに。
またもやショック!
給食のNさんは予想通りだったんですが、用務員さんが残念でした。
というのは、事務室には事務員2人と用務員さんの3人の机があるんです。
普段、用務員さんはほとんど部屋には居ないのですが、給食時は一緒に食べるので話ししたりしてたのです。
その2人とも換わられたら、私はとても辛いなぁと。
用務員さん自身、とても気の付く良い方だったので寂しかったです。

そんなこと言っといて、自分のことをすっかり忘れてました。
アルバイトは一番後になります。
それが昨日の30日。
校長から、「蜩さん、来年度もよろしくね」と言われ、やったぁ~!ヽ(^o^)丿
まぁ、アルバイトはよほどのことがない限り換わらないと聞いていたので安心はしていたのですが、他の方の発表がある度、自分はどうなんだろうと心のすみっこで心配してました。

そして、昨日(30日)は年度末最後の日。
同僚の事務員さんは引っ越し準備をしなくてはいけないのに、仕事に追われていらっしゃいました。
それでも、彼女の人柄でしょう、次々に残念がる人達が挨拶に来られました。
「事務室は憩いの場所でした」「ここに来るとついつい言いたい事言ったりして」
などなど…
確かに、ゆっくりお茶を飲んでいったり、先生同士では言えない事も思わずもらしたりね。
特に同年代の女性の先生が多かった。

異動になった先生、辞められる先生、休職される先生…
どこの職場でもある人事異動ですが、この閉塞された社会ではどこか違う感じがした。
何がって、いわれても困るのですが…

まぁ、そんなことでまた来年度も仕事にありつけました。
それは喜ばしい事なので良しとします。

ただ、新しい同僚がどんな人なのかがまだわからないので不安ではあります。
噂ではとても穏やかで仕事のできる人らしい。
「蜩さんの仕事がなくなるかもよ」と言われるくらい。
それはそれでまた心配。

でも、やるしかない!  ですね。(*^^)v


                    by 蜩

ですので、しばらくは予約更新にします。m(__)m
スポンサーサイト

春告鳥

今朝、旦那を送るために玄関を開けたら、

ちゅちょっちゅ ちゅっっちゅ ひょーっぴっちゅっちゅ

今年、最初のウグイスの鳴き声を聞いた。

まだまだへたっぴな鳴き方だったけど、
桜が満開になる頃には、きっと立派に春を告げてくれるんだろうな。


                           by 蜩


チロルチョコだけじゃなくて…

前回、黒猫が帰ってきたときに、お土産をくれました。

チョコボール&ブラックさんだー

左から、チョコボール チロルチョコ味 ブラックサンダー味

前、ブラックサンダー チロルコーヒー味

後ろ、チロルチョコ チョコボールピーナッツ チョコボールキャラメル ブラックサンダー

私が好きなお菓子の4つがコラボしてこんなに素敵なバリエーションになりました。

チロルチョコに関しては黒猫のブログで先に紹介しちゃいました。
こちらをどうぞ→黒猫の空中さんぽ

チョコボールなんですが、
チロルチョコのコーヒーヌガーが、ひとくちサイズにちっちゃくなった。って感じです。
ブラックサンダーの方は、これもひとくちサイズで食べやすくなった。って感じ。
つまり、あまり変わり映えしないってことかな?

ブラックサンダーは、
コーヒー味でとってもおいしい!
チロルチョコって感じはあんまりないんですが、それなりに良いと思う。

チロルチョコねぇ~
チョコボールのピーナッツはサイコー!
私はピーナッツ派(黒猫はキャラメル派)なので、あのパリッとした食感がよくでてて、チョコボール半箱を一気に食べた感じに似てる。
キャラメルの方は、それなりに良かった。
ボールが大きくなった感じ。(そのままですが)
ブラックサンダーはね、おいしかった。
あの、ザクザク感がちゃんとあって、ひとくちサイズのブラックサンダーって感じ。

チロルチョコとブラックサンダーって、一度で食べきりなのが残念な気がする。
その点、チョコボールは少しづつ食べられて、味を楽しめるからイイ。

もっとこんなメーカーを超えたコラボがいっぱいできればいいなぁ~

蜩、至福のひと時でした。


                  by 蜩

チョコボールのパッケージのキョロちゃんの服がおもしろいよ!(^◇^)b

『流星ワゴン』 重松 清

やっと1年。もう1年。
どんな気持ちでこの日を迎えたんだろうか。
自分には想像すらできない状況の中で、彼らは一生懸命前を向いて生きてこられた。
それだけでも頭が下がる思いなのに、過酷な現実はまだまだ彼らを苦しめる。
いつになったら、心から安堵できる日常がやってくるのか。
遠い空から、気持ちだけでも楽になって欲しいと祈るばかりです。

偶然だけど、
今回読んだ本が、そんな気持ちとダブってしまった。

流星ワゴン流星ワゴン
(2002/02/08)
重松 清

商品詳細を見る

「死んじゃってもいいかなあ、もう…」38歳、秋。

息子は中学受験に失敗し、通ってる公立中学でいじめにあい、不登校になってしまった。
妻はいつからか外出が多くなり、夜も帰らない日があった。
自分は会社のリストラにあい、それを家族に言えずにいる。
息子の家庭内暴力と妻から離婚を迫られ、もう限界だと感じた僕は夜の駅前ロータリーで死を意識するようになった。

その時、1台のワゴン車が自分の前に止まり、吸い寄せられるように乗り込んだ。
その車に乗っていたのは5年前に自ら交通事故を起こして死亡した“橋本さん親子”だった。
理解に苦しみながらも、彼らとドライブを始める。
そして、過去のある場所に降ろされる。
そこは、僕の人生の分岐点だというのだ。
しかも、そこには自分の父親が自分と同じ年齢の姿になって現れた。
そのまま過去を同じように過ごせば、何も変わらないまま。
自分ひとりではなかなか勇気を持って行動できないと思っていると、自分と同い年の父親がなにかと絡んでくる。
中学生の頃から嫌いになってた父親との行動が、ふたりのわだかまりを少しずつ溶かしてゆく。

しかし、橋本さん親子にも、辛い想いがあった。
人生のやり直しはできるのか?
壊れた家族の絆は元に戻すことができるのか?


良い終わり方はしてないのだけれど、これこそ現実なんだと思い知らされる。
過去に遡って自分の人生を修復できたらどんなに良いだろう。
この話の中でも、岐路に立たされて初めて気付くことがあった。
あそこでなんで気付いてやれなかったんだろうか。
息子も妻もそれぞれSOSのサインを出していたのに…
しかし、それを過去で修正することはできないのだ。
僕はそれでも最低最悪の現在に戻ることを望んだ。
辛いけど、自分が変わらなければ周りも変わらない。
これからやり直せばいいんだからと。

死んだ家族や大切な人に会って話ができればどんなに良いだろう。
前に『ツナグ』を読んだ時にも思ったこと。
ちゃんと別れをしないで亡くなった人に、言いたい事は山ほどあるだろう。
こうして過去に戻れたら、後悔しないでいいのに…

どうも、震災1年目ということと重なって、作者の言いたかったことと違う解釈の取り方をしてしまったようだ。

講談社のHPに次のような文が載っていた。
28歳のときぼくは父親になり、父は「おじいちゃん」と呼ばれるようになった。親になってからの日々は、時間が重層的に流れる。小学5年生の長女を見ていると、小学5年生の頃の自分を思いだし、その頃の父のことも思い出す。少しずつ、昔の父のことがわかってきた。こどもの頃はあれほどおっかなかった太い腕が、じつは決して太くはなかったんだとも気づいた。長生きしてほしい、なんて口に出すのは嫌だから、ぼくは父親と家庭の物語を紡ぐ。――(重松清)

この文章を読んで、自分にも思い当たるところがあった。
娘が思春期に入った頃、どうしていいのかわからなかった時に、ふと自分がこの歳の時はどうしてたっけ?と思うことがあった。
そしたら、結構自分もいい加減だったことがわかり、安心した。
反対に、母親が自分の歳の頃ってどうだったんだろう?と思いだそうとするのだけど、そんなに覚えてないことに愕然とする。
でも、大変だったんだろうなということはよくわかった。

今回はかなりハチャメチャな文面になってしまった。(いつもだいたいハチャメチャだが)


                     by 蜩

ぷにたま さくらあんホイップ

個人的に好きな食べ物があります。

ヤマザキの ぷにたま
これまでも何度か紹介してきたのですが、
シュークリームの皮をもっとやわらかく、もちっとさせた感じで、中にはたっぷりのフワフワホイップが入ってます。
ぷにっとした皮にほわっとしたクリームの食感がなんともいえず、病みつきになります。

そのぷにたまに新商品が出てたのでご紹介を。

ぷにたま さくらあんホイップ

ぷにたま さくらあんホイップ

ご存じの方は「あれっ?」て思うかもしれません。
いつものぷにたまにはぶたさんのイラストが付いているんです。
言うなれば、ぷにたまのマスコットのようなもの。
他の商品を見れば…

ぷにたま
ぷにたま チーズ
ぷにたま チョコ

なんとも愛嬌のあるぶたさん
それが今回は“さくらパンダ”なるものが描かれています。
これは何ぞやと、ヤマザキのHPを見てみます。
こんなフェアをしてました。→山崎製パン さくらパンダフェア

話をもどして。
問題の中身ですが、

ぷにたま さくらあんホイップ2

よくわからないですが、ほんのりピンク色なんです。
味は、桜餅に似てます。
桜の香りがほのかにあって、甘さも控えめでなかなかよかったです。
ただ、あんこ嫌いの私にはちょっとあんこの味が難点でした。


                      by 蜩

もう、さくらって、春はもうすぐなんですね。

黒猫帰る。

娘の黒猫が先週、27日(月)の夜に帰ってきた。
成人式以来の帰宅に、父親は仕事帰りだというのに、わざわざ1時間かけて車で迎えに行った。

今回の目的は、母校(高校)の卒業式で部活のOB会があるから。
それが29日(水)。
大学は春休みなので、土曜日まで家にいるとか。

28日(火)
私は仕事。
黒猫は近所の美容院に行ってぶらぶらしたいからとのこと。
父親の会社にも顔を出してくるとか。
帰りは私と時間を合わせて買い物して帰る。

29日(水)
私は休み。
昼前には黒猫を高校へ送り出す。
夕食は友達と食べてくるのでいらないと。
しかも遅くなるからとメールがあった。
旦那は残念そう。

3月1日(木)
私は仕事だったけど、黒猫が一緒に出かけたいと言うので休みを取った。
(金曜日は週末で忙しいので休めないから)
ふたりで大阪に出かけた。
買い物いっぱいして疲れて帰ってきた。

2日(金)
私は仕事。
黒猫はコンタクトを買いに行きつけの眼科に行くとか。
それに、勉強もあるからとひとり家に置いて出た。

3日(土)
午後3時からバイトがあるからと、午前中に家を出る。

何とも忙しい1週間だった。

平日だったので旦那はほとんどゆっくり話もできず、ちょっと残念そうだった。
私も仕事だったけど、夜遅くまでふたりで話しこんでしまい眠い日が続いた。
料理は作ってもちゃんと食べてくれるので、それはとても嬉しかったし、作りがいがあった。

黒猫が向こうに帰ってから、いつもの日常に戻った。

話し相手がいるってことが、こんなに生活に活気が出るんだなぁとしみじみ思った。
持病の頭痛も忘れるくらい。

でも、旦那は朝が早い(5時半起き)し黒猫は夜が遅い(2時ごろ寝る)ので、毎日こんな状態が続くと、体がもたない。

それと、黒猫はとんだ置き土産をしていった。
それは、私の体重だ。
一緒に甘いもの食べまくってたので、すっかり増えてしまってた。

どうしてくれるんだぁ~!!


                         by 蜩

ホワイトデーのお返しは全部食べてやるんだから!!
蜩の最近読んだ本