スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと京都まで。

親戚の子、と言ってもすでに30歳を越えているのだけど、彼女と母親が泊まりに来ると言う。
彼女Mちゃんは、整体?マッサージ?みたいな(本当はもっと難しい名前のものなんだけど)の仕事を島根県出雲市の自宅で営業している。
詳しくはこちら  http://ameblo.jp/shizuku-0506/page-2.html
月一、神戸で研修を受けるために来るのだけど、たまに我が家に泊まりにくる。

今回は27日(土)に京都のみやこメッセで開催される『ルピシア グラン・マルシェ』に母親も一緒に行きたいとのことで、二人で泊まりに来た。
せっかく京都に行くのなら、行きたいところに連れて行ってあげようと、黒猫がリクエストをもとにルートプランを作りだした。
こういうことは、ホントにスゴイなぁと親ながら感心する。

さて、当日。
朝の9時前に家を出て、10時半に京都河原町に到着。
てくてく歩いて寺町通りへ。
まずはMちゃん母の行きたかった、ビーズのお店。
Mちゃんの両親はどちらも手先が器用で、アクセサリーを作って自宅で売ったり展示会で販売したりしている。
だから、どこに行っても手芸屋さんは必ずチェックするようだ。
実は前の日に、神戸と大阪でもかなりのものを購入しているのに、私がメガネチェーンをリクエストしたもんだから、またまたビーズを買うために寄ってもらったのだ。

11時も過ぎたので、土曜日で観光客も多いだろうから、お昼ご飯を早めにすることに。
お目当ては、京都三条にある 『とうふ処 豆雅傳(とうがでん)』  
HPはこちら 豆雅傳

1階ではお豆腐や関連商品を販売されていて、2階でお食事ができます。

豆雅傳

私が注文したのは、とうふ丼セット
鳥そぼろの上につるっつるのお豆腐が乗ってて、崩しながら食べるとおろし生姜の塊に遭遇!
生姜好きにはたまらない美味しさ!!
小鉢は左上から、厚揚げの煮びたし、うのはな、おぼろ豆腐、しば漬け、豆腐の味噌汁。
黒猫が、生ゆば天ぷらセットを頼んでいたので1つもらったんだけど、モチモチしたゆばがとても美味しかった。

お腹もいっぱいになったことだし、またまた歩いて古川町商店街へ
次は、Mちゃんのお目当て、綿菓子のお店、
『JEREMY & JEMIMAH』 
2号店が最近オープンしたそうで、そちらに向かいます。
昔ながらののどかな商店街の一角にありました!

ジェレミー&ジョマイマ1

ボケてしまってすみません。

ジェレミー&ジョマイマ2

黒猫が、“桜餅”を待っています。
待ち札もカワイイでしょ
いろんな種類があって、私は“ゆず”を注文。あと、この店限定の“薔薇”、定番の“抹茶”などなど
綿菓子の上にドライフルーツや不思議な粉をトッピングしてくれます。
花束みたいなラッピングで持ち歩きに便利。
ここの2階にはカフェもあって、箱型の綿菓子をそこでいただくことができます。
4人が違うものを注文したので、歩きながらそれぞれのを食べ比べて次の目的地へ。
途中、女子高校生のグループとすれ違ったときに「あっ、美味しそう~」って聞こえたもんだから、「食べる?」とその娘に向けたら、「いいんですか~?」とJK二人がつまんで食べてった。

さて、今回の本来の目的、
『ルピシア グラン・マルシェ』 
詳しくはこちら  ルピシア グラン・マルシェ

ルピシア グラン・マルシェ

ルピシア会員限定の無料試飲会。
紅茶はもちろん、日本茶、中国茶など、ほとんどの商品が試飲できるのでこんなチャンスはめったにない!
黒猫が会員なので、同伴OKということで一緒に行くことに。

広い会場内は、お茶はもちろん、フードやグッズも販売されています。
人が多いので、親子2組で別行動となった。
小さなカップで試飲していくのだけど、数が多いのでお腹がいっぱいになってしまう。
そこで、二人でひとつのカップをはんぶんこすることに。
どれも、それぞれ美味しいので悩んでしまう。

私たちの目的はルイボスティーとほうじ茶。お目当てのものを見つけてはバッグの中へ。
そこに、チャイの実演があると聞いて急いで向かう。
二人ともチャイが大好きなのだけど、正式な入れ方を知らない。
実演を見て、なるほどと感心してしまった。今まで自分が作ってきたのはなんだったのか…
大事な3つの約束。①茶葉は沸騰したお湯に入れてグツグツ煮出す ②牛乳は沸騰させない ③空気を入れる
③の空気を入れるとは、『相棒』の右京さんが紅茶をポットを高く持ち上げて入れる、あれを5回ほど繰り返すと良いらしい。
早速家に帰って試してみたが、ホントに美味しくなっていた。

そして、忘れてはいけない、スコーンを購入。クロテッドクリームも忘れなく。
グッズ売り場では、ガラス製のポットも購入。
ああー、なんだかんだとたくさん買ってしまった…
企業側の思うつぼだわ。

約1時間ほど堪能して、待ち合わせの場所へ。
飲んでばっかりなので、さすがにトイレに行こうとしたら長蛇の列。みんないっしょなのね。
そこで私は違うフロアのトイレに行った。そこも混んではいたけど、まだましだった。

Mちゃんたちは新幹線で帰るので、とりあえず京都駅に行くことに。
バスを待っていると、やってきたバスが超満員で全員乗れずに行ってしまった。
次のバスを待とうかと思っていたんだけど、4人ともかなり疲労が溜まってきたので、タクシーに乗ることに。
ご存知、京都のタクシー運転手さんは観光案内はおてのもの。
連れが島根から来たと言うと、おじさんは頼みもしないのにいろいろ教えてくれた。
この時期は中学校の修学旅行が多いから大変だと。でも、高校生よりはましかな~とも言ってた。

京都駅に着いてから、お弁当とお土産を買うのに付き合って、改札まで見送った。
新幹線で岡山まで行って、そこから“やくも”に乗り替えて出雲まで帰るそうだ。

3時半なので、まだ帰るのには早いからと、二人で四条河原町まで戻ることに。
バスに乗るのかと思ったら、黒猫がタクシーで行こうと。かなり疲れているようだった。
二人じゃないから、やっぱり気も使ったし、歩く速度もゆっくりにしてたからかなり疲れたと。
私はあまり感じないのだけど、黒猫はそういう気配りをさらっとするので、後でこたえるようだ。
駅の近くでお茶をしようと店を探していたのだけど、行きたいお店が最近雑誌でよく取り上げられるから行列ができて入れない。
違う店に行くとすぐ入れたのだが、店員のマナーがなって無いと黒猫がご機嫌斜めになり早々に引き揚げた。
ここはもう来ることがないな。
彼女は飲食業に就いていたことがあったので、そういうことにはめっぽう厳しい。

あと、本屋によってこちらも帰路につくことに。
帰りの電車では爆睡してたなぁ
私は横に立ってた高校生らしき集団の声がうるさくて寝れなかった。カバンが何度も当たってきたしね。

Mちゃん母から、9時ごろ着いたと連絡があった。
そちらも遠いところからお疲れ様でした。
来月もよろしくねとMちゃん。今度は一人だよ。
はぁ~い 了解です!


                             by 蜩
スポンサーサイト

ゴールデンなウィーク その3 『春狂言』

先週の土曜日、ゴールデンウィークの最後は黒猫と一緒に狂言を観に行った。
(ていうか、ほとんどあいつと一緒だが…)
茂山一門 『春狂言』 

20170506harukyogen_omote.jpg

この日は2部公演だったのだけど、私たちは13時開演の方を観た。
上のポスターの右側 『新作 さくらんぼ』 『飛越』 『茶壷』 の3作品。

20170510111512947.jpg

場所は、大阪中央区にある 大槻能楽堂
能楽堂での鑑賞は初めてなので、ちょっと緊張・・・でもなかったかな?
能楽堂の客席は独特で、正面と右側面にのみある。 (下の図参照)

seatmap.jpg

私たちは右側面席の前から2列目。かなり良い席。
正面から見れないけど、役者さんが目の前にいらっしゃるので、顔の表情がよくわかる。
私が大好きな 茂山逸平くんも間近に見れた~(*^^)v

狂言に詳しい訳ではないのだけど、落語と似ていて笑えるところが好き。
元々、逸平くんがドラマに出てた時にファンになって、そこから興味がわいてきた次第。
年に1~2公演観るくらいなので、そんな熱狂的なファンでもないのだけど、なんか観ているとホッとする。
まぁ、黒猫も私につられて観るようになったくらいだしね。

この日の特典で、夏に催される『納涼 茂山狂言祭 2017』 の先行予約ができると言うことで、ちょうど黒猫の誕生日にあたる8月6日(日)公演を予約しちゃいました。ヽ(^o^)丿
今から楽しみだ~


                                        by 蜩

ゴールデンなウィーク その2 明石で散歩。

昨日、黒猫がお友達のAちゃんに会いに行くというので、明石行きに便乗させてもらうことになった。

毎回、向こうでおいしい明石焼きを食べていると聞いていたので、羨ましいなぁ~と思ってたら、
「一緒に行く?」って聞くもんだから、
「うん!」と返事をした。
しかも、Aちゃんママさんもご同行してくれると言うので、これは行かない訳にはいかない!

明石に行くのは自動車免許を取って以来だから(兵庫県民は明石が試験場なのです)、かれこれ30年ぶり。
駅前もすっかり都会的なショッピングセンターができていて、おしゃれな街になっていた。
GW真っただ中なので、さすがに人は多い。

お目当ての“明石焼き”を食べに、“魚の棚”へ~  明石・魚の棚商店街
連れて行ってもらったのは、商店街に入って数件目の“よし川”さん。
一番の老舗で美味しいと評判の店らしい。
ここでは明石焼きをのことを『玉子焼き』って言うんだね。

明石焼き2

観光客が多くて、すでに長い行列ができていたけど、回転が早いから大丈夫だよ~とAちゃん。
お店ののれんには「本日 たこ飯と明石焼きのみ」と書かれた紙が貼ってあった。
テイクアウトもあったんだけど、やっぱり焼きたてを食べたいよね~ということで待つこと10分くらいかな?
たこ飯と明石焼きを注文した。

明石焼き

もうね、美味しい~を通りり越して 「うまい!」 としか言えない。
玉子焼きというくらい、黄色いたこ焼きは大きくてふわっふわのとろっとろ!!
しかも中に入っているタコは歯ごたえ十分!
お出汁がまた美味しいのよね~ あっさりしているから、いくつでも食べられる。
これをのせてある器?がおもしろい形をしているの。足のあるまな板みたいな形なのに、足が片方しかない。つまり、テーブルに置くと傾くわけ。
さて、たこ飯ですが、こっちはしっかり醤油味がしみていて、タコはとても小さく柔らかい。たぶん、干したタコだと思う。
でも、いいダシが出ていてとっても美味しい。
明石焼きが600円、たこ飯300円 二つ食べても900円!
お腹いっぱいになったのでこれはお得かも。

その後は、商店街をぶらぶらし、近くにある明石公園のイベントを見て楽しい時間を過ごしました。
AちゃんとAちゃんママさん、お世話になりました。m(__)m

ただ、暑くてねぇ~ちょっとバテ気味。
そのせいで、お土産買うの忘れてたわ。(笑)
(少しだけ買ったけどね)


                                by 蜩

ゴールデンなウィーク その1 『京都国際写真祭』

皆さまはゴールデンウィークをどのようにお過ごしですか?
今年は黒猫の休日がカレンダー通りになったこともあり、フツーのGWを過ごしております。

で、第一弾!
毎年恒例の  京都国際写真祭 KYOTOGRAPHIE  に行ってまいりました。 
 HPはこちら→ KYOTOGRAPHIE

2017050312130694a.jpg
やば… 「祭」ぬけちゃった…(^_^;)  (写真はクリックすると大きくなります)

今年のテーマは 「LOVE」 
201705031213201f2.jpg

今回のイベントの一つに、黒猫の知っているギャラリーのオーナーさんのトークショーがあると言うことで、それに合わせて行くことに。
いつもKG(KYOTOGRAPHIE)の時はお昼ご飯を食べ損ねるので、先に済ますことにした。
どこがいいかなぁ~ と歩いていますと、ほんのすぐそこに見つけたカフェ。
メニューはテッパンモノばかりだけど、そこに思考を費やすつもりは毛頭なかったので、フツーにランチを注文した。
201705031213431f3.jpg
鶏南蛮定食~!
美味しかったわぁ~ヽ(^o^)丿
黒猫はハンバーグ定食を注文しておりました。

13:30のトークショーにあわせて“元・新風館”に戻り、約1時間、『写真を買うということ』についてのお話を興味深く聞いていた。
日本では、カメラの性能が良くて誰でもそれなりに“キレイな写真”を撮る事ができる。
だからか、“写真を購入する”ということがあまり日常化していない。
写真集を買うことはあっても、それは被写体に興味があるからだったり、有名な写真家さんが撮ったものだからとかいうものが多い。書店だって、売れるモノを置きたがるので無理はない。
ギャラリーで写真(プリント)を買うことに慣れていない。そもそも、ギャラリーに入ることにも躊躇してしまう。
ここで言う写真とは、アートとしての作品である。
写真家さん達にとって、作品が売れないと意味が無い。その仲介をするのがギャラリーなのだと思う。

KG開催中には、“KG+” という写真展も同時開催されています。
KG+は、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的に、2013年よりスタートしたアートフェスティバルです。KG+は、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭と連携し、同時期に開催することで国際的に活躍する写真家やアーティスト、国内外のキュレーター、ギャラリストとの出会いの場と国際的な情報発信の機会を提供します。(KG+ HPより抜粋)
詳しくはこちら → KG+

難しい話はさておいて、
今年はプチパスポートがあったので、それを購入しあとは無料のところを探して、時間もあまりないので近くばかりを狙います。

201705031214100ba.jpg
パンフレットの写真で気になった作品。おじさんたちが一緒にお風呂?に入ってるのが気になって…
展示の仕方が凝っていて、作品もステキだった。
ハンネ・ファン・デル・ワウデ Emmy’s World

20170503121421475.jpg
ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。有名なポートレート写真家さん。
歴史上の人物が写っていて、ビックリ。
展示場所はなんと、二条城の中です!
アーノルド・ニューマン マスタークラス -ポートレートの巨匠-

20170503121438c93.jpg
見たかった写真家さんの1人、メープルソープ。
MEMENTO MORI ロバートメイプルソープ 写真展 ピーターマリーノコレクション

午後からだったので、あまり時間が無いこともあって、この日に回れたのは7ヶ所。
全部歩いて回ったもんだから、足と頭が疲労困憊。
糖分接種を兼ねて、お茶をしようと“ソワレ”に向かった。
目当てのゼリーが売り切れだったのは残念だったけど、ケーキセットがあったから良としますか。

20170503121452aca.jpg

今回、一番心に残った作品が最初に行った“元・新風館”で見たもの。
吉田亮人 Falling Leaves
おばあちゃんと孫の写真なのだけど、二人の間にある踏み込めない絆が微笑ましく思えたのに、彼の結末の付け方に疑問が湧いてしまい、最後にあったボックスに入ると涙があふれてきたのはいったい何だったのか、自分でもわからなかった。
写真とその向こうにある現実に心がこんなに揺さぶられたのは久しぶりだった。
改めて、写真の力、アートとしても感動できる凄さに驚いた。

あと、メインスポンサーであるBMWが派手なプリントされたKGのオフィシャルカーi 3 をレンタルしてくれるのです~!
シャトルカーとしても運行しているし、自転車もレンタルできるのです!
自転車くらいなら乗りたかったけど、黒猫が自転車に乗れないので諦めましたよ。

                                     by 蜩
蜩の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。