3月11日。

忘れられない出来事とは、忘れられないようにできているのかと思う。

3,11  1,17  9,11 …

1がふたつ付く日。
たまたまかもしれないけど、この3つだけかもしれないけど、偶然にしておけない感じがする。

3月11日は、義理の姉の命日でもある。
ちょうど東日本大震災の前の年、長い入院の間、身内の揉め事でろくに見舞いに行けなかった旦那をはじめとした兄妹達。
心残りだらけで向かった葬式でも冷たくあしらわれ、一般客と同じ席で見送った悔しさは忘れられない。

2月11日は、私の母の誕生日。
建国記念の日だけど、「昔は紀元節と言ってね、学校で記念式典みたいなのがあったんよ」と教えてくれた母。
これはちょっと違うけど、私にとっては大事な日。

1月17日で辛い思いをした私たちが、3月11日で辛い思いをしている人たちに何ができるかわからないけど、唯一わかるのはその苦しさ、悲しさ、悔しさ。
度合いは違っても、経験した者でないとわからない心境がある。

今朝、テレビで誰かが言ってた。
復興を手助けするなら、現地へ観光に行き温泉にでも入って大いに楽しんで美味しい物をたくさん食べて、お土産もたくさん買って帰り、他の人によかったよとふれまわることだ、と。


                                    by 蜩
スポンサーサイト
蜩の最近読んだ本