『やってはいけない脳の習慣』 川島 隆太:監修

『2時間の学習効果が消える!
          やってはいけない脳の習慣 
              小中高生7万人の実証データによる衝撃レポート』


   やってはいけない脳の習慣

「脳の解析データを見て絶句し、自分の子どもにスマホを与えたことを大いに後悔しました」(脳科学者・川島隆太)
◎「スマホのしすぎで勉強しないから成績が下がる」のウソ
◎ゲーム、テレビの時間と脳の成長の遅れは比例する!
◎子どもの肥満は、記憶力に関わる「海馬」の発達に悪影響
◎脳のMRI画像を解析すると、朝食はパンよりご飯のほうがいい
◎「親子の会話時間」が、言語能力に関連した脳を育てる
……ほか、最新の脳研究からわかった、こんな事実を知っていますか?
親のちょっとした働きかけが、子どもの脳の働きを左右する!(青春出版社HPより)


なんとも恐ろしいタイトルだこと。
サブタイトルの“2時間の学習効果が消える!”ってところに惹かれて読んでみた。
消えるって、どういうこと?

ふつう、勉強時間が長ければ試験の解答率は高くなると予想できる。
しかし、本中の実験結果では、
勉強時間が「2時間以上」で、スマホ使用が「4時間以上」の場合の正解率が、
勉強時間が「30分未満」で、スマホ使用が「まったくしない」場合より低い結果が出た。
つまり、スマホを使用するしないで 家庭で平日に2時間以上勉強している子が、ほとんど勉強していない子より成績が悪い ということになった。
これは結構衝撃的だった。

だからと言って、今更スマホの使用をやめるのは無理なことなのはわかっている。
要は使い方。
それも、親から「成績が下がるからスマホはダメよ!」って一方的な押し付けじゃなく、スマホに関する正しい認識を持つための指導や啓発が大事。

スマホ以外にも、睡眠や食事に関する実証データが書かれてあるが、ほとんどがすでに言われ続けていることが多い。
朝食に関してでは…
・朝食を抜くと成績が下がる!?
・朝、パンよりご飯を食べるほうが脳は発達する
・おかずを増やすほど脳の働きはよくなる


睡眠では…
・幼児期に睡眠時間が十分に取れていない子は、思春期に肥満になる確率が高い
・睡眠時間が長い子はそうでない子より成績が良く、伸びやすい


あと、家族とのコミュニケーションの取り方も脳の発達に関係するようだ。

今の子どもたちは、自己肯定感が低いと言われている。
11歳頃までは年齢とともに上昇しているのに、12・13歳頃で最も下がり14歳頃から改善され、その後加齢とともにまた上昇して行くそうだ。
そして、自己肯定感が高い子ほど対人関係が良好で成績も高い。
どうしたら、この自己肯定を高めることができるのか?
「自分をどのように理解するかによって変わる」
と書かれているが、なかなか難しい。
自分に自信を持つこと。自分の良い所がわかること。信頼されていることが実感できること。等々…
言うのは簡単だけど、これは周り、家庭や学校の協力が大前提としてある。

スマホは確かに便利で、私もすっかり依存してしまっている。
ただ、便利なことが当たり前だと勘違いすることが怖いのだと思う。
これは何もスマホに限ったことじゃないけどね。


                              by 蜩
スポンサーサイト

カピバラさんカフェ in ハンズカフェ

ハンズカフェ梅田 がコラボしているカピバラさんカフェに黒猫と行ってきました~

201611121320414bf.jpg

入っていきなりのカピちゃんの山!
ここは丸いカウンターになっていて、四方からカピちゃんを眺められます。
他の壁にはカピちゃんのポスターが貼られています。

そして、私が注文したのが…

201611121320318c3.jpg

カピバラさんのでりしゃす~んハッシュドビ~フ 
と、
2016111213201899c.jpg

ホワイトさんのうっとり~んマシュマロラテ 

メニューの名前が長いので、店員さんが大変そうでした。
ちょっと噛んだりして…(^_^;)
カピちゃんを食べるのは忍びないけど、お腹が空いてたので美味しかった。

20161112132053320.jpg

マットとコースターはお持ち帰りできます。
他のお客さんは、やっぱり女性が多かったですが、カップルもちらほら。
グッズも販売してます。
私はハンカチとポーチを購入。
お店でもらったカードを近くのキディランドの“カピバラさんゆるっとショップ”にもって行けば、ステッカーが貰えます。

まったりほっこり癒されて、帰路につきました。
あぁ~よかったなぁ~


                                 by 蜩

チロルチョコ通信 栗ぜんざい 

やっと秋らしくなってきた今日この頃。
紅葉も色を増して、食べ物も美味しくなって、天高く私も肥える秋。(笑)

そんな季節に相応しいチロルチョコが出ました!



きなこもちシリーズ?最新作、栗ぜんざい~
(ドラえもん風に言ってみてください)
イオン限定商品だそうです。

お味の方は、そのまんまですので何とも言いようがないです。(^_^;)

ところで、
ぜんざい と言いますと、どんなモノを指しますか?
また、おしるこ とはどんなものでしょう?
これは地方によって随分変わると思います。

私が子どもの頃から馴染んでいるのは、
ぜんざい・・・小豆がごろごろ入っていて、お餅はだいたい丸でいっしょに煮てあるもの。
おしるこ・・・小豆は裏ごししてあって、白玉が入っているもの。

ちなみに、私の母がよく作ってくれたのはぜんざいで、それはお正月の3日に食べるものでもありました。
話がそれますが、私の生まれた地域のお雑煮は、元日は白みそ、2日はすましで焼餅、そして3日がぜんざいとなります。
今は旦那の故郷の島根風になっていますがね。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は“あんこ”がダメなのですが、なぜかぜんざいは食べられるのです。
煮豆が好きなのと、温かかったら食べられるようなのですが、周りからはよくわからん!と言われます。(ノД`)゜。

それと、栗も茹で栗や焼き栗、栗ご飯などは食べられるのですが、モンブランになると食べられないのです。
甘露煮も苦手ですね。
それなのに、今年の私の誕生日に旦那がモンブランを買ってきたので、思わず「私の嫌いなモノ知らんの!?」怒ってしまいました。悪かったなぁ~と思いつつ、何年一緒にいても関心がないんだなぁ~と呆れてしまいました。

話があっちこっちに飛んでしまってすみません。

今週は寒さがぐっと増すそうなので、風邪などひかれませんよう、くれぐれもご自愛くださいませ。


                                    by 蜩
蜩の最近読んだ本