映画 『この世界の片隅に』

168582_03.jpg

何年か前に原作を読んでいたので、映画化すると聞いて「これは観なくては!」と。

のんびりやさんで、絵が大好きで、好奇心いっぱいのすずさん。
のんびりやなのは自覚しているんだけど、周りからあれこれ言われるのはちょっと辛い。これが自分なんだから仕方がないと、諦めてはいる。

いきなりの縁談で結婚したすずさん。
住み慣れた広島から呉へ。
環境が変わっても、次の日から自分はこの家で生活しなくてはいけない。戸惑いを抱えたまま、失敗を繰り返してだんだんその家の者になって行く。
そんなすずさんののんびりした日常に、戦争という影が襲いかかろうとしている。

テーマが重いはずなのに、上映中に何度も笑いが起きたのは、すずさんの天然ボケのおかげ。
そうなんだな。
戦争が迫ってきているといっても、普通の家庭では普通に日常を過ごしているだけなんだ。
ただ、物が無くなってきたり、制限がされたりと不自由にはなってきているけど、それならそれなりの生活をするしかないと考えを切り替えていくしかない。すずさんのいろいろ工夫して家事をする姿は、とても楽しそうに見える。

そして、運命の日。
それまでの画面では「○○年○○月」「○○月○○日」と書かれていたものが、「7月28日その9日後」となった。
爆弾で片手を失ったすずさんが、嫁ぎ先に迷惑がかかるからと実家(広島)に帰る決意をし荷物をまとめていたその時。
一瞬の光線に雷と勘違いする家族。その数分後、地震のような揺れと突然の激しい風。
外に出ると、巨大なキノコ雲が空を覆う。
「なんじゃったんだろ?」
経験したことのない情景に、それが原子爆弾だとわかるはずもない人たちは、ただ茫然とするだけだった。

終戦の時、理不尽さに怒るすずさんの姿が、あの時代の一般国民を反映しているかのように思えた。

死が目の前にある恐怖。
そんな日常の中にも、夫婦や家族、周りの人たちとの温かい繋がりがあるから、人は生きていけるんだな。


今回初めて“クラウドファンディング”というものを知りました。
エンディングのテロップで、たくさんの方の名前が流れているのを見て「これはなんぞや?」と思ったので黒猫に聞いてみると、
「賛同できる人を集めて出資してもらい企画を立ち上げること。写真家さんもよく使っているよ~」と。
で、調べてみると…
クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。
てな感じ。
皆で作った感があって、いいなぁ~と思いました。


                                   by 蜩
スポンサーサイト

コメント

No title

アニメ映画、これも観たいですねぇ~。

今年後半はアニメ映画の当たり年なのか、[君の名は。]とか、[聲の形]とか、結構ありますねぇ~。

ちなみに、[君の名は。]は観ました。

私、アニメを観過ぎなんでしょうねぇ~。
ブログでも書きましたが、ついついこのパターンかい、っと思っちゃいました(アニメではよくある物語)。

新海誠監督作品としては[星を追う子ども]にショックを受け(私にしてみれば画も物語も悪かった)、その後の[言の葉の庭]で、やはり戻してきたか、で、[君の名は。]で、おぉ~(良かったけどもう一歩)だったんですよ。


って、タイトルの[この世界の片隅に]に離れちゃいましたね、スイマセン、m(__)m。

2016/12/04 (Sun) 20:35 | 中森 ユウジ #3hdV29OM | URL | 編集
数日前のラインニュース?

おぉぉ この映画 数日前に 何かのニュースで流れてて・・・。
「見たみたい!」って思った映画でした。

子どもの頃は 戦争関係の資料を見るのが 怖くて仕方がなかったです。
でも 今は 怖いなんて言っていてはいけないんですよね。
ちゃんと向き合わないといけないと思っています。

最近の日本の不穏な動き・・・。
戦争に巻き込まれる事のない日本であってほしいです。

2016/12/05 (Mon) 13:46 | アンパンウーマン(MGかーさん) #mbwhQQ6o | URL | 編集
【中森ユウジ様へ】

コメントありがとうございます

> 今年後半はアニメ映画の当たり年なのか、[君の名は。]とか、[聲の形]とか、結構ありますねぇ~。
確かに。
ジブリがちょっと寂しい状態なので、原作が良いいろんな作品が増えましたね。
『君の名は。』は観てないんです。(^_^;)
あのように話題になればなるほど、熱が冷めるタイプなもんで… あまのじゃくですね。(笑)

娘に新海作品の感想を聞くと、どうも好きではないようでした。
背景はキレイなのに、人物がイマイチだとか。
(DVDで何作か鑑賞済み)

『この世界の片隅に』良い映画ですので是非見てほしいです。

2016/12/07 (Wed) 13:15 | #- | URL | 編集
【アンパンウーマン様へ】

コメントありがとうございます

> おぉぉ この映画 数日前に 何かのニュースで流れてて・・・。
> 「見たみたい!」って思った映画でした。
そうそう、テレビでも話題になってました。
観た者としては嬉しかったです!ヽ(^o^)丿

> 子どもの頃は 戦争関係の資料を見るのが 怖くて仕方がなかったです。
同じです。特に広島の原爆関係のものは苦手でした。いまだに『はだしのゲン』は最後まで読めてません。

> でも 今は 怖いなんて言っていてはいけないんですよね。
> ちゃんと向き合わないといけないと思っています。
そこで、その時、実際に経験された方に失礼だなと思いました。

> 最近の日本の不穏な動き・・・。
> 戦争に巻き込まれる事のない日本であってほしいです。
こちらがその気がなくても、向こうから攻められた時が怖いです。

2016/12/07 (Wed) 13:24 | #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

蜩の最近読んだ本