スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たからもの。 

昨日の記事を書き終わったちょうどその時、黒猫が帰ってきた。

「私にも来てた!」
手には一通の手紙。

義姉は黒猫にも手紙を書いてくれていたのだった。

さっそく封を開け読んだ黒猫。
やっぱりボロボロ…

私も読ませてもらったけれど、内容は麻○子さんのものとよく似ていた。

≪たからもの≫ねぇ
義姉のたからものは可愛い孫や姪っ子たちだったんだ。
そんなことを思っていたら、BGMにしていたバンプの曲が耳に入った。



君の願いはちゃんと叶うよ 怖くても よく見て欲しい
これから失くす宝物が くれたものが今 宝物


ああ…
そうなんだなぁ

たからものはそんなふうに繋がっていくんだ


                          by 蜩
スポンサーサイト

天国からの手紙

今週の木曜日のこと。
仕事中に旦那から電話があった。
「島根の美○子から電話があって、姉から手紙が来たって言っとったぞ」
???
島根の美○子さんとは旦那の姪っ子で、姉と言うのは旦那の一番上の姉で5年前に亡くなっている。
亡くなった人から手紙が来たって?

よく聞くと話はこうだ。
義姉が住んでいた町が合併し、○○市になることに決まった10年前、町のイベントでタイムカプセルを作ることになり、その中に入れる手紙を町民から募集したのだった。
そのタイムカプセルが10年後の今年2月に開けられ、その中にあった義姉の手紙が孫に当たる美○子さんの娘の麻○子さん宛てに配達されたのだ。
実家の近くで暮らす美○子さんは、まさか母がそのタイムカプセルに手紙を入れているのなど知る由もなかったため、見慣れた母の字で書かれた手紙が届いた時にはたいそう驚いた。
そしてその手紙を読み、その中に黒猫のことも書かれていたので旦那に電話したということだった。

仕事中だったため詳しくは聞けず、ただビックリしたことだけ告げて電話を切った。
へ~義姉もしゃれた事をしたんだなぁと、その時は軽い気持ちで良かった良かったくらいしか思っていなかった。

そして今日、美○子さんから私へメールが届いた。
「Yちゃん(旦那)から手紙のこと聞いた?」と。
ちょうど整形外科でリハビリを受けていた時だったので帰ってから電話をしようと思った。


その前に説明しておきます。
美○子さんは旦那の姪っ子ですが年齢が近いため、妹のような存在です。
そして私より9つ年上で、娘の麻○子さんは黒猫より7つ年上。
義姉には大変お世話になって、一番下の姪っ子の黒猫を孫のように可愛がってくれました。

その義姉が亡くなる前、具合が悪くなり入院するようになってから、義姉の家族によくない空気が流れだしました。
義兄の暴言、被害妄想が酷くなり、また義兄と息子が結託し、娘の美○子さん家族に面会をさせないようにしてしまいました。
旦那や他のきょうだい達が説得してもダメでした。
なんとか義兄の眼を逃れてこっそり会いに行ってはいたようですが、本当なら母の世話をしたいのにできないもどかしさで精神的にもかなりのダメージを受けていたようです。しかも実の父親と弟からの仕打ちなので余計に辛かったと。
結局、自由に会えるようになった頃には義姉はもう話もできないまでに衰弱していました。
そして、5年前の3月11日に息を引き取りました。


今日の電話で手紙の内容を教えてもらった。
募集があった手紙のテーマは『私の宝物』
書かれた年月日、時間のあと
≪今日も朝から頭が痛いです。
私の宝物について書きます。私の宝物である麻○子ちゃん。大好きな大好きな麻○子ちゃん。
小さいころから大事にしたおかげでとても良い子に育ってくれました。
(略)
この手紙を読む頃にはボケてみんなに迷惑をかけているか、もしかしたらもう死んでしまっているかもしれません。
そしたら先に天国に行ってるおじちゃんたちと一緒に手を振るから麻○子ちゃんも空に向かって手を振ってください。
(略)
●ちゃんや△ちゃん、黒猫ちゃんと仲良くしてあげてください。
そしてお母さんやお父さんを助けてあげてくださいね。・・・・・・≫
一度しか聞かなかったので、ちゃんとした文章ではないけれど、聞きながら泣いてしまった。
手紙の中に出てくる人物は、美○子さん家族と●ちゃんや△ちゃん(姪っ子とその子ども)と黒猫だけ。
夫である義兄や息子やその子ども(孫)のことは一言も書かれていなかった。
自分の一番大事な人しか書かなかったんだろうと美○子さんは言っていた。
まるでその後のことを予言してたみたいな文面に少々驚き、遺書とも受け取られる内容に美○子さんは、
「最期に本当に言いたかったことが書かれているみたい
これでやっとほっとできる…」と。
義姉が亡くなる寸前、美○子さんの顔をじーっと見つめていたそうだ。
何かを言いたそうに…

実は美○子さんと旦那は義姉の葬儀の後、ちょっとした行違いでお互い連絡を取らずにいた。
それでも黒猫は、
「親同士が仲悪いのと私は関係ないから美○子さんとこ行くからね!」と夏休みに泊まりに行った。
私も一応報告だけはしたけれどそれ以上はなにも言わなかった。
すると、今年に入って旦那が美○子さんに電話を入れたそうだ。
夏休みに世話になったお礼を言ったらしい。
しかも、電話したことは私と黒猫には内緒にしてほしいと。
それから二人のわだかまりは解け、時々電話のやりとりをしているらしい。
「あの電話が無かったら、今回のことでYちゃんに電話することも無かったやろうね。」
と美○子さん。
まるで義姉が二人を仲直りさせたみたいな気がする。

「なんか、複雑な気持ちやわ」と麻○子さん。
手紙の中で初めて名前で呼んでもらった美○子さんの旦那さんは
「自分のやってきたことは間違ってなかったんだ」と自信を持ったらしい。

手紙とは、普段口にするには恥ずかしい事が言える場所。
心に秘めた言葉にできない思いを伝える道具。

天国から届いた手紙は、残された者たちの心を少し軽くしてくれたのだろうか…
いや、逆にもっと重くしたかもしれない…かな?


                         by 蜩

桂米朝さん逝く。

おとといの朝、テレビのニュースを見て驚いた。

桂米朝 死去

ショックでした。
覚悟はありましたが、やはり逝かれると寂しいです。

数年前に米朝一門の落語会を観に行った時、スペシャルゲストとして来られていました。
その時すでにかなりしんどそうにされていたので、もう高座は無理かなと思いました。
運悪くその時、私は急に腹痛に襲われ、ホールの医務室で唸っていたんです。
私の友達と黒猫と3人で行ったのですが、二人はしっかり観たようで、今考えると生の米朝さんを見れたのはこれが最後だったんじゃないかと思うと悔しくてたまりません。

「落語が好き」といっても、そんなに詳しいわけではありません。
でも、漫才と違ってじっくり聞かせる話術が好きで時々観に行っていました。
若手も良いんですが、やっぱりベテランのかたの噺は良いですね。
ついつい引き込まれてしまいます。

米朝さんの落語はテレビやラジオでしか聞いたことがありませんが、結末がわかっていてもつい笑ってしまいます。
あの絶妙な間、目の配り方、登場人物がしぐさ一つでわかるすごさ。
実は桂春團治さんの方が好きだったんですが、おおらかさはやはり米朝さんですね。

ニュースや新聞を見ていてわかったのですが、戦後衰退していた上方落語の復興に力を注いでこられたのを知りました。
私が物心ついた時には、落語や漫才は歌謡曲のように普通に聞けるものでした。
そこまでくるのにかなり苦労されてきたのだと思うと、ありがたいとしか言いようがないです。

『昭和元禄落語心中』というマンガを愛読してます。
昭和元禄落語心中(1) (KCx)昭和元禄落語心中(1) (KCx)
(2011/07/07)
雲田 はるこ

商品詳細を見る

この本の中にも、戦争後衰退した落語を復興させる苦労が書かれています。
江戸落語と上方落語の違いはありますが、この本で落語を後世に残していく大変さはわかったような気がします。

落語会と言えばホールで開催されるのしか観に行ったことがありません。
でも、できる限り生の落語を体感してみたいですね。

米朝さんのご冥福を心からお祈りいたします。


                            by 蜩

その後の医者通い。

ご心配をおかけしております。
一時の大変さはなんとか脱し、ぼちぼち動き回っております。
自分ながらも回復の早さに驚いています。

金曜日に再度整形外科へ
前回は激痛で診察どころじゃなかったので改めての診察です。
レントゲンを撮って、ドクターからのお話がありました。
背骨は見事なほどきれいだと言われました。
これまで腰痛には縁が無かったでしょ?と。
しいて言えば今回の腰痛は、日頃の無理がたまったせいかもしれない。
写真でははっきり出てなかったですが、椎間板ヘルニアの一歩手前、もしかしたらちょっと出てたかもしれないと言われました。
(ヘルニア=飛び出す)
病名としたら“腰椎椎間板症”
原因の一つは、私の身長。
背が高いので、かがまなくてはいけない事が多くその疲労がたまったんじゃないかと。
家が古いので台所や洗面所は確かに低い。
料理を長時間立ちっぱなしでするのもいけないようです。

ドクターからいろいろ注意をうけ、しばらくはリハビリに通うように言われました。
それにしてもこのドクター、篠山紀信さんと葉加瀬太郎さんを足して2で割ったような風貌。
性格は悪く言えば大雑把?
初めて行った時も、動けない私を見て「もうここで(待合室)注射しよう」と言いだすし…
その日は待合室に人が少なかったから良かったんだけど。
「まぁ~腰痛なんか誰でもなるからなぁ」とめっちゃ楽天的だし。
おかげ?であまり深刻にならずに済みました。

診察が終わるとリハビリへ
割と狭い医院なのにめいっぱいの患者さんがリハビリ室にうようよしてる。
そのほとんどが年配者。
加齢臭が充満してる。
いや、そんなこと言ってられないわ。
マッサージ室以外は全部丸見え。
これどうかな?と思いながらも名前が呼ばれる。
裸になるわけでもないから良いんだけど、腰を温める機械を巻く時、「ズボンちょっと下げますね~」と看護師のお姉さん。
恥ずかしがってる間もなく次々のこなしていかれます。
温めが終わると、電気を流されます。
それが終わると理学療法士の中村獅童さん似のお兄さんから説明を受けます。
わかったようなわからないような…
言われるままにされるままに…

そんなこんなで、しばらくは通院生活になります。(通販生活みたい)
仕事にも復帰しますし、なにか面白いネタがあればお知らせしますね~


                                by 蜩

こんばんは。

ただいま、布団の中であります。

前回の記事で腰痛で困っていることを書きました。

甘く見た私がいけなかったんです。
遂に、動けなくなるまでに悪化しまして、激痛のなかやっと整形外科を受診いたしました。
ドクターも手をつけられないほどの状態だったため、急きょ待合室でのブロック注射となりました。

行きも帰りも旦那が付き添ってくれたので、ホントに助かりました。
しばらくは安静にするようにとのことで、枕元には読めなかった本を数冊置いています。
職場にはやりかけの仕事の引き継ぎをお願いし、しばらく行けない事を告げました。
年度変わりでとても忙しい時に休むのはとても申し訳ない気持ちでいっぱいです。

と、言うことで、しばらくはスマホからの慣れない更新になると思いますのでよろしくお願いします。

とりあえずは、報告まで


             by 蜩

『キャプテンサンダーボルト』 阿部和重・伊坂幸太郎

腰痛は相変わらずです。(ノД`)゜。
無理はしないようにと先生から言われたのですが、主婦にはなかなか難しいです。

随分前に同僚のKさんさら借りたこの本。
なかなか読めなかったのですが、安静にしている事が多くなったので読んでみました。
半分まではなかなか進まなかったのですが、そこからは一気に最後までいってしまいました。

キャプテンサンダーボルトキャプテンサンダーボルト
(2014/11/28)
阿部 和重、伊坂 幸太郎 他

商品詳細を見る

人生に大逆転はあるのか?

小学生のとき、同じ野球チームだった二人の男。
二十代後半で再会し、一攫千金のチャンスにめぐり合った彼らは、
それぞれの人生を賭けて、世界を揺るがす危険な謎に迫っていく。

東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29と、
公開中止になった幻の映画。そして、迫りくる冷酷非情な破壊者。
すべての謎に答えが出たとき、動き始めたものとは――

現代を代表する人気作家ふたりが、
自らの持てる着想、技術をすべて詰め込んだエンターテイメント大作。(文芸春秋HPより)


伊坂幸太郎さんの作品は読んだことがあるのですが、阿部和重さんのは読んだことがありませんでした。
だけど、伊坂さんカラーに(たぶん)阿部さんカラーがMIXしてより濃いものになったような感じがしました。

一言でいえば“冒険活劇”?
最初のつかみさえ越えれば、次から次へと事件が起き、ノンストップで読ませてしまう圧倒感。
随所にちりばめられた伏線が次第に繋がっていく爽快感。
久しぶりに手に汗握る読書をさせてもらいました。

まったく性格の違う元チームメイトの相葉と井ノ原。2人はある調査をきっかけに再会する。
片や命を狙われるかもしれない危ない橋を渡っていて、もう片方は子どもの病気のために金が必要だ。
一攫千金を求めて2人が踏み入れたのはとてつもなく大きな組織が相手だった。
子どもの頃に大好きだった戦隊モノの映画が公開寸前でお蔵入りになった謎。
第二次世界大戦中、東京大空襲の陰で起こった蔵王でのB29の不時着事故と当時ばらまかれた謎のビラ。
取引現場を間違えたせいでとんでもない奴らに追いかけれる羽目になった相葉。
井ノ原の依頼者桃沢瞳を巻き込み、相葉が預かった犬とともに3人と1匹の謎解きが始まる。
事態はどんどん悪い方へと進み、気が付けば世界を巻き込む大惨事と背中合わせになっていた。
2人は世界を救えるのか!?

伊坂さんの作品『ゴールデンスランバー』と似た感じがしました。
平凡な一般人がとてつもない大きな組織に巻き込まれる、そんなところが。
アメリカ映画のようなエンターテイメント性があって、あり得ない事だらけなんだけど、引き込まれてしまいます。

これ、映画化してほしいなぁ~
いや、きっとなるんでしょうね。

                               by 蜩

腰痛。

今朝から腰が痛い。

まっすぐの姿勢なら大丈夫なんですが、かがんだりお辞儀の姿勢になると、あいたたた…(´;ω;`)
洗濯物を干す時、カゴに手を伸ばすと…痛い!
だから腰を落とさないといけません。
そうすると、今度は膝が…

ぎっくり腰かな?
激痛ではないけれど、じわじわ痛いのってのも困りもんです。

私、あまり肩こりや腰痛に縁がないもので、たまにこうなるとどうしていいかわからなくなる。
今日が仕事じゃなくて良かった。

とりあえず今は湿布を貼って様子をみてます。
動かないほうが良いのかな?
どなたか、良きアドバイスがあればお願い致します。m(__)m


                          by 蜩

『相棒』 オリジナルプリン

テレビドラマ 『相棒』 はご存知でしょうか?
詳しくはこちら  相棒 season13 テレビ朝日

大大大好きなドラマです!
右京さんをはじめ、レギュラー陣の俳優さんも個性的な方ばかりで何度も再放送を見てますが飽きませんね。

最近の『相棒』グッズに素敵なものが発売されました。

相棒プリン(画像はHPより)

          相棒 紅茶プリン !!
主人公・杉下右京がこよなく愛する紅茶をプリンにしました。
ベルガモットが豊かに香る、ミルクティープリンをお楽しみください。


コンビニ限定らしいのですが、なかなか売ってなくて、この前やっと黒猫が見つけてくれました!ヽ(^o^)丿

相棒プリン3

アールグレイの紅茶プリンですよ!
楽しみ~

相棒プリン2

口に入れた途端にアールグレイの香りが広がります。
鼻に抜けるベルガモットの香り。
甘さは控えめで、上品でとっても美味しゅうございました。m(__)m

食べた後も幸せの余韻が漂います。
し・あ・わ・せ (*´ω`*)


                             by 蜩

確定申告

旦那が年金をもらうようになってから、毎年確定申告に出かけています。
その前でも医療費控除があると行ってましたけど…

今の職場の前の前、税務署でアルバイトをしてたこともあり確定申告に対しては慣れたものという感覚でした。
そこでは申告者に書き方などを教えたりしていましたので、自分でやるのは至って簡単。
私はPCで申告書を作成して持って行くだけにしています。
管轄の税務署が遠いのですが、この時期は出張所が出来るので大変便利になりました。

ただ、アルバイトをしていた時にも感じたのですが、還付金の場合は良いのですが、納税となると怒りだす人がいたりして困ったことがありました。
そしてだいたいの人が、
「確定申告しなかったら(税金)納めなくていいんやろ?」
「なんで馬鹿正直に申告せなあかんの!」 などなど…
そんなときには職員さんになだめていただくのですがね。

私も還付金の時はウキウキ計算してたもんですが、納税になると今年はいくらぐらいか心配になります。
前にも述べましたが、ウチの会社は一応給料は払ったことになっているのですが、会社の資金繰りが大変なのでそのまま会社に回しているため実際ほとんど給料はいただいていません。
つまり、もらってもいない給与分の税金を払わなくてはいけないのです。
あまりに理不尽なので、今年からはなんとかしてもらえるように頼みましたよ!
(一応旦那が経営者になっているのですが、経理は甥っ子にまかせっきりなもので)

話は変わりますが、去年の今頃、知り合いの方(60歳前半)と医療費控除の話をしてた時のこと。
その方は持病があり毎月病院に通っておられます。
そのためかなり負担になっていると聞いたので、確定申告で医療費控除をしてはどうかと提案しました。
どうしていいかわからないとのことなので、集計表を作り書き方も教え、今なら税務署の出張所がきているのでそこで相談したらいいと、事細かく教えてました。

そして今年、私が確定申告を済ませたこともあり、またその方に集計表を作って差し上げようかと思い聞いてみると、
「もういいよ。去年確定申告やってお金取られたからもうしないわ」と。
おかしいなぁ~ 
医療費控除で税金かかること無いのになぁ?
それから詳しく事情を聞くと…
なんと彼女は現在再任用で働いているのに年金ももらっていたのです!
つまり、年金をもらってからも働いていたのに申告していなかったのです!
しかも「お金を取られた」と言ってることにビックリ。
まるで私が余計なことを教えたみたいに聞こえてショックでした。

でも、よく考えたらそんな人はいっぱいいるでしょうね。
ギャンブルでも収入になったら申告しないといけないから。
唯一税金がかからないのが宝くじ。

「納税は国民の義務」と言いながらも、その税金をちゃんと使ってくれたら文句も出ないんだけどなぁ


                             by 蜩
蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。