『ママたちが非常事態!? 最新科学で読み解くニッポンの子育て』

             ママたちが非常事態!?
「夫へのイライラが止まらない」 「母親であることに自信を持てない」 「なんの地獄かと思った」
ニッポンの子育ては、なんでこんなにツラいのか?
育児の「なぜ?」を最新科学で解き明かす!
育児にマイナスの感情を抱いたことのある母親は、実に9割(※NHKネットクラブアンケートより)。
ニッポンのママたちに一体、何が起こっているのか? 最新科学で迫ってみたら、人類700万年の進化の中に答えが見えてきた──。
ママたちを追いつめる日本特有の社会環境にも触れながら、育児の喜びを取り戻すためのヒントを「科学の目線」から示します。
最終章では「パパ」に光をあて、夫婦間の小さなトラブルやストレスを回避する智恵も紹介。(ポプラ社HPより)


ちょうど1年前に放送されたNHKスペシャルを見ていて、あわててメモを取ったくらい衝撃的だった。

子育てが辛いと思っていたのは私だけじゃなかった…
そんなこと思うのは母親失格だと思っていた…
言うことをきかない子どもにイライラする毎日。
子どもと一緒に泣き続けた日もあった。

それらを科学的に解明してみると、それぞれに理由があったのだ。
人類が進化していく過程で備わった、子育てに必要な社会環境や女性の体の仕組み。
それが最近の急速な社会変化に付いていけなくなったのだ。
もともと育児は集団でおこなわれてきた、それが人間関係の希薄化によって独りで背負うことになった母親。
共同養育を求める母の体の本能と、現代の孤独な育児環境、そのギャップに母たちは苦しむ。

また、母性も子どもを産んだからすぐに芽生えるものではない。
赤ちゃんに実際に触れ、育児を経験する中でそのスイッチが入り、どんどん育まれていく。

夜泣きは、本来お腹の中にいる赤ちゃんがお母さんを助けるための習慣が裏目にでたこと。
人見知りは、他人への興味が芽生えたことで、とても大事な発達の段階。
イヤイヤ期は、まだ未熟な脳の前頭前野のせい。
この前頭前野にある抑制機能が発達することで、欲求を理性で抑えることができるようになる。
恐怖やモノで釣る我慢のやり方をするのはあまり良くない。
抑制機能を育てるために、自分で理解させ行動させる。
それがその子の将来にかかってくる、らしい。

女性は子どもを産み育てることで、身体の機能がどんどん変わってくるのに対し、男性はなかなか変わらない。
それにイライラするのもホルモンの仕業。
自分はイクメンだと思っている多くのお父さんも、奥さんから見れば不満ばかり。
そんな時は奥さんの気持ちに寄り添ってあげることが良いのだそうだ。
精神的にカバーしてもらえるだけでも、女性は落ち着くらしい。

自分の子育てを振りかえってみて、確かに思い当たる点がいくつもあった。
あの時の旦那の酷い言葉は今でも忘れられないからなぁ

子どもの声が騒音となる現在、おかしいんじゃないのか?
自分だって大声あげて遊んでた時期があったのではないか?
子どもの声が元気な国は幸せな国なんだ。
と、佐藤愛子さんも言っていたっけ。


                                      by 蜩
スポンサーサイト

『九十歳。何がめでたい』 佐藤愛子

         九十歳。何がめでたい

『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。
自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、人生をたくましく生きるための箴言も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。
 ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(小学館HPより)


この正月に実家に行き、父に「今年で90歳やね。めでたいなぁ~」と言うと、「あちこち具合が悪いし、何もめでたい事なんかないわ!」と一喝されました。
「めでたい」というものは客観的なもので、当の本人はそんなこと気にしていないということか。

佐藤愛子さんのエッセイ。
2年前に小説『晩鐘』を書き終えた時、もう作家はやめるとおっしゃったてたのに、長年物書き業をしている性なのか、ゆっくりのんびりが辛く(?)なられたようだ。
その「のんびり」のおかげで、うつ病になりかけているんじゃないか、という思いが頭の隅っこにパッパパと明滅したのでした。
そんなことで、この仕事を引き受けられたようだ。

内容はというと、もう、気持ちいいくらい斬りまくる!
共感することがいっぱいで、ご本人にお会いして硬く握手をしたいほど。
「子どもの声が騒音になる」「心配しない親」「便利すぎる世の中」等々、おかしいと思っているのは私だけじゃなかったことに、ホッとする。
「平和は有難いが、何も不足のない生活からは強さ、自立心が生まれない。生まれるのは依存心だけ。」
なるほどね… 

他にも、新聞の人生相談についても書かれてあって、大笑い。
私も好きでよく読んでいるのだけど、「こんな相談アリ?」と思うものがある。
そのような相談に回答される識者の方々には頭が下がる。

ただ怒ってばかりでなく、本当に心配しているからこその思いやりが溢れている。
物質的な豊かさに慣れれば慣れるほど、心の豊かさが衰退しているように思う。

笑って、怒って、泣いて、また笑って。
1年の始まりに相応しい本だったなぁ~と思う。


                                 by 蜩

新年、

明けましておめでとうございます

この正月、旦那と黒猫が元日だけお休みだったので私の実家へ行ってきました。
今年で90歳を迎える父は、病院通いはしているものの、相変わらず元気で助かっています。
でも、さすがに最近はいろんなことができなくなってきたと言います。
これから先を、具体的に考えなくてはいけない年になってきました。

昨日から仕事が始まった旦那と黒猫。
黒猫は今月でバイトを辞めて、研修期間に入ります。
今も研修を受けながら、休みの日にバイトという二足の草鞋を履いてますが、よーく考えるとあの子はずーっと二足の草鞋を履いていたように思えます。
高校の頃から、学生とバイト。
大学も学生とバイトを時に2つ掛け持ちしてたり。
専門学校に行ってもバイト。
卒業しても、バイトとインターン。
ほとんど休みが無かったような気がします。
でも、やっと来月からは仕事一本になります。と言っても3ヶ月間は研修なので、4月から正式に新入社員となります。

旦那も今年はそろそろ引退かな?
会社の後を任せる者がいなくて、71歳になってもまだ現役で働いています。
昨日今日など運転手してますし、いつになったら楽できるんだろうとぼやいています。
でも、仕事を辞めたらどうするんだろう?
父より旦那のほうが心配になります。

私はと言いますと、今の職場にこの春で8年目になります。
アルバイトに異動はないと言われていますが、何人かは異動しているのでまったくないとは言い切れないようです。
去年の末の調査書には、(異動したいかどうか)どちらでも良いので、勤務日を増やしてほしいと書きました。
希望を書かせといて、叶ったことはないと言われている調査書ですから、あまり期待はしていませんがね。

三人三様、今年はかなりの変化があるような気配がします。
どんなことも、乗り越える気構えだけは持っている自分ではあります。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。m(__)m


                                  by 蜩
蜩の最近読んだ本