絵本『あかちゃんがわらうから』 おーなり由子

こんなときに絵本紹介だなんて…と、思われても「ごめんなさい」としか言いようがありません。

『あかちゃんがわらうから』 おーなり由子

あかちゃんがわらうから
おかあさんがうれしいとき、あかちゃんがわらう。おかあさんがこころを心配事でいっぱいにしているときも、あかちゃんはわらう。
「ぼくらは、生きたい。ぼくらは、愛したい。ぼくらは、いっぱいあそびたい!」 子どもたちは、あふれる生命力で、わたしたちに「うれしいこと、ここにたくさんあるよ!」とおしえてくれるのです。(ブロンズ新社HPより)


最近、知り合いの赤ちゃんをだっこさせてもらった。
久しぶりの感覚。
だけど、こっちの不安などそっちのけで赤ちゃんはギュッと私の腕を掴んでくる。
赤ちゃんが私の顔を見てにこ~っと笑う。こちらもつられてにこ~っと笑う。
それだけで、世界がバラ色に感じる。
赤ちゃん笑顔ってすごいなぁ~と思う。

お母さんになってしばらくは、どうやっていけばいいのかわからず、ノイローゼ一歩手前だったこともあったけれど、赤ちゃんの笑顔で随分こちらが助けられた記憶がある。

ほら
ここに

わたしを
だきしめてくれる
ちいさい手

うれしいこと あるよ

ぜんぶ

ここに あるよ!



                                 by 蜩
スポンサーサイト
蜩の最近読んだ本