『九十歳。何がめでたい』 佐藤愛子

         九十歳。何がめでたい

『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。
自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、人生をたくましく生きるための箴言も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。
 ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(小学館HPより)


この正月に実家に行き、父に「今年で90歳やね。めでたいなぁ~」と言うと、「あちこち具合が悪いし、何もめでたい事なんかないわ!」と一喝されました。
「めでたい」というものは客観的なもので、当の本人はそんなこと気にしていないということか。

佐藤愛子さんのエッセイ。
2年前に小説『晩鐘』を書き終えた時、もう作家はやめるとおっしゃったてたのに、長年物書き業をしている性なのか、ゆっくりのんびりが辛く(?)なられたようだ。
その「のんびり」のおかげで、うつ病になりかけているんじゃないか、という思いが頭の隅っこにパッパパと明滅したのでした。
そんなことで、この仕事を引き受けられたようだ。

内容はというと、もう、気持ちいいくらい斬りまくる!
共感することがいっぱいで、ご本人にお会いして硬く握手をしたいほど。
「子どもの声が騒音になる」「心配しない親」「便利すぎる世の中」等々、おかしいと思っているのは私だけじゃなかったことに、ホッとする。
「平和は有難いが、何も不足のない生活からは強さ、自立心が生まれない。生まれるのは依存心だけ。」
なるほどね… 

他にも、新聞の人生相談についても書かれてあって、大笑い。
私も好きでよく読んでいるのだけど、「こんな相談アリ?」と思うものがある。
そのような相談に回答される識者の方々には頭が下がる。

ただ怒ってばかりでなく、本当に心配しているからこその思いやりが溢れている。
物質的な豊かさに慣れれば慣れるほど、心の豊かさが衰退しているように思う。

笑って、怒って、泣いて、また笑って。
1年の始まりに相応しい本だったなぁ~と思う。


                                 by 蜩
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/28 (Sat) 15:15 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

蜩の最近読んだ本