スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スペードの3』 朝井リョウ

スペードの3スペードの3
(2014/03/14)
朝井 リョウ

商品詳細を見る

私の人生を動かしてくれるのは誰?

ミュージカル女優、つかさのファンクラブ「ファミリア」を束ねている美知代。大手化粧品会社で働いていると周りには言っているものの、実際は関連会社の事務に過ぎない彼女が優越感を覚えられるのは、ファンクラブの仕事でだけ。ある日、美知代の小学校時代のクラスメイトが「ファミリア」に加盟する。あっという間に注目を集めた彼女の登場によって、美知代の立場は危うくなっていく。美知代を脅かす彼女には、ある目的があった。
華やかなつかさに憧れを抱く、地味で冴えないむつ美。
かつて夢組のスターとして人気を誇っていたが、最近は仕事のオファーが減る一方のつかさ。
それぞれに不満を抱えた三人の人生が交差し、動き出す。
待っているだけではなにも変わらない。私の人生は私だけのもの。直木賞作家朝井リョウが、初めて社会人を主人公に描く野心作!(講談社HPより)


今までの作品とは違った要素が入っている。
本人も言っているが、「これが朝井リョウの作品なの?」と言わせたいようだ。
私としては、若干違うような気もするが、正直細かなとろはわからなかった。

でも、この人(作者)は本当に男性なのか?とまたまた思ってしまった。
以前に読んだ『少女は卒業しない』でも思ったことだが、女性の細かな心情をよく表わしている。
というか、読んでいくうちに同調してしまう。

3話それぞれの主人公の女性の気持ちが嫌っていうほどわかる。
女のイヤな面、ズルイ面、素直じゃない面。
社会人なら押さえなくてはいけない感情を、わかっているけど吐き出したくなる。
それと対照的なのが、彼女たちの幼いころの回想。
あの頃のまま大人になってしまった美知代
あの頃の自分を変えたくてもがいているむつ美
あの頃のままだと何の価値もない自分にいら立つつかさ

何かにすがっていないと、自分の立ち位置が揺らいでしまう。
そんな不安定な日常を変えたいと思いながらも、なかなか変えられない。
だけど、自分の人生を変えるのは自分でしかない。
「どれだけ待ってても、革命なんて起きない」


                        by 蜩
スポンサーサイト

映画 『オー!ファーザー』 

気が付けば、半年以上も映画を観に行ってなかった。
黒猫といっしょに、何を観ようかと探していたらこの作品に目が止まった。

伊坂幸太郎さん原作の映画は3作目。
でも、読んだのは1冊だけ。

『オー!ファーザー』



彼の作品に多い荒唐無稽な設定なのに、日常的な匂いがする。

主人公の由紀夫には父親が4人いる。
たぶんだれかとは血が繋がっているんだろうが、あえてそれを追求しないで家族6人平穏な(?)毎日を過ごしている。
ただ凄いのが、この父親たちみんなが由紀夫のことを心底愛していること。
ベタベタしているわけでもないが、言葉の端々に彼を大事に思う気持ちが溢れている。
由紀夫本人は鬱陶しくもあり嬉しくもあり…
そんなある日、事件が起きた!
由紀夫の身にも災難が降ってくる。
4人の父親たちの連携プレーが見事!
たくさんの伏線が、次々繋がっていき、最後にキッチリ納まるのはとっても気持ちが良かった。

『重力ピエロ』もそうだったが、話の核心に描かれているのが“父親の愛”。
母親は直接子どもを産むことで、最初から繋がりを意識できるが、父親は生まれた子どもと面会してからでないと親としての実感が湧いてこないのかもしれない。
だから極端な話、血が繋がっているとかいないとかは別問題なのかな?と思ってしまう。
目の前にいる、生まれたてのぷにゅぷにゅ動く不思議な生物が自分の子どもだと認識してしまったら、父親スイッチが入るのかもしれない。
しかも、愛する女性が生んだならなおさらだ。

と、勝手に父親の気持ちを語ってしまった。
『そして父になる』を観た後も感じたのだが、父親っていっしょに育っていくうちにだんだん父親になるんだなぁ~と思う。
生まれたばかりの時は、責任で頭がいっぱいだろうけど、だんだん成長していく子どもをみていくと愛情が湧いてくるんだろう。
中には、なかなか愛情が湧いてこない男性もいらっしゃるようだが、それはたぶん自分でもどうしていいのかわからないんだと思う。
と、また偉そうなことを言ってしまった。

登場人物の中で、一番のお気に入りは“駿河太郎さん”演じるヤクザのボス的なちょっとあぶない人。
見かけは怖いんだけど、ひっくり返った声と首をポキポキさせるしぐさがなんとも面白かった。
それと、エンドロールをみてわかったのだけど、劇中歌を歌っているのがなんと“新撰組リアン”。
ご存じの方はわかると思うが、島田紳介さんがオーディションで集めて結成したイケメングループ。
彼の引退で宙ぶらりん状態になっていたから、どうしてたんだろうと思っていた。
黒猫が言うには、そのリアンのメンバーが映画にも出てたと。
制作が吉本興業だったのもあったかな?

とにかく、久しぶりの映画に心もリラックス~
その後、お野菜いっぱいのランチを食べてお腹も満足した。
これでしばらくがんばれるぞー!ヽ(^o^)丿

                             by 蜩

ON と OFF

家電のスイッチのことではありません。
スイッチと言えばスイッチなんですが…(^_^;)

黒猫は今、夜間の専門学校に通っているので、夕食用のお弁当を持って夕方の4時前に家を出ます。
そして帰って来るのは夜中の11時半~12時、それからご飯を食べる時もありますが疲れて何も食べない時もあります。
バイトが土日だけだったので、普段は朝はゆっくり寝てて、8時ごろ起きてきます。

何か用事がある時以外は、家でぼ~っとしています。
家のことはほとんど何もしないし、あまりの自堕落な生活態度に苦言を呈すると
「やらないといけない事は山ほどあるんやけど、やる気が起こらない」
と、本人も気にしている様子。
学校や仕事場ではちゃんとやってるしできていると、だけど家に帰ると一気に気が抜けるみたい。

この子は小学校の頃から、家と外との顔が違うようです。
二重人格ではないですが、外ではとってもイイ子ちゃんなんです。
だけど、家に帰ってくると、なぁ~んにもしない。
ナマケモノみたいにだらぁ~んとしてる。(ナマケモノさんごめんなさい!)
懇談会の時に、「黒猫ちゃんはよく気が付いてなんでも先々やってくれます」と言われいつも驚かされていました。
つまりは、外では一生懸命やり過ぎて、家に帰ってくると糸が切れた状態になるよう。

「それって、ONとOFFの切り替えがはっきりしているからじゃないかな?」
私もそうだから。
仕事の時は帰ってから、1時間ほどなぁ~んにも考えない時間を持つようにしてます。
朝ドラの録画を観て、お菓子を食べて、ちょっとうたた寝して…
仕事モードを完全にOFFにしないと、主婦業ができないから。
って、そんなにたいそうなことではないんですけどね。

黒猫も、家に帰ると完全にOFFになってしまうんだと思います。
だから、学校でやらなければいけないことは家に持って帰らないで、極力学校に持って行ってやること。
できない時はやらない時とする。
本当に大事な要件の時は、とにかく自力でONモードにしていくしかないと。
それか、場所を変える。
そう言ったら、納得したようでした。

人って、24時間365日フルパワーでいられる訳じゃないもんですよね。
どこかでキッチリ息抜きしないと、潰れてしまいますもの。

あ~あ
なんだかんだ言って、結局親バカ全開しただけのブログのようで、我が子にはどこまでも甘い母でありました。
本音はでは、「ちょっとくらい家のこともしてよ!」って言いたいんですが…


                          by 蜩

『ミスターワッフル!』 デイヴィッド・ウィーズナー

私が以前、公立図書館に勤めていたのを知ってる司書さんが、
「蜩さん!何かお勧めの児童書、ないですか?」と、聞いてこられた。
「そういえば、最近絵本読んでないなぁ~」
と、思って新作絵本を調べてみました。

今は、ネットで試し読みができるんですねぇ~
びっくり。

そこで、気に入った2冊を図書館で予約しました。
(えっ、買わないの?と思った方、ごめんなさい)

ミスターワッフル!ミスターワッフル!
(2014/05)
デイヴィッド ウィーズナー

商品詳細を見る

ねこのワッフルはすっかり退屈しています。
飼い主が買ってくるおもちゃにも見向きもしません。
たくさんのおもちゃにまぎれるように、小さな宇宙船がありました。
それはどこか遠くからやってきて、たった今地上におりたったところ。
中では、宇宙人たちが無事着陸したことを喜んでいます。
気づかずに、通り過ぎたように見えたワッフルでしたが……。
(BL出版HPより)


作者のデイヴィッド・ウィーズナーさんの迫力ある絵がいいですねぇ~
このなんとも不機嫌そうな表情を見せる、猫のワッフル
彼が唯一興味をしめしたものは思いがけないものでした。
ほぼ全編文字がありません。
(宇宙人たちの言葉は別として)
マンガのようなコマ割りで、大きいモノ(ワッフル)と小さいモノ(宇宙人)の対比がおもしろく描かれています。


そして、もう1冊。
ニャーロットのおさんぽ (児童書)ニャーロットのおさんぽ (児童書)
(2014/04/09)
パメラ アレン

商品詳細を見る

ある日、ねこのニャーロットがおさんぽにでかけると、にまめを一皿、ポークパイを二つと、訪れる先々でごちそうをもらいます。最後はとうとう…? 
ふえていくごちそうをぺろりとたいらげるニャーロットの姿が笑いを誘う、読み聞かせにもぴったりなユーモア絵本。(徳間書店HPより)


これは、幼稚園~低学年向きかな?
よくありがちな展開ですが、読みながら子どもに聞かせたらどんな反応が返ってくるか気になりました。


ご覧の通り、2冊とも“猫”が出てくる絵本です。
猫好き目線でついセレクトしてしまいました。

明日は久しぶりに、元職場に行ってこようかと思っています。
また新しい絵本を探してきまぁ~す!


                            by 蜩



蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。