最近の読書 6月・7月編

6月はほとんど紹介してしまったので、あえて、7月分と一緒に紹介します。


私の家では何も起こらない (幽BOOKS)私の家では何も起こらない (幽BOOKS)
(2010/01/06)
恩田 陸

商品詳細を見る

小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。この家は、時がゆっくり流れている。幽霊屋敷と噂されるその家にすむ女流作家は居心地のよいこの家を愛している。血の海となった台所、床下の収納庫のマリネにされた子どもたち・・・・・・いったいこの家にはどんな記憶が潜んでいるのだろう。幽霊屋敷に魅了された人々の美しくて優雅なゴーストストーリー。恩田陸が描く幽霊屋敷の物語。ラストには驚愕の書き下ろし短編が!
いやぁ~、怖かったです。
恩田陸さんの作品は初めてだったんですが、怖いの何のって…((+_+))
映画「アザーズ」を観ているような世界でした。


高校生レストラン、行列の理由。高校生レストラン、行列の理由。
(2010/11/30)
村林新吾

商品詳細を見る

この春、日本テレビ系列で放送されていたドラマのモデルになった本です。
高校生が全てを仕切るレストラン“まごの店”の奮闘記。
この本の著者でもあり、高校生レストランの顧問の村林新吾さんのプロフィールを紹介します。
三重県立相可高等学校食物調理科教諭、専門調理師、調理クラブ顧問。
1960年松阪市の日本料理店に生まれる。83年大阪経済法科大学経済学部卒業後、大阪あべの辻調理師専門学校に入学。その後、同校で10年間教鞭をとり、『料理天国』などの料理番組の助手も務める。94年三重県立相可高等学校に「食物調理科」が創設されると同時に、高校教師に転身。95年即戦力となる料理人を育てる″を目標に調理クラブを発足させる。以降、持ち前の専門的技術と調理教育にかける情熱から、生徒は数々の 全国料理コンクールにて入賞・優秀な成績をおさめ、2010年受賞回数は250を越えた。 「食育」や「地産地消」をテーマにした料理教室では、生徒と一緒に、講師としても活躍中。


ドラマとは設定が違っていますが、熱血先生であったことは間違いないようです。
生徒には常に厳しいが、褒める時はとことん褒める。
曲がったことが嫌いで、先生方の中では一時浮いていたときもあったそうです。
「がんばればがんばるほど批判される」
それでも、考えは曲げないで通していくと、だんだん他の先生方もわかって下さったとのこと。
よかったよかった。(*^_^*)


ぼくらはみんな生きている―18歳ですべての記憶を失くした青年の手記ぼくらはみんな生きている―18歳ですべての記憶を失くした青年の手記
(2001/05)
坪倉 優介

商品詳細を見る

突然の交通事故。病院のベットで目覚めたら、食べることも、寝ることも、トイレに行くことさえも忘れていた…・・。18歳で人生をゼロから始めることになった青年が書いた感動の手記。
何年か前の読書感想文コンクールの課題図書だったような気がする。
記憶喪失にもいろんなパターンがあるようなんですが、彼の場合はかなり深刻なものだった。
モノの意味が全てわからない。言葉、服を着ること、食べること、自分の名前、家族友達みんなのこと…
まるで大きな赤ちゃんのようだ。
だけど家族はあえて、大学に復学させた。これは凄い挑戦だったと思う。
大学が芸術大学だったことも幸いしてたようだ。
絵を描くのが好きで、染色に興味を持ちだした彼は独特の世界観を広げていく。


うつにもいろいろあるんです。 (オレンジページムック)うつにもいろいろあるんです。 (オレンジページムック)
(2011/02/24)
細川 貂々

商品詳細を見る

一口に心の病気といっても、うつ病ばかりではありません。それぞれの病気で、症状も治療法も変わってきます。この本では、うつ病、産後うつ病、新型うつ病、パニック障害、適応障害など、12の心の病気体験のマンガを『ツレがうつになりまして』の細川貂々さんに描いていただき、治療法や病院選び、周りの人にできることなど、役立つ情報もたくさん盛り込みました。「なんだかいつもの自分じゃないなあ」と感じたとき、身近な人が元気ないなあと心配なときに、手にとっていただきたい1冊です。
『ツレがうつになりまして』でおなじみの細川貂々さんの書かれた本です。
いろんな“うつ病”を取り上げ、その病状、治療法、周りの対処の仕方などとっても詳しく書かれています。
症状も実際に患者さんのことをマンガで書かれているのでわかりやすいです。


杉下右京の事件簿杉下右京の事件簿
(2010/11/05)
碇 卯人

商品詳細を見る

 テレビ朝日の大人気ドラマ『相棒』のオリジナル小説。警視庁特命係の杉下右京が事件に挑む。舞台は、スコットランドと奄美大島。偶然訪れたスコッチ蒸留所で遭遇する密室殺人。目撃された「巨人」とは? 奄美沖で座礁した船で捕らえられた麻薬密輸犯が逃亡。しだいに浮かび上がる本当の狙い、そしてアクション。「静」と「動」の2編で、右京の推理が冴えわたる。ドラマでも映画でも見たことのない杉下右京がここに!
『相棒』のファンなら是非読んでいただきたい!
あの、右京さんが単独で捜査した事件が二つもあります。
これは是非、映像化していただきたいのですが、かなり難しいかもしれません。
CGをふんだんに使って、走る右京さんを見てみたい。


最新調査 日本の“珍々”踏切最新調査 日本の“珍々”踏切
(2010/11/09)
伊藤 博康

商品詳細を見る

話題の『日本の“珍々”踏切』から5年――。
さらに進化したフミキリストが探し出した踏切は、全国で100箇所以上。北から南まで実際に歩き回って見つけた選りすぐり。今日も淡々と仕事を続ける踏切たちの素顔をお楽しみください。
お仕置きされる踏切/工場萌え踏切/社員証を見せて渡る踏切/箱根駅伝と踏切/誰も止まらない踏切/電車が来ても渡れる踏切/「全開」と「半開」がある踏切/高架下の踏切/チャンスをつかんだ踏切/涼宮ハルヒの憂鬱踏切/新幹線の踏切/地下鉄銀座線の踏切/最北端・最南端・最東端・最西端の踏切……
この本は、見て、笑って、感心して、それだけでいいです。
日本各地にある、変わった踏切のオンパレード。
もし、近くに面白い踏切があったら投書するのもアリです。


今回はバラエティーに富んだ作品が多いですね。
本・雑誌・新聞やテレビで紹介されて面白そうだったら、即調べて図書館に予約を入れるので、予約の数が大変なことになってます。(T_T)
そして、くるときはドッとくるし…
今も本棚には未読の本が、10冊あります。
がんばって読もう!


                          by 蜩
スポンサーサイト

コメント

No title

謎が謎を呼ぶ連作短編形式で、一気に読んでしまいました。凄惨な事件が軽い口調で語られるので、怖いのに穏やかな気持ちで読めた不思議な作品です。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2013/07/09 (Tue) 16:52 | 藍色 #- | URL | 編集
【藍色様へ】

コメントありがとうございますv-291
う~ん
怖かったですね。

いつもコメントとトラックバックありがとうございます。

2013/07/10 (Wed) 23:18 | #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

意外な方法を使うと短時間で適応障害を改善することが可能だとしたら薬も体に害のあるものは一切使用しないで適応障害改善が可能だったらあなたは鐔い海療?祿臆噂僂鮖遒靴討澆泙垢?

2011/08/19 (Fri) 07:05 | 適応障害改善改善プログラム

この家、あたししかいないのに、人がいっぱいいるような気がする・・・・・・ ようこそ、丘の上の幽霊屋敷へ。恩田陸が描く、美しく不穏なゴーストストーリー。 小さな丘の上に建

2013/07/09 (Tue) 16:46 | 粋な提案
蜩の最近読んだ本