京都国際写真祭

昨日、黒猫と一緒にぶらり京都の旅をしてきました。

今回の目的は“京都国際写真祭”  
詳しくはこちら  KYOTO GRAPHIE

黒猫が通っている写真専門学校で聞いてきたらしく、面白そうなので一緒に行こうということになりました。
このイベントは京都市内15か所にいろんな写真家の作品が展示してあり、まるでスタンプラリーのようにギャラリ―を探しながら鑑賞するというもの。
その日によって様々なイベントもあったり、そのギャラリ―が京都ならではの場所だったりしているので、写真に興味が無い人でも写真プラス建物の両方を楽しめます。

そして驚くのがこのイベントのスポンサー。
シャネル、グッチを筆頭に世界的に有名な企業が並んでいます。

チケットはパスポートになっていて、期間中有効になってます。
だからまた違う日に来て全部をコンプリートしよ~!って黒猫と決意しました。


それではいくつかの場所を紹介。

KYOTO GRAPHIE 1
無名舎  山谷祐介|Tugi no yoru e


KYOTO GRAPHIE 2
誉田屋源兵衛 黒蔵  マルク リブー|「Alaska」

KYOTO GRAPHIE 3
ギャラリ―素形  ノ・スンテク|reallyGood,murder
(写真が横向きですみません)

KYOTO GRAPHIE 4
嶋臺ギャラリ―  フランシス・ウルフ|A Vision of Jazz:フランシス・ウルフとブルーノート・レコード
ここでは、ゆっくりジャズが聴けるスペースがあります。

KYOTO GRAPHIE 6
京都市役所前広場  マルティン・グシンデ|フエゴ諸島先住民の魂-セルクナム族、ヤマナ族、カウェスカー族
ここは仮設の建物だったので暑かった~


途中、お腹がすいたので昼ご飯を食べるところを探してたのですがいいところがなく、次のギャラリ―に行ってから決めようと行った先に運よくカフェが併設されてました!
そこでいただいたのがこれ、

ぶぶ膳

ぶぶ膳
京都で言う「ぶぶ漬け」とはお茶漬けのこと。
でも、ただのお茶漬けではありませんよ~
もっちもちのおこわに美味しいお漬物、温泉卵、デザートまで付いています。

どこもじっくりと見てしまうほど中身が濃い。
この日はあまり混んで無かったのでゆっくり見れました。
写真の善し悪しなんて私みたいなど素人がわかるはずないのですが、見てるだけで素直に感動できるし、結構面白いものです。

とにかくこの日は暑いくらいのいい天気でした。
異動手段が徒歩だったので、この日だけで1万歩は越えてしまいましたね。
暑かったことと時間が無かったこともあり、ゆっくりお茶もできなかったから黒猫がせめてスタバでフラペチーノを買って!とうるさかったのでふたりして購入。
コーヒーフラペチーノ
これを片手に帰路に着きましたとな。


                                  by 蜩
スポンサーサイト

Nightcap

新年度を迎えまして、毎日忙しさの連続です。
今回は管理職の異動もあって、怒涛の10日間をすごしました。
おかげさまで私は今の職場に継続雇用となりました。
もう、6年目になります。

毎日残業してたので、家の中はほとんど手を付けていない状態が続いてました。
(土日は出掛けていたので)
疲れているのだけど、家ではそのような態度をとれないため、仕事テンションのままで家事をしていたのでお風呂から出たらもうぐったり。
すぐに寝付けると思うんですが、気持ちが明日のやることを反芻しているのでなんとなく切り替えないといけないと寝酒(Nightcap)をするようになりました。

もともと下戸なもんでたいして飲めないのですが、今はやりのオサレ~なチューハイなどを黒猫と半分こしてました。
350mlを半分こしても十分に酔えるのでなんとも経済的。
ふたりのお気に入りは“ほろよい”シリーズ。

最近気になっているお酒がありまして、買ったのですが夕べ初めて飲んでみました。

澄み渡る葡萄酒
厳選した葡萄を使用した2種類の蒸溜酒※1をブレンドし天然水を主体に仕上げることで透明な中味を実現しました。糖質50%オフ※2で、葡萄の爽やかな香りと食事に合うすっきりとした甘さが特長です。
※1 葡萄果実の蒸溜酒 : 厳選した葡萄果実をホワイトスピリッツに漬け込み、減圧蒸溜(低温・低圧でじっくり蒸溜する方法)することで、葡萄由来のみずみずしい味わい・香りを抽出した蒸溜酒。
赤ワインの蒸溜酒 : 酸化防止剤無添加の赤ワインを減圧蒸溜することで、赤ワインの芳醇な香りを抽出し、渋みを除去した蒸溜酒。
※2 当社葡萄リキュール平均値比 (サントリーHPより)


飲み口がスッキリしていて、甘さもそんなに強くありません。
色も無く、一見お水のよう。
葡萄酒=ワイン みたいなのかな?と思ったのですが、ワインより軽い感じです。
寝酒にするよりは、食事と一緒にいただくほうが良いかもしれません。
現にふたりして「チーズが欲しいねぇ~」と言いながらじゃがりこを食べていました。
(ただおつまみらしいものが無かっただけなんです)

嫌いなわけじゃないのに飲めないってのはつらいもんです。
この時期、送別会や歓迎会が多くてお誘いもあるのですが、ほとんど断っています。
女だけなら休日にランチなんてことで済むのですがねぇ。

まぁ、来週からは通常業務に戻るので元のペースでいけそうです。
ご心配をおかけしてました腰の方もほぼ完治し、今は普通に走ったり跳んだり(?)しています。


                           by 蜩

水難の相

友人とランチをしにちょっと遠出をしました。
そこは有名な桜の名所。
天気予報では雨と言われてたのに、今日は朝から良い天気になり絶好のお花見日和となりました。

私は例の腰痛のリハビリを午前中に済ませ、電車に乗って待ち合わせの駅まで行くことにしました。
と、電車に乗り座席に座っていた時は気付かなかったのですが、乗り換えのため席を立った時、何か太もものあたりがじっとりしてる感じがありました。
変だなぁと急いでトイレに入って見てみると、そんなに目立ちはしないけれどちょっと濡れた感じがありました。
座席が濡れていたのかな?
匂ってみても変な匂いがしなかったのでとりあえず紙でパンパンたたき乾かしてました。
天気も良かったので何とか大丈夫。
友人と合流し目的地へ向かったら、なんともたくさんの人、人、人…
昨日の雨もなんのその、一斉に咲いた桜はそれはみごとでした。

紹介してもらったお店のランチも美味しくて、話に夢中になっていたらお店の人が、
「すみません、もう閉店なんですが…」と申し訳なさそうに言ってくる。
時計を見ると3時半。
しまった、すっかり話しこんでしまったので気が付かなかった。

それじゃあ場所を変えようかと、近所をぶらりと散歩してからス○バに行くことに。
天気も良かったので外で座って話の続きをしました。
頼んだのもコーヒー&クリームフラペチーノ。
歩いたら暑かったのでちょうどいい感じだったけど、さすがに甘い。
半分ほどですっかり溶けてしまいあま~い飲み物と化した。
またまた話に夢中になった二人。
気が付くと空模様があやしくなってきてあっという間にポツポツと雨が降ってきました。
ヤバい!と慌てて中に入りカウンターに飲み物を置いて座った途端、カップが倒れ私の足にドバッと零れてしまいました。
友人が紙ナフキンを持ってきてくれて拭いたけど、私のジーンズはぐっしょり溶けたフラペチーノで濡れてしまった。
トイレで水分を絞ってきたてれど、なかなかとれない。
甘い香りが漂い、やたらネトネトしたハンカチとバッグ。
応急処置はしたけれどどうも気になって話に身が入らない。
帰りは友人が家まで送ってくれました。

なんか、最近ついてないことが多すぎる。
特に今日は水難の相が出てたみたい。


                           by 蜩


蜩の最近読んだ本