スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黒猫の接吻あるいは最終講義』 森 晶麿

以前に紹介させていただいた、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』 の第二弾。

黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森晶麿

商品詳細を見る

黒猫と付き人がバレエ『ジゼル』を鑑賞中、ダンサーが倒れるハプニングが発生した。
五年前にも同じ舞台、同じ演目で、バレリーナが死亡する事件が起きていた。
ガラスアーティストの塔馬から聞いた黒猫の過去と、二つに事件の関連を気にする付き人。
しかし何やら隠し事をしているらしい黒猫は、関わらないよう忠告するだけだった
仕方なく付き人は一人で事件に挑むが・・・・・・
ジゼル、ガラスアート、ポオを絡め、二度の事件を結ぶ図式が見えたとき、
黒猫の最終講義が始まる――。(早川書房HPより)


若き天才大学教授の“黒猫”と、彼と行動を共にする付き人の女性。
今回も、厄介な事件に巻き込まれて行く。
いや、今回は彼女だけが巻き込まれたと言っても良かもしれない。

前作の時も書いたが、しっかり読むほど迷路に迷い込んでしまう。
だから今回も、さらっと流しながら読んで行くと結構本題に接触していくように思えてきた。
とにかく、難しい言葉や言い回しが随所に出てくるので頭をからっぽにして読むことをお勧めする。

この作品は、前作のように短章に分かれておらず、一つの事件を通しての話しとなっている。
初めて死人がでたのも驚いたが、黒猫の元カノが出てきたり、付き人が事件に巻き込まれてしまったりと話し自体がおもしろく読めるようになっていた。
もしかしたら、タイトルどおりに黒猫と付き人が…

おっと、これはネタバレになるので伏せておこう。
(なんだか、語り口調が黒猫みたいになってきた)


                     by 蜩

黒猫といえばウチの娘だけれど、こっちはただふらふらしてるだけのようにも見える。
(あっ、ゴメンww)
スポンサーサイト

男の…?

スーパーで買い物をしていて、目に着いた。

男のプッチンプリン

男の プッチンプリン

なんで、“男の”なのかと申しますと、

*このプッチンプリンは甘くありません! 

と、書かれている。

甘くない=男  なのか?

どうも、最近の男性はかなり甘いように思えるのだが…

おつまみ冷奴風! 醤油味ソース

つまりは、冷奴 なのか?  プリン なのか?  どっち!?

とにかく、食べて見ないとなんとも言えない。

お皿に、従来のプッチンプリンと同様に取り出す。

男のプッチンプリン2

買い物帰りに若干ゆれたので、タレが周りに飛んでしまっている。
上に乗ってる生姜は、付いていませんのであしからず。

このタレ自体が、どうも生姜風味らしい。

で、肝心のお味だが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・微妙。(^_^;)

食感はプリンのそれと同じなのに、甘くない。
あの形がすでに“プッチンプリン”なので、頭では「甘い」と認識してしまっているからか?
確かに、醤油味ソースの味は悪くない。
本体も、豆腐と言うよりは豆乳プリンっぽい。

悪いけど、もう一回食べたいとは思わない。

グリコ乳業さん、ごめんなさい。m(__)m


                      by 蜩

生姜を入れたのが悪かったのかも?

最近の読書 ざっとまとめて編 その2

またまたサボりの本紹介。

『マンガ食堂』 梅本 ゆうこ

マンガ食堂マンガ食堂
(2012/02/27)
梅本 ゆうこ

商品詳細を見る

「いつか食べてみたかった!」
マンガに出てくる魅惑の品々を徹底再現。

温度や匂いが伝わってくるわけではないのに、無性においしそうに見えてしまうマンガのなかに登場する料理(=マンガ飯)の数々。
しばしば読み手に強烈な印象を残すマンガ飯。その魅力にとりつかれた著者が、実際に調理し手元に再現した300品のマンガ飯のなかから厳選した49品を一挙公開。
夢にまで見た、あのマンガの、あの料理が目の前に再現されます!(リトルモアHPより)


「読む」と言うより、「見る」本である。
以前に、『空想お料理読本』の紹介をしたが、こっちは女性(主婦?)目線で書かれているのでまたひと味ちがう。
記事はこちら→「最近の読書 11月編」

著者のブログもおもしろい。
■梅本ゆうこブログ → 「マンガ食堂 - 漫画の料理、レシピを再現」


『笑えよ』 工藤水生

笑えよ (ダ・ヴィンチブックス)笑えよ (ダ・ヴィンチブックス)
(2012/03/16)
工藤水生

商品詳細を見る

「-おれ、女のひとがだめなんだ」成績優秀で常に穏やかな橋立、運動神経が良くクラスの中心にいるモテ男・伸平。高2の普通女子・柏木葉がある秘密を知ったときから、3人の奇妙な関係は始まった。友情や恋愛を超えてつながる彼らの在り方が、割り切れない現実にもどかしさを抱えていたあの頃の気持ちを呼び起こす。第6回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作。(メディアファクトリーHPより)

久しぶりに購入した本。
黒猫が読みたいと言ってきたので仕方なく(?)買った。
荒削りな文章だけど、登場人物3人の気持ちが切ないくらいに伝わってくる。
“普通”じゃない人間は、堂々と生きてはいけないのか?
こんな友情もあっていいんじゃないか。
「好き」の言葉の重さに再認識をさせられた。


『マザーズ』 金原ひとみ

マザーズマザーズ
(2011/07)
金原 ひとみ

商品詳細を見る

母親であることの幸福と、凄まじい孤独。金原ひとみがすべてを注いだ最高傑作!
同じ保育園に子どもを託している、作家のユカ、主婦の涼子、モデルの五月。三人の若い母親たちが抱える、痛みにも似た孤独と焦燥、母であることの震えるような幸福。彼女たちは何に傷つき、何に憤り、何に慰撫されているのか。作家が自身の体験のすべてを注いで描きだす、現代日本の「母」、そして「家族」。渾身の最高傑作!(新潮社HPより)

リアルな描写は、母親なら誰もが思わずうなずいてしまいそうだ。
子どもに対する純粋な愛情があるからこそ、躓いてしまう。
育児の苦悩に無関心な、夫、自分の母親、姑。
その逃げ口となるのは、不倫か、クスリか、虐待か…
あってはいけないが、ここまで彼女たちを追い詰めたのはなんだったのか?
男性(夫)にこそ、読んで欲しい一冊。


『うちの3姉妹 ⑯』 松本ぷりっつ
うちの3姉妹 ?うちの3姉妹 ?
(2011/07/15)
松本ぷりっつ

商品詳細を見る

とうとう最終巻となった。
おっぺけな3姉妹末っ子であるチーが、小学校に上がることになったので、ブログの方も終了されたらしい。
何度読んでも笑ってしまうぷりっつ家の面々の日常。
この最終巻も思いっきり笑わせていただいた。
ウチの黒猫が前に“3姉妹チェック”という、誰の性格に似ているかの診断があってやってみると、3人の性格のどれも当てはまっていた。
これって、微妙。(-_-;)


                          by 蜩

困った、困った、こまどり姉妹。

タイトルの意味がわかる方、関西人だと思います。

いや、そんなこと言いたいんじゃないんで…
最近、かなり落ち込んでます。
と言うか、病んでます。(T_T)

自分がこんなにヤワな奴だとは思わなかった

前にも書きましたが、
今年度、自治会の役員に当たりまして、それはそれで覚悟してたから良いんですが、困ってるのはその会長さん。
悪い人ではないんです。
仕事もきっちりされて、とても助かっているんです。

でもね…

話しが長い!!

特に電話は30分以上はザラ。
1時間の時もあった。
要件だけなら5分もかからないのに、それに関してのいろんなことを延々としゃべられるのです。
話しは脱線を繰り返し、自分の家庭の話しになったり、自分の友達の話になったり、挙句の果ては誰かさんの愚痴をくどくど話す。

「今忙しいんで…」と言って断ればいいじゃん
と、思っている方、そんな甘いもんじゃないのです。
その手も何度か使いましたし、話しの途中で「ごめんね忙しい時間に…」って言うから終わる!と思ってもそれからまた延々と続くのです。
人の悪口って、あんまり好きじゃないし、聞くだけで気分悪くなる。
こちらはほとんど相槌しか打たず、面倒だなぁ~って空気満々にしてるのに、気付く気配ゼロ。

出会った時はもっと悲惨。
こっちがいそいそ帰ろうとしてても、捕まえて話しをする。
機関銃のように話すので、言葉がはさめない。
っていうか、彼女の外観に圧倒させられるって言った方が正解かも。

自分も悪いってことわかってるんですよ。
とっとと引き上げたら良いのにと、心の中では思っているんだけど…

どうも私って、(自分で言うのもなんだけど)こっちがそんなに良く思ってない人に好かれるみたい。
人に対して、嫌な顔ができないからかなぁ?
それに、嫌われるのを無意識に避けるので、いくらいやな人でも、つい笑顔になってしまう。
これは接客業には大事なことなんだけど、私生活でもついついでちゃうんだな。
困った性格。

で、話しは戻るけど
会長さんとはなるべく接触しないように努力はしてる。
電話も、休みの日でも留守電にしたり、ナンバーディスプレイにしてるので相手を見てから電話に出たりとしてるんだけど…

ふと、なんで私がこんなことしないといけないのかわからなくなってくるときがある。

なんで、こんなにビクビクして毎日過ごさないといけないのか!

自分で自分に腹が立ってくる。

まだ、今年度の自治会が始まって2ヶ月。
まだまだこれからだって言うのに…(>_<)

メールも頻繁に入るし、仕事も上手に振ってくるし…
仕事が週3日で、あとの4日を遊んでるわけじゃないのに…
パソコンできるって言っても、そんなに上手じゃあないのに…
プリンターのインクだってタダじゃないのに…

ああぁ
ここで愚痴っても仕方ないのにね。

もうちょっと上手にやっていきます。m(__)m


                       by 蜩

本人曰く「私って気が小さいから、気になることがあると眠れないのよ~」って。ホントかい!

キャラメルコーン 今年の顔。

以前、キャラメルコーンのパッケージについて書いた記事があります。→「これは、誰の顔?」

東ハトさんは毎年、国民的マンガ家さんにキャラメルコーンのパッケージの顔を描いてもらっているそうで、
今年の顔に選ばれたのは…

キャラメルコーン ゴルゴ13

ゴルゴ13

なかなか渋いです。
本当のパッケージの色はもっと茶色いんです。
カメラの加減がうまくいかずオレンジ色になっちゃいました。(>_<)

マンガ家のさいとう・たかおさんの傑作と言えば、この『ゴルゴ13』。
甘ぁ~いキャラメルコーンに、ハードボイルドなこのお顔は似合わないようですが、そこは東ハトさん、考えています。

キャラメルコーン ゴルゴ13-2

なんとお味は、「ほろにがい男の チョコレート味

キャラメルコーン ゴルゴ13-3

中身はハードではなく、「ふんわり、サクサク、すうっととろけるおなじみ」 キャラメルコーンでした。
チョコレート味はやや甘さ控えめかなぁ~?といった感じ。
定番のキャラメルコーンよりは甘くないです。

これがスーパーの棚に並んでいたら、かなりのインパクトだと思います。

もう、彼の視線から逃げられない!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/


                      by 蜩

今年の顔は他に、赤塚不二雄さん、高橋留美子さん、水木しげるさんだそうです。

『猫鳴り』 沼田まほかる

ずっと気になっていた作家、“沼田まほかる”さん。
本屋にいっても平積みされているし、新聞や雑誌には絶賛されているし…
急に出てきた新人作家なんでしょうが、ちょっと違う感じが漂う。

図書館で予約を入れても、かなりの待ち人数なので、しばらく待つことに。
で、やっと文庫になって予約が取れるようになった。

猫鳴り (双葉文庫)猫鳴り (双葉文庫)
(2010/09/16)
沼田 まほかる

商品詳細を見る

流産した哀しみの中にいる夫婦が捨て猫を飼い始める。モンと名付けられた猫は、夫婦や思春期の闇にあがく少年の心に、不思議な存在感で寄り添ってゆく。20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた。濃密な文章力で、生きるものすべての心の内奥を描き出した傑作。(双葉社HPより)

う~ん
一言でいえば、「重い」。
かなりの重量感がある。

中身は三部構成になっていて、一部で生まれたばかりの子猫(後のモン)を飼うことになった夫婦の話し、二部はモンが成猫になってから関わることになる少年の話し、最後は飼い主の藤冶とモンの晩年を語っている。

猫好きの者が読んだら、一部はかなりキツイだろう。
でも、似たような経験をしたことがある人もいるんじゃないか。
流産で我が子を抱けなかった信枝にとって、子猫の鳴き声は苦痛でしかなかった。
何度も遠くに捨てに行っても戻ってくる子猫を、不気味に思いながらも心のどこかで、亡くした子どもの化身ではないかと思い始める。

二部では「中二病」ともとれる情緒不安定な少年が、捨て猫を違う目的で飼い始めるが、凶暴な思考が次第に変化していく様を書いている。
若者の凶悪な事件が増えている背景を、この少年を通して見えそうな気がする。

三部、信枝に先立たれた藤治が、だんだん弱っていくモンと共に過ごしていく過程を、とても細かく書いてある。
モンを人間に置き換えてみると、終末医療での肉親の辛さが伝わってくる。
つまりは人間も動物も、家族だったら避けては通れない道なんだろう。
しかもモンはそれを察してか、なかなか決断できない藤治に少々やきもきしているふうにも感じる。
自分もこんな風に看取られて逝きたいなと、ぼんやり思ってしまった。

かなりキツイ所もあるが、自分の心の汚い所を見透かされたような感じもする。
人間の弱い所を、「それでもいいんだよ」と肯定されたような感じもある。
なんとも不思議な作家さんである。
他の作品も是非読んでみたくなった。

でも、続けては無理かな?押しつぶされそうになるから…


                   by 蜩

『コンカツ?』 石田衣良

コンカツ?コンカツ?
(2012/04)
石田 衣良

商品詳細を見る

結婚したいすべての男女に贈る
理想の結婚を目指しデートや合コンをくりかえす仲良しアラサー4人組。
女性の視点から結婚という「絆」の意味を問い直す意欲作(文藝春秋HPより)


内容はタイトル通り、“婚活”。
だけどタイトルの後ろには“?”が付いている。
読み終えるとその意味がわかってくる。

そもそも、理想の結婚ってなんだろう?
「安定した収入があり、容姿も良く、性格も良ければ文句なし!」
と、言い切れるのだろうか?

智香、彩野、沙都子、結有の4人は仕事もできるアラサー女子。
結婚したいが、なかなか望み通りの相手に出会えない。
恋愛もいくつか経験してきたが、いざ結婚となるとハードルが高くなる。
素敵な人に出会えても、相性があわないとね…
かと言って、お見合いパーティーでは無理でしょ?

4人がそれぞれ自分に合ったパートナーを見つけていく。
それは理想とは随分違ってるけど、自分に合った相手ってやっぱり相性なんだな。

担当編集者から一言
若い人たちの間で結婚願望が高まっているそうです。でもなかなか相手がみつからないのが現実。派遣社員で生活が安定しないから、草食系男子が増えているからなどいろいろもっともらしい理由は耳にしますが、実際のところはどうなのでしょう。30歳を目前にして岡部智香は同居する3人の友達と真剣に結婚相手探しにのりだします。そこで突きつけられる厳しい現実。それを乗り越えて4人は幸せをつかむことができるのか。恋愛小説の名手、石田衣良さんが贈る女性への応援メッセージ。(AH)


現実は、そううまくいくと思わないが、読むと気分はスッキリする。

お見合いパーティーの場面で、回転ずしのように次から次へと数分で相手が変わるようなのは確かに実用的ではないなと思った。
誰もが飢えたハイエナのように見える。
必死なのは仕方ないが、あからさますぎる。
結婚紹介所の思うままに操られているようだ。

何年も一緒に暮らす相手を見つけるなんて、やっぱり結婚って、スゴイことなんだと改めて思った。


                        by 蜩

自分のときは、かなりいい加減に決めたなぁ~(^_^;)

黒猫のおみやげ。

先週の金曜日から、またまた黒猫(娘)が帰ってきてました。

用事があったからだったんですが、その一つに私と私の友人とのお出かけがありました。
そのことは、後日UPしますのでね。

実は、黒猫が写真部の撮影会で京都に行ったときのお土産をもらえるのがとっても楽しみだったのです。
(黒猫より、そっちのほうが待ちどうしかったくらい。)

それは、

カピバラさんの、ね・つ・け  湯豆腐バージョン 京都限定!

カピバラさん 湯豆腐 3

いやぁ~
かわい~い~(*^_^*)

正面から見ると、

カピバラさん 湯豆腐

横から見ると、

カピバラさん 湯豆腐 横

も~、かわいさ爆裂です!

早速、携帯に付けております。

ご当地マスコットが大流行りの昨今、キューピー、キティちゃん、etc…
とうとう、わが(?)カピバラさんもその仲間入りが叶いました。

職場の同僚が、カピバラさんのご当地モノを携帯に付けているのを発見したから密かに狙っておりました。
しかし、この同僚、カピバラさんを見て、
「このストラップ、タヌキみたいなんやけど、ぶっさいくやわぁ~ 息子の土産やから付けてるけど、こんなん買ってくるなんて、センス疑うわぁ」

がぁ~ん
カピバラさんが、タヌキ!?
ぶっさいく!?

そこで私はカピバラさんについて彼女に講義しました。
(抗議ではなく、講義ね)
カピバラさんはタヌキではなく、ネズミの仲間であり、本物はもっと可愛くて、癒される存在だと。
知っている限りのウンチクをたれました。
さすがに彼女も参ったようでしたが、
「でも、やっぱりかわいいとは思えない」
と、キッパリ。

それから私は『変な動物が好きな人』になってしまいました。

いいんだ、いいんだ。
カピバラさんはかわいいからいいんだ!!


                      by 蜩

『少女は卒業しない』 朝井リョウ

一昨年、本紹介でUPした、『桐島、部活やめるってよ』 朝井リョウさんの新刊。

装丁や構成がとっても似ている。
比べて見たらよくわかる。

桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
(2010/02/05)
朝井 リョウ

商品詳細を見る


少女は卒業しない少女は卒業しない
(2012/03/05)
朝井 リョウ

商品詳細を見る


この「さようなら」は、きっと世界の扉をひらく。
今日、わたしはさよならする。
図書室の先生と。退学してしまった幼馴染と。
生徒会の先輩と。部内公認で付き合ってるアイツと。
放課後の音楽室と。ただひとり心許せる友達と。
そして、ずっと抱えてきたこの想いと…。

廃校が決まった地方の高校、最後の卒業式。
少女たちが迎える、7つの別れと旅立ちの物語。(本書帯より)


あまり内容を書いてしまうとネタバレになってしまうので、今回はギリギリのところで勘弁願いたい。

まず、著者の朝井リョウさんは本当に男性なのか?
と思ってしまうくらい女性、いや女子高校生の気持ちがスンごく、ビンビン伝わってくる。
7編それぞれが、その主人公である彼女たちの個性にあった文章になっているから驚きだ。
『桐島…』のような、短編それぞれの作品が、どこかで他の作品とリンクしている楽しみもある。

だけど、『少女は…』のほうは、それ以上に一話ごとが濃い。
次の話しに行く前に、一呼吸して心を落ち着かせないといけなくなるくらい。
一話を読み終える度に違った涙がこぼれてしまうから…

こんなにも、人を想うことができるのか?
若さゆえのエネルギーかもしれないが、卒業というリミットが彼女たちの心をより強くさせる。

担当編集者さんの手記より
誰かを、強く想う。
大切に大切に、誰かのことを想う。
この気持ちがあれば、学校という「世界」を卒業しても、
もっともっと広く茫漠とした「世界」の中でも、
この子たちはきっと生きていける。
1つ1つの「さよなら」はとても切なく苦しいのに、
読み終わったとき、不思議とこうした強く温かい気持ちが、腹の底からわいてきます。


現役の高校生に是非読んでもらいたいが、私のようなオバサンにも、昔の甘酸っぱい想いを思い出しながら読んでもらいたい。
あのやるせない感情が、大人になっていく第一歩になるんだろう。

最後だからこそできる強さ。
告白、別れ、激励、前に進む心・・・
少女達の想いが、この日一日に成就する。


                     by 蜩

1話目の『エンドロールが始まる』の冒頭。
伸ばした小指のつめはきっと、春の先っぽにもうすぐ届く。
これを読んだだけで、私はキュンとしてしまった。
蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。